赤ちゃんようこそ.com > 産後 > 時間がなくても大丈夫!産後美容法のポイントとコツについて~スキンケア編~

時間がなくても大丈夫!産後美容法のポイントとコツについて~スキンケア編~

産後は育児に追われ、自分のことはすべて後回しになってしまいます。とても自分の美容に時間をかけることはできません。

また、肌質も変わることがあります。そんな時でも大丈夫!短い時間できちんとスキンケアができるコツやポイントを紹介します。

時間がなくても大丈夫!

出産後は、朝も夜も関係なく赤ちゃんのお世話に追われて、自分の時間はほぼありません。

お風呂にゆっくり浸かることもできず、自分にかける時間なんてありませんよね。

でも綺麗なママでいたい!という想いは誰にでもあるはず。

そこで、なかなか自分に時間が使うことができなくてもできる、スキンケアのコツやポイントを紹介します。

出産後、肌はどう変わる?

産後は肌質が変わり、これまで使っていたスキンケア化粧品が合わなくなってしまった、なんて声もよく聞きます。

具体的な変化としては

  • シミが増える、濃くなる
  • 乾燥しやすくなる
  • 肌荒れしやすくなる
  • 刺激に敏感になる
  • ハリがなくなる

などがあります。

その原因としては、出産後は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少してホルモンバランスが変化したり、肌のバリア機能が低下することが関わってきます。

また、なんでも赤ちゃん優先になるので、自分の食事が適当になりバランスよく栄養を摂れていなかったり、寝不足やストレスも肌の状態に影響してきます。

産後スキンケアのポイント

スキンケア化粧品を見直す

上記にあげたような理由で肌トラブルが起こることも多いので、まずスキンケア商品を刺激の少ないものに替えましょう。

さらに美白効果のあるものであれば、シミのケアもできるのでいいですね。

つけた時にピリピリしたりかゆくなったりと何かトラブルがあった時は、その商品は合っていないので、すぐに使用を中止してくださいね。

赤ちゃん用スキンケア用品に注目!

赤ちゃん用のスキンケア用品は、赤ちゃんの肌にでも使えるように無添加で低刺激になっていたり、無香料や香りが抑えられています。

ですから、同じく刺激に敏感になっている産後の肌には、赤ちゃん用スキンケア用品はぴったり!「ファムズベビー」などがありますね。アトピー肌でも使える、低刺激で、保湿力がとても高いです。

赤ちゃんをケアしている時に一緒に使えるので、新たに自分用の物を用意する必要もなく一石二鳥ですね。

食事内容を見直す

身体は食べるものから作られます。

体力をつけるにも、免疫力をあげるのにも、そして肌のためにも、バランスの良い食事が大切ですよ。

なかなか料理をする時間も取れないとはおもいますが、具材をたくさん入れたお味噌汁を作ったりと、工夫して様々な食材を摂るように心掛けましょう。

美肌に欠かせないビタミンBを多く含む、豚肉や卵類、緑黄色野菜、そしてコラーゲンを作り出すビタミンCも意識して摂れるといいですね。

そして、カフェインや糖分、脂質の摂りすぎは、ビタミンを体外に排出したり、皮脂の分泌を過剰にさせてしまうので、気をつけてくださいね。

部屋の湿度を高める

冬など乾燥する季節は、部屋の湿度も肌に大きく関わってきますよ。

赤ちゃんの肌も敏感ですから、赤ちゃんのためにも自分のためにも、室内は適度な湿度を保つようにしましょう。

【参考URL】

スキンケアの時短テクニック

ついでにリンパマッサージ

引用:Healthil 図版参照

浮腫みや肌荒れのケアにリンパマッサージはとても有効的です。

でもエステに行く時間なんてないですよね。

そんな時は、乳液やクリームをつける時に多めにとり、つけながらリンパマッサージも一緒に行ってしまいましょう。

短い時間であっても、毎回マッサージすることで、老廃物を流し肌荒れを防いだり浮腫み防止になります。血行も良くなります。

ながらでケア

スキンケアの基本は保湿です。

ゆっくりパックする時間はなくても、例えば洗い物をしていたり、授乳をしていたりする時間に、シートパックに化粧水をたっぷり含ませつけておくだけで、ばっちり保湿ケアができますよ。

シートパックがなければ、ティッシュでもOK!化粧水を含ませたティッシュを肌に貼り付けましょう。

完全に乾ききってしまう前に取るとこがポイント!その後乳液で蓋をしてしまえば、水分を吸収したぷるぷるの肌を保ちます。

オールインワン商品を使おう

オールインワン商品は、それ一つで、スキンケアがすべてできてしまう、時短ケアには欠かせないアイテムです。

化粧水や乳液、美容液など、ひとつひとつにこだわってケアしたい人でも、産後の時間が取れない時期だけでもオールインワン商品を使用すれば、短い時間できちんとケアすることができますよ。

それぞれのケアが適当になってしまって肌の状態が悪くなるより、一つのケアで全部をカバーしてくれるオールインワン商品を使用して、肌の状態を保ちましょう。

メディプラスゲル」などが有名です。防腐剤フリーで肌にも優しいですよ。

寝る時間を使う

最近寝ている時間に保湿ケアをしてくれる美容液などの商品がたくさんあります。

そういった商品を使うことで、寝ている間に自分は何もしなくても肌の状態を良くしてくれるアイテム、注目です。

産後スキンケアのポイント

産後スキンケアのポイントは、「保湿」と「紫外線」のケアです。保湿がしっかりできていないと、乾燥やシミ・シワ、肌荒れなど様々な肌トラブルの原因になります。

そして、シミなどができやすい状態になっているので、紫外線対策も重要ですよ。保湿は、上記の時短テクニックなどを上手く使い、しっかり行いましょう。

紫外線対策としては、美白成分が入っているスキンケア用品を使用したり、お化粧をする時間がなくても、日焼け止めやBBクリームだけは塗るようにしましょう。

それだけでもだいぶ違ってきますよ。

また、日焼け止め商品も、赤ちゃん用の物を一緒に使えば、刺激も少なく新たに自分の物を買わなくて済みます。

私の場合は・・・

私も出産後、特に子どもが赤ちゃんの時期は、自分の時間は全く取れませんでした。

お風呂にもゆっくり浸かれないし、お風呂からあがってもまずは赤ちゃんのケアが先なので、すぐ化粧水をつけて保湿する、なんてこともできません。

もちろん毎日が寝不足。それでは肌も荒れてきますよね。

そこで、産後一年くらいは、スキンケア用品をオールインワン商品に替えました。

そして、オールインワンを塗りながら、軽くマッサージもしていましたよ。また、お化粧はほとんどしていませんでしたが、外出時は日焼け止めやBBクリームを塗っていました。

ティッシュパックもしていましたよ。するとしないでは肌のかさつき具合が全然違うので、保湿の大切さを身をもって感じました。

綺麗なママでいるために

自分のことより赤ちゃんが優先になるのは、ママとしては当たり前のことです。

赤ちゃんを一番に考えた上で、上手く時間や方法を使って、自分のケアもできるといいですね。

スキンケアをしていると、リラックス効果も得られますよね。

出産直後は、まずは身体をしっかりと休めることが重要です。

ですから、自分のケアに力を入れるのは、産後一ヶ月経った頃からスタートしても遅くはありませんよ。体調を見ながら行いましょう。

育児にも慣れてきたら、ストレッチなど軽い運動から始めて、赤ちゃんとお散歩がてらウォーキングをしたりと適度な運動を取り入れると、新陳代謝も上がり、ストレス発散にもなります。

新陳代謝が上がったり、ストレスが軽減すると、肌も綺麗になりますよ。決して無理をすることはなく、自分のペースで進めていきましょう。

ママになっても、いつまでも綺麗でいられる女性を一緒に目指しましょうね。
【参考URL】

関連記事

  1. 同時接種は本当に安全なの?
  2. 妊娠・出産したら身体はどう変わる?~妊娠中の身体の変化と産後の体重・体型戻しについて~
  3. 任意の予防接種は受けさせるべき?
  4. 予防接種のスケジュール、どうやって組めばいい?
  5. 熱が出ている時に注意すべき他の症状は?
  6. 赤ちゃんの熱、何度から病院へ連れていくべき?
  7. 産後6ヶ月が勝負!~産後ダイエットの正しいやり方と成功のコツについて~
  8. 高熱が出る病気にはどんなものがある?
  9. 赤ちゃんの急な発熱、どうしたらいい?
  10. 新生児との生活はどんなもの?~退院後の赤ちゃんとの生活について~