赤ちゃんようこそ.com > 産後 > 新生児黄疸の原因と治療

新生児黄疸の原因と治療

産まれたばかりの赤ちゃんは、赤ちゃんという文字どおり皮膚が赤みをおびています。

ところが、産まれてから2~3日たつと、皮膚や目の白目がだんだん黄色くなってきます。

これを新生児黄疸といいます。

新生児黄疸は多かれ、少なかれ、どの赤ちゃんにも生じる生理的な症状です。

しかし、黄疸の程度が強い場合は治療が必要な場合もあります。

よくあることではありませんが、生理的なものではなく、何らかの病気によって黄疸がでる場合もあります。

病院で産まれた赤ちゃんは、毎日黄疸がどのくらい進んでいるのかチェックします。

必要以上に心配することはない新生児黄疸ですが、入院中に医療者から「赤ちゃんの黄疸の数値が上がっています。」と言われると驚いてしまうのではないでしょうか?そこで新生児黄疸の原因と治療について説明します。

新生児黄疸とは

引用:mamari 図版参照

新生児黄疸とは、生後2日目ころから、血液中にビリルビンという物質が増えることで赤ちゃんの皮膚が黄色くなることをいいます。

尿や便が黄色なのは、このビリルビンという物質が排泄されるからです。産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ、このビリルビンを排泄する機構が未熟なので、黄疸がでます。

これを生理的な黄疸といいます。だいたい、生後5日目~7日目にピークを迎え、だんだん、落ち着いてきます。

新生児黄疸の原因ビリルビンとは?

引用:インターネットホスピタル 図版参照 (クリックすると拡大します。)

新生児は、なぜ、血液中のビリルビンという物質が増えるのでしょうか?

ビリルビンとは血液中の赤血球が壊れ、分解代謝されてできる物質です

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時は、胎盤を通して呼吸をしています。

胎盤を通した呼吸は、肺で呼吸するよりも酸素交換の効率が悪いのです。

そこで、酸素不足に陥らないために、酸素や二酸化炭素を運搬してくれる赤血球の数を増やして対応しています。

しかし、赤ちゃんは産まれてすぐに肺で呼吸をはじめます。

そこで赤血球が余ります。そして、余った赤血球は脾臓(ひぞう)で壊されます。その時にビリルビンがたくさんできてしまいます。

新生児がビリルビンをうまく分解できないはどうして?

たくさんできたビリルビンは肝臓で酵素によって水に溶けやすい形にされ排泄されます。

しかし、産まれたばかりの赤ちゃんは、ビリルビンを肝臓に取り込む機構が未熟ですし、肝臓でビリルビンを水に溶けやすい形にする機構も未熟です。

また、腸肝循環といって腸管からビリルビンが再吸収されて、また、血液中に戻っていってしまう機構が活発です。

これは、赤ちゃんはお母さんのお腹にいる時は便を出さないため、腸からビリルビンを血液中に再吸収することによって胎盤を介してお母さんに処理してもらっていたため、その機構が、まだ残っているためです。

血液中のビリルビンが増えると何が問題か?

引用:インターネットホスピタル 図版参照

さて、血液中のビリルビンが増えると、どのような問題が起きるのでしょうか?血液中のビリルビンはアルブミンという血液中のタンパク質と結合して全身を循環して肝臓に運ばれます。

しかし、ビリルビンが増えるとアルブミンと結合できず血中に存在するものが増えます。これが脳細胞に沈着することで様々な問題が起きます。

大人ですと、脳血液関門といって、血管から脳細胞へ有害なものがいかないような機構がしっかりしているのですが、新生児はこの機構が、未熟なのでビリルビンが脳血液関門を通過してしまい脳細胞に取り込まれてしまいます。

ビリルビンが脳細胞に沈着するとどうなるのでしょう?

ビリルビンが脳細胞に沈着すると、神経症状が現れます。急性ビリルビン脳症といいます。哺乳力が低下したり、活気がなくなったり、筋緊張が低下したりします。

さらに進むと熱が出たり、手足が硬直したりします。更にこの状態が続くと、核黄疸といって、脳の神経細胞が壊死して脳性麻痺となり、後遺症が残る場合もあります。

恐ろしいですね。でも、心配しすぎることはありません。こうならない為に、毎日、黄疸のチェックをして、早めに治療を開始します。

生理的な黄疸以外の黄疸~早期黄疸~

赤ちゃんの排泄機構が未熟なために起こる生理的な黄疸は、目で見てわかるような黄疸が生後24時間以内におこることはありません。

生後24時間以内に黄疸が起こる場合を早期黄疸といいます。早期黄疸は、黄疸を引き起こすような原因疾患があると考えて検査する必要があります。

病的黄疸を引き起こす原因疾患

①溶血性疾患:赤ちゃんとお母さんの血液型が違う場合に、血中の赤血球が壊されて起こることがあります。

②頭血腫、帽状腱膜下血腫:お産の時に頭部に力が加わり頭皮内に出血するものです。多量の血液が破壊され吸収されることで、黄疸が増強する場合があります。

③肝臓・胆のうの疾患:先天性の胆道閉鎖症など肝臓でビリルビンを処理できないことで、黄疸が増強します。

④消化管の異常:消化管が閉塞していて便をだすことができない、腸がうまく動かず便が貯留するなど、ビリルビンを排泄できないことにより黄疸が増強します。

【参考URL】

母乳性黄疸~遷延性黄疸

引用:長崎大学大学院腫瘍外科 図版参照

また、遷延性の黄疸といって、生後2週間以上黄疸がみられる場合があります。黄疸を起こすような原因疾患がなければ、1~2か月程度で低下していきます。

これは母乳性黄疸といって、機序が全部解明されたわけではありませんが、母乳に含まれる女性ホルモンが原因ではないかと言われています。

母乳によって黄疸が長引く場合は特に問題ありませんが、母乳性黄疸と決めつけてしまわず、胆道閉鎖症などの他の原因疾患がないか確認する必要があります。

胆道閉鎖症は早期に治療をはじめることが大事なので、便がクリーム色など白っぽい場合は小児科で診てもらいましょう。

黄疸のチェック方法

引用:mamari 図版参照

では、黄疸はどのようにチェックするのでしょうか。

血液検査をするのが確実ですが、何度も採血をするのは、赤ちゃんがかわいそうですし、とても手間もかかります。

そこで、まずは見た目にどのくらい皮膚が黄色いのかを確認します。

ただ、見た目だと正確ではありませんので、ミノルタなどの黄疸計で皮膚がどのくらい黄色くなっているのかを測ります。

これは赤ちゃんのおでこや胸に黄疸計をあてるだけで、痛みを伴うものではありません。一日に2~3回はかります。

この検査で肌の黄色さがアップしている赤ちゃんだけ採血により、血液中のビリルビンの量をはかります。新生児の採血はヒールカットといって、かかとに少し傷をつけて採血します。

治療が必要な場合

ビリルビンの値が基準より上昇した場合は治療します。

この、基準は施設ごとに決めており、赤ちゃんの体重と生後何日目かによって変わります。

治療は光線治療と交換輸血・ガンマグロブリンの点滴がありますが、交換輸血はよほど重症な場合です。

たいていは光線治療といって、赤ちゃんの皮膚に青または緑の光をあてるだけです。

病院によって産科ではなく小児科で治療することもあります。

治療の機械は、ビリベットやビリソフトといって赤ちゃんのベッドに設置してお母さんと同室しながら治療できるものもあります。

新生児室で上下光線といって、日焼けサロンのようなベッドで治療する場合もあります。できるだけ多くの面積の皮膚が光に当たるように裸にしますが、光は目や睾丸に直接あたるとよくないので、アイマスクとおむつをしっかりつけます。

なぜ、光をあてるだけで黄疸の治療になるのか?

normalなぜ、光にあてるだけで、黄疸の治療になるのでしょうか?

これは光化学反応といって、ビリルビンに光エネルギーを加えることによって、ビリルビンが水に溶けやすい形と変換され、排泄されやすくなるからです。

また、皮膚に光をあてることによって、皮膚の血行がよくなることも排泄を促します。

ただ、せっかく排泄されやすい形になっても、排泄そのものがうまくいっていないと効果が落ちてしまいますので、排泄しやすい環境を整えることも必要です。

光線治療中は時間授乳する場合もあります

光線治療中は光にあたっていますので、赤ちゃんは汗をいっぱいかきます。そこで、通常より少し多めに授乳します。

また、母乳の基本は、ほしがる時にほしがるだけ赤ちゃんに吸わせることですが、光線治療中は治療効果をあげるために、3時間ごとの時間授乳をする病院もあります。

その場合は授乳量がわかるように、授乳の前後で赤ちゃんの体重を測り、どのくらい母乳を飲めているかを測定したり、足りない分はミルクや搾乳を追加したりします。

ビリルビンを排泄するために

新生児は程度の差はあれ、黄疸になるということを説明しましたが、黄疸の原因であるビリルビンを、どんどん、排泄するためにはどうしたらよいのでしょう。

黄疸となるような原因の病気がなく、黄疸がどんどんすすんでいく原因の一つに、赤ちゃんが十分にエネルギーを摂取できていないことが考えられます。

ほとんどのビリルビンは便として排泄されます。便からビリルビンの排泄を促すためには十分なカロリー摂取が必要なので、効果的に授乳する必要があります。

効果的な授乳とは

では、効果的な授乳とはどんな授乳でしょうか。

母乳の出かたには個人差があります。

母乳は、出産後のホルモンの変化によって出てきます。

出産後、すぐに母乳が流れ出ることはありません。

赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれれば、吸ってくれるほど母乳は出てくるようになります。

赤ちゃんに早期から十分に授乳するために、可能であれば生後2時間以内におっぱいを赤ちゃんに吸ってもらい、生後24時間に10~12回授乳しましょう。

しかし、お産後は赤ちゃんもお母さんも疲れていますので、そう簡単にはいかないものです。母乳は吸われているうちにでてきますので、あせらず、足りない場合はミルクなどを併用すると良いでしょう。

便からビリルビンが再吸収されてしまう?

また、腸内に便がたまっている、いわゆる便秘の状態ですと、腸からビリルビンが再吸収されてしまいますので、24時間以上便がでていない場合は、綿棒などで肛門を刺激して便をだしやすると良いでしょう。

赤ちゃんの黄疸の上昇を予防するためにできること

さて、話が難しくなってしまいましたが、赤ちゃんの黄疸の数値が上がっていますと言われても、むやみに心配しすぎることはありません。

原因になるような疾患がないか検査してもらい、無ければ、効果的な授乳を行い、赤ちゃんの排泄を促すことが一番です。

心配しすぎると母乳の分泌にも影響します。

そして、赤ちゃんの黄疸の上昇を予防するためには、お母さんの体調を整え、母乳の分泌をよくしておくことが必要です。

母乳の分泌を促すために水分を摂ろう

母乳は血液からできていますので、母乳の分泌を促すためには血行をよくしておくことが大事です。

そのためには、水分をたくさん摂ると良いでしょう。

産後は妊娠中に蓄えたものを排泄するためにも水分を摂ることが必要です。

一日1.5~2ℓ程度を目安に水分を摂取するよう心がけましょう。

しかし、水分を摂ったほうが良いからといって、冷たいものを飲んで、身体を冷やしては血行を悪くしてしまいます。

そこで、おすすめなのが、たんぽぽコーヒーです。

たんぽぽコーヒーには母乳の分泌をよくする効果がある

たんぽぽコーヒーはコーヒーのような味がしますが、たんぽぽの根から作っているため、カフェインがふくまれていません。

たんぽぽコーヒーには、血行をよくする作用があり、更に、タラキサシンといって催乳効果のある物質が含まれています。

ポットに多めに作っておき、授乳の前後にちょこちょこ飲むことで体も温まりますし、母乳の分泌も良くなることが期待できます。

お産後のお母さんは疲れていますし、ホルモンのバランスが変化することで、気分が落ち込みやすくなります。

そんな時に「赤ちゃんが黄疸です。」と言われたらびっくりして悲しくなってしまうかもしれません。

しかし、新生児黄疸はどの赤ちゃんにも起こる生理的なことです。

光をあてる治療が必要な場合もありますが、1日~2日間です。

心配しすぎず、まずはお母さんの体調を整えてください。

母乳の分泌が良いことに越したことはありませんが、無理せず、必要な時は、ミルクを使いながら、効果的に授乳をし、赤ちゃんの排泄をうながしてあげましょう。

【参考URL】

関連記事

  1. 同時接種は本当に安全なの?
  2. 時間がなくても大丈夫!産後美容法のポイントとコツについて~スキンケア編~
  3. 妊娠・出産したら身体はどう変わる?~妊娠中の身体の変化と産後の体重・体型戻しについて~
  4. 任意の予防接種は受けさせるべき?
  5. 予防接種のスケジュール、どうやって組めばいい?
  6. 熱が出ている時に注意すべき他の症状は?
  7. 赤ちゃんの熱、何度から病院へ連れていくべき?
  8. 産後6ヶ月が勝負!~産後ダイエットの正しいやり方と成功のコツについて~
  9. 高熱が出る病気にはどんなものがある?
  10. 赤ちゃんの急な発熱、どうしたらいい?