赤ちゃんようこそ.com > 産後 > 赤ちゃんはどんな時に熱を出すの?

赤ちゃんはどんな時に熱を出すの?

ママの手のひらから肘の間にすっぽりと収まってしまう小さな赤ちゃん。

そんな赤ちゃんは体温が高めで、新生児・乳児のうちは一日の体温変化が一定でなく、自身の行動にも大きく左右されます。

引用:親愛産婦人科 図版参照

まだ体温調節ができない赤ちゃんのことを知り、いざ発熱という時に備えておきましょう。

余談ですが、私が我が子を初めて抱いたカンガルーケアのとき、第一印象は「かわいい」ではなく「生温(ぬる)い」でした(笑)。

そもそも赤ちゃんの平熱は何度くらい?

大人でも体温は測る部位や時間帯(一日の間)によって1~2度ほどの差が出ます。また、気候・季節・時間帯・周囲の温度・衣服などの環境にも左右されます。

引用:ピジョン 図版参照

個人差はありますが、赤ちゃんの平熱はだいたい37.0度前後。

体温だけで健康状態を把握することはできませんが、赤ちゃんに異常がないかを知る手掛かりになります。

一日の間で変化する体温を、毎日数回、同じ部位で、同じ時間帯(起床後、食前など)に、計測&記録しておくことがとても大切になります。

物言えず、「痛い」「痒い」などの不快症状を自覚できない赤ちゃんの健康状態を把握するために、産院を退院したその日から「検温&記録」を始めたいですね。

熱を出しているときの赤ちゃんの様子

私たちが発熱に気付くのはどんなときでしょうか?

体がだるい、頭がぼーっとするなど、いつもと違う異変を感じるとき、周りから顔色について指摘されたとき…。

妊活中、闘病中でもなければなかなか検温する機会のない私達ですが、異変に気付く能力はあります。

ですが、赤ちゃんはその能力が未熟です。

必要最低限の感覚(母乳やミルクの味や熱さ、ママの匂いなどを感じる)機能は備わっていますが、「体がだるい、つらい」などの感覚を感じて伝えることはまだできません。ママや保育者のお世話に依存しています。

いち早く赤ちゃんの発熱を知るために、是非以下の例を参考にしてみてください。(顔色については人種様々ですが、私が黄色人種なのでその一例としてお読みください)

発熱している赤ちゃんの様子の例
  • 顔が赤い、真っ赤
  • ぐったりしている
    ※顔色が悪くぐったりしている場合は救急の処置が必要です。すぐに検温して医療機関に連絡してください!
  • 唇が乾いていて赤い
  • 手首、足首が温かい、あきらかに熱い
    ※ひんやりしている時は室温が低いか、熱の上がり始めが考えられます
  • 機嫌が悪い、泣き方が激しい
  • 母乳やミルクの飲みが悪い
  • いつも以上に汗でぐっしょりしている
  • 呼吸が浅い、苦しそう

一家の主婦であるママは本当に忙しく息の付く暇もありません。ましてや命の危険と隣り合わせの赤ちゃんのお世話となれば、常に緊張している状態かと思います。

そんな状況でもいざという時慌てず冷静に対処できるよう、赤ちゃんの様子を観察してみましょう。

【参考URL】

どんな時に熱を出すのか?

病気の場合

赤ちゃんは母体からもらった抗体(生後半年程で消失します)のみで体を守っており、ウイルスや細菌に対する免疫が少ない状態です。

そんな赤ちゃんがかかりやすく高熱を出す病気には、突発性発疹、尿路感染症、容連菌感染症、髄膜炎、インフルエンザ、ヘルパンギーナ、プール熱、川崎病、風邪を引き起こすその他ウイルス、予防接種によるワクチン接種などがあります。

高熱を出す病気の種類は豊富で、体内に侵入してきたウイルスや細菌を排除するために熱を出している場合は、けいれんや脱水症状など二次症状も心配されます。

特に新生児は重症化しやすいため緊急の医療処置(薬服用を含む)が必要になってきます。

どんな時に熱を出すのか?

生理現象による場合

大人と比べると、様々な機能が未熟な子供は本当によく熱を出します。

特に新生児や乳児は細胞分裂とその後の細胞成長が盛んなため、成長のため常に熱を発しています。

ここで少し「」について考えてみましょう。

理科で学ぶ「エネルギー」の話になります。

熱は、何か別のエネルギー源から熱エネルギーを作り出すことで発生します。

赤ちゃんに限らず、動物は食事をし、酸素を吸い、それらの栄養を分解・吸収することで細胞分裂を行うという化学変化を繰り返しています。

その過程で熱エネルギーが生まれます。急成長中の赤ちゃんは細胞分裂や成長が大人以上に盛んで、驚くほど速いのです。

赤ちゃんの傷の治りを注意深く見てください。朝ほっぺをひっかいたら夕方には治っているなど、目で見てその速さを実感できます。

そんな赤ちゃんの熱エネルギーを生む行動は「呼吸・泣く・飲む・出す」の4つです。

これらは「運動」となって熱エネルギーをたくさん生み出します。

「運動」が止めば、体温も元に戻っていく一時的な発熱のため、病気の可能性を疑う必要はありません。気になるときは熱の程度を観察してから判断しても遅くはありません。

お風呂の温度が熱い場合は大泣きして訴えるために全身が真っ赤になりますが、やけどの心配がなければ次第に皮膚の色も白く戻ります。

眠りについて

ヒトは体温を下げる(手先足先から放熱する)ことで眠りに入ります。ですから夜間(寝る前)に赤ちゃんが温かくなるのは問題ありません。

異常に熱く感じたり平熱よりも高い場合は、寝ているのではなく、熱でぐったりしているという可能性もあり、注意が必要です。

赤ちゃんは常に熱を出す生き物

私自身もともと平熱が高く、注射が大嫌いで知恵熱を出してインフルエンザなどの予防接種をパスするといった子供でした。

過去10シーズンの年齢階級別患者報告割合の推移(2006~2016年) 東京都健康安全研究センター  図版参照

大人になってからは仕事の激務により疲労と自律神経の乱れから冬は常に微熱、血圧の上がり下がりも激しく、カッとなれば隣の人が私の熱を感じるほどの気性の持ち主でした(汗)。

そのためか我が子が発熱してもそれほど気にすることもなく、また子供と関わる職業柄、「子供は熱を出すもの」という事実が当たり前になっていました。

今思えば、そうした熱に関する体験があったからこそ、いざ赤ちゃんの発熱に直面したときにも落ち着いて判断し行動できたのだと思います。

もちろん独断は危険ですし、予防接種の時の知恵熱は私の思い込みによる産物です(笑)。

大切な我が子に当てはめて考えてはいけないと、病院へ行けば小児用病気のパンフレットをごっそり持ち帰ったり、ネットの検索魔となったりして手当たり次第情報収集をしていました。

偏った知識は時として過ちにつながりますが、広く知れ渡っている事実は知識として持っているに越したことはありません。

赤ちゃんのお世話をするママの心強い味方になってくれるものと思っています。

【参考URL】

関連記事

  1. 同時接種は本当に安全なの?
  2. 時間がなくても大丈夫!産後美容法のポイントとコツについて~スキンケア編~
  3. 妊娠・出産したら身体はどう変わる?~妊娠中の身体の変化と産後の体重・体型戻しについて~
  4. 任意の予防接種は受けさせるべき?
  5. 予防接種のスケジュール、どうやって組めばいい?
  6. 熱が出ている時に注意すべき他の症状は?
  7. 赤ちゃんの熱、何度から病院へ連れていくべき?
  8. 産後6ヶ月が勝負!~産後ダイエットの正しいやり方と成功のコツについて~
  9. 高熱が出る病気にはどんなものがある?
  10. 赤ちゃんの急な発熱、どうしたらいい?