赤ちゃんようこそ.com > 妊娠線予防クリームの正しい選び方と塗り方を知る!

妊娠線予防クリームの正しい選び方と塗り方を知る!

妊娠線予防クリームはどれも同じだと思っている方は要注意です!クリーム選びで重要なことは、どんな成分が配合されているか?をチェックした上で選択してください。

クリームの中には皮膚の奥まで十分に浸透しないものも出回っています。このサイトで、ぜひ正しい知識を身に付けてください。

妊娠線予防クリームの正しい選び方とは

保湿効果と引き締め効果は十分か?

妊娠線予防するには乾燥が大敵ですので、保湿効果に優れているクリームであることが非常に重要です。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が豊富に含まていることは言うまでもありません。

しかし、妊娠線の原因となる真皮まで届かないクリームが大半ですので、 葉酸などの皮膚の奥まで届き、引き締め効果も期待できる成分が含まれているかも重要です。

また、近年ではシラノール誘導体が含まれているクリームの登場によって、皮膚の乾燥やお腹の張りによる急激な伸びによる肉割れを 予防したり、深いシワを改善する効果も期待されています。

ココに注目!

おすすめの配合成分:ヒアルロン酸、コラーゲン、葉酸、シラノール誘導体

妊娠線予防クリームの正しい塗り方とは

間違った自己流は妊娠線の原因です。

妊娠線予防ケアは、産婦人科でほとんど指導されることはありません。実際、多くの妊婦さんが間違った自己流の予防ケアを行ってしまったため、妊娠線が出来てしまった方が後を絶ちません。

保湿効果と引き締め効果が十分な予防クリームであっても、1日塗るのをサボっただけで、妊娠線が出来てしまうことも十分あります。

妊娠線のケアには、保湿と引き締めが非常に重要ですので、毎日たっぷりと塗り込んでください。妊娠線予防クリームを使用する期間はたったの数ヶ月だけです。ケチらずにたっぷり使うようにしましょう。

「産後のブヨブヨ、誰にも見せられない無残なお腹を作らな い。」ためにもお腹が大きくなって、見えづらくなる下腹部にも、しっかりと塗り込んでください。

ココに注目!

おすすめケア:ケチらずたっぷり塗る。

引用元:ベルタマザークリーム

妊娠線予防には何が良い?クリーム?ローション?どっち?

普通の保湿用クリームやローションはNGです。

正直、市販の保湿用クリームやローションでも塗らないよりはマシですが、肌の表面を潤すだけの保湿クリーム、オイル、ローション では力不足です。

理由は、①妊娠線の原因となる真皮まで届かない。②皮膚の急激な伸びにも付いていくことができない。

ため皮下組織が壊れてしまい妊娠線の原因となるからです。 やはり妊娠線に効果があるのは妊娠線クリームが定番です。

中には オイルを推奨される方もいますが、オイルは保湿効果は高いのですが、水分が含まれていないため、皮膚への水分補給が難しく、水分補給と保湿の両方に優れた妊娠線クリームお勧めいたします。

妊娠線予防におすすめ!人気クリームランキング

誰にも見せられない無残なお腹を作らないためにも、クリーム選びは超重要です。予防に効果的な成分配合はもちろん、使い心地もしっかり考慮し、ランキングにしました。

通常価格:6,980円(税込) 
定期便は初回限定500円
定期便特別価格4,980円 ※通常より2,000円安くなる

ほんのりローズの香り付き。柔らかいテクスチャーで馴染むのも早い!

 

※スーパーヒアルロン酸はヒアルロン酸の2倍の成分

公式サイトはコチラ

通常価格:2,800円
定期便:3本セット8,100円※通常より10%お得になる

薄付きで伸びが良く、ベタつきもない。匂いがないからつわり中でも安心!

公式サイトはコチラ

通常価格:5,500円(税込)
定期便:初回購入価格が実質無料(送料500円のみ負担)※通常より10%お得になる

B-UPと同じく、初回が安くなる限定価格で販売中。2回目以降はちょっと高めなものの、品質は安心できる。

公式サイトはコチラ

通常価格:12,460円(税込)
※2本セット

繊細なお肌とおなかの赤ちゃんに為に余計な物は使用していないから安心。

公式サイトはコチラ

通常価格:5,800円(税込)
定期便は初回限定1,980円 定期便特別価格3,980円 ※通常より1,820円安くなる

完全無添加の自然派クリーム!日本人のママに向けて開発。

公式サイトはコチラ

本気で予防したい!
プレママにお勧め!妊娠線の予防効果に期待できるクリームはコレ!

後悔してからでは遅い!本気で妊娠線を予防したいプレママにお勧めのクリームはベルタマザークリームで決まりです!

ベルタマザー クリームは皮膚の奥まで浸透する成分シラノール誘導体はもちろんのこと、5種類のオーガニック原料、コエンザイムQ10、ヘスペリジンが配合されていますので、皮膚の表皮はもちろん真皮にまで届きます。

届けるだけではありません。妊娠線の予防には、整えることも重要です。肌を効果的に引き締める葉酸や3種類の美容成分、アミノ酸・ビタミン5種類も配合されています。また、妊婦は何かとデリケートですので、無添加にもこだわりたいところ。

2位のAFCストレッチマーククリーム、3位のママケアクリームも人気のケアアイテムですが…配合成分からベルタマザークリームを1位にしちゃいました。

ベルタマザークリームの超お得な購入方法としては、定期便です。初回500円で購入できて、2回目以降は4,980円と財布にも優しい料金設定です。

絶対作らない!妊娠線予防講座

プレママであれば誰もが避けたい妊娠線。妊娠線予防はいつから始めるのが適切なのでしょうか?

妊娠線のできるタイミングや時期は、個人差があるため、一概には言えませんが早い妊婦さんで妊娠初期(4ヶ月、16週)頃から出来てしまう人もいます。

妊娠線というと、妊娠後期にお腹が大きくなるのに伴い、お腹の中心から外側に向かって何本も入る縦の線を思い浮かべますね。

もちろん、お腹が妊娠線のできる代表箇所です。

「妊娠線できちゃった・・・家系かな(涙)」 「妊娠線用のクリーム塗ってたらできなかったよ!」 「私は皮膚が強いから妊娠線できなかったよ」

こんな先輩ママ達の会話、これから出産を控える妊婦ママは気になりますよね。

妊婦の敵、妊娠線。皮膚の奥の真皮や皮下組織が裂けてできる肉割れです。 バスト、二の腕、太もも、ヒップと油断をすると、いろいろなところにできてしまいます。

この妊娠線、一度できてしまうと、完全に元に戻すのは難しいのです。

妊娠線予防として肌に塗るのは、主にクリームとオイルの二つ。 どちらも保湿が目的で、妊婦さんのケア商品ランキングには必ず登場しています。

それぞれ成分や使用感に違いはありますが、ネットの口コミなどを見ると、「妊娠線予防にはクリームがおすすめ」などの記事が多いように感じます。

妊娠していることがわかると同時につわり症状に悩まされてきたという方も、つわり症状はなかったけど、なんだか、いつもより食欲が増して食べ過ぎてしまという方も、妊娠しているという実感がわいてきた頃に、じわじわと進行中の問題が現れているかもしれません。

妊娠線が出来る原因とメカニズム

妊娠線ってどうしてできるの?

妊娠線は、皮膚の表面に亀裂が入ったように現れる赤みを帯びた線のことです。妊娠すると子宮が大きくなるにつれて、お腹もどんどん大きくなっていきます。

急激に大きくなったお腹に、皮膚の伸びが追いつかず、真皮の組織が断裂してしまい、ひび割れのような線が出来てしまうのが妊娠線です。

また、妊娠線は一度できてしまうと、年数が経つと赤みが消え、白っぽく薄くはなってきますが、完全に消えることはないと言われています。

出産後子どもと海やプールに行った時に水着になれない、夏に露出度の高い服を着ると気になってしまうというママの声もあります。

出来ても出来なくてもお腹の赤ちゃんに全く影響はありませんが、しっかりケアをして、妊娠線予防しておきたいものです。

妊娠線のできる仕組み

妊娠線のできる仕組みは主に2つ。1つ目は急激に皮膚が伸びることです。皮膚の表面(表皮)の下にある真皮やコラーゲンなどの皮下組織は伸びることができません。

短期間で急激に皮膚が伸ばされることにより皮下組織が裂け、お腹や胸、おしりなどに赤い線として現れます。これが妊娠線の正体です。

2つ目にホルモンの影響。妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加します。このホルモンはコラーゲンの生成を抑制し、肌のターンオーバーを妨げます。

肌のターンオーバーが妨げられると肌は徐々に薄く、弾力を失っていくので、いつも以上に断裂しやすい状態になります。

妊娠線クリームvs市販ボディクリームとの違い

妊娠線予防クリームの特徴

妊娠線予防クリームは無香料、無着色、無添加、低刺激で、におい控えめ、広範囲でも塗りやすく、赤ちゃんと妊婦さんに優しい成分でできています。その主な効果は保湿と再生。

赤ちゃんの成長に合わせて、ボールを入れたように大きくなる妊婦ママのおなか。成長が急過ぎておなかの肉がついていけません。冬の手指のパックリ割れのように、裂けたような亀裂が入ります。

それを予防するために、皮膚を十分潤してくれる成分がたっぷりと入っています。

市販ボディクリームの特徴

市販のボディクリームは、基本的に誰でも使えますが、妊婦ママのためにはつくられていないクリームです。

  • においづわりのママには耐えられないニオイ
  • 肌質が変わるせいかヒリヒリして発赤する
  • さらさらタイプは伸びるけどすぐに乾いて塗りづらい
  • しっかり保湿タイプはベタベタして伸びず何度も継ぎ足さないといけない
  • おなかの赤ちゃんに影響があるかどうかわからない

私達女性の体は、刺激や変化に敏感です。体調一つで急にニオイが気になったり、化粧品が合わなくなったり。

ちょっとの変化でにおいの感じ方や肌の調子まですぐに変わってしまいます。妊娠中はもっともっとデリケート。誰でも使えるクリームは高刺激で使えないことが多いのです。

それに、ママと繋がっているおなかの赤ちゃんに何か悪い影響はないかどうか、保証されていない点も心配です。

妊娠線の予防には水分補給と保湿に優れた専用クリームがおすすめ。 予防のカギは正しいクリームの選び方にあります。

産後のガサガサ やブヨブヨを防ぐためにも、保湿効果と引き締めに効果的なクリー ムを選びたいものです。