赤ちゃんようこそ.com > 産後 > 魔の二歳児~どうやって乗り越える?~

魔の二歳児~どうやって乗り越える?~

魔の二歳児」という言葉をきいたことがありますか?

二歳前後になると、「魔の二歳児」や「イヤイヤ期」と呼ばれる、何を言っても反抗したり、物を投げたりと乱暴的になったりする時期がきます。

これも成長過程なのですが、新米ママにとっては初めての育児の壁かもしれません。一緒に泣いてしまった、なんて話もよく聞きます。

どうしてそうなるのか

二歳くらいになると、子供はどんどん自我が出てきます。

でも、自分の欲求を伝えたくてもまだ言葉がうまく出ないので、その表現方法の一つとして、癇癪(かんしゃく)を起したり、何でも反抗してみたり、物を投げたり嚙んだりといったような行動に出ます。

これは当たり前の成長過程であり、決して育て方が悪い、ということではありません。自分の意志や気持ちを伝えようとすることは、とても良いことです。

大抵どのママも通る道です。そして、大体四歳くらいになれば落ち着いてきます。

【参考URL】

対処法について

大泣きをしたり癇癪をおこしたりし、パニックになっている状態の時は・・・抱きしめて落ち着かせてあげましょう。

落ち着いたら、場所を変えたりと、気分転換させるのも良い方法です。

機嫌がころっと良くなることもあります。泣いたらすぐその欲求に応えてあげると、泣けば思い通りになる、と思ってしまうので、危ないことや良くないことは、落ち着いたトーンで諭すことも大切です。

何でも自分でしたがる時は・・・

着替えなど、何でも自分でしたがります。

時間がない時は、自分がした方が早いのに、とイライラしてしまう事もあるかもしれませんが、危なくならないように気を付け、わからないように手助けしながら、できるところまでさせてあげましょう。

そして、うまくできたらおもいっきり褒めてあげてください

お店で愚図ってしまう場合は・・・

予め予想されることに対しては、事前に対策をしておきます。

カートに乗せた後、お気に入りのおもちゃを持たせたり、おせんべい等をあげておくなど、少しでも静かにできる時間ができるようにしましょう。

買い物はできるだけ手短に済ませます。中には泣いたり暴れたりするお子さんをみて顔をしかめる人もいるかもしれませんが、子育て経験者なら、「こういう時期があるのよね。」とわかってくれます。

チャイルドシートに乗るのを嫌がる時は・・・

安全のためにも、チャイルドシートには乗せなければいけません。

機嫌よく乗ってくれる方法を模索してみましょう。私の経験談ですが、上の子がすごくチャイルドシートに乗ることを嫌がる時期がありました。

その時は、ちゃんと座ったら、小さいラムネを一つあげる、という方法でうまくいきました。もちろんちゃんと虫歯対策をしました。

何をしても泣き止まない、手が付けられない時は・・・

これも私の経験談ですが、こんな時はビデオカメラで撮影してみます。

成長過程の記録にもなりますし、イライラしてしまう自分の気持ちも落ち着きます。

大きくなったら「こんな時もあったのよ。」と子どもに見せてあげるのも楽しみです。

ママの独占欲が強い時は・・・

ママが上のお子さんやパパと話すだけでも、それを嫌がるお子さんもいます。そんな時は、時間がある時は思いっきり甘えさせてあげましょう。

上の子のフォローも大切です。ご主人とよく相談して、うまく役割分担できると良いですね。

自治体等がやっている子育て広場などに行ってみよう

家にいて一人でイヤイヤ期の子供の相手をしていると、自分もイライラしたり、ストレスが溜まります。そういった時は、子育て広場に行ってみましょう。

公民館など、自治体がやっている子育て広場が、大抵どの市町村にもあります。

幼稚園や保育園に行く前のお子さんを連れた方々がたくさん遊びに来ています。

そこで、他のママとお話しをすることで、自分のストレス発散にもなりますし、先輩ママの話を聞くのも良いでしょう。

そして、たいてい保育士などがいらっしゃるので、そういったプロの方に相談したり話をきいてもらうだけでも、気持ちが楽になります。

そういった場で、他の子供に手を出したり、おもちゃを独占したりすることもあるでしょう。そんな時は、感情的にならず諭すように、そのたびに良くないことだと教えます。

子供も、そういったことを繰り返すことで、社会のルールを学んでいきます。

ストレス発散方法を見つけよう

こういう時期なんだ、とわかっていても、毎日毎日付き合っていたら、ママだってイライラするし、ストレスが溜まるのは当たり前の事です。

二人目以降で、その課程が頭でわかっているママでさえ、やっぱりイライラしたりしてしまうものです。ストレス発散方法を見つけて、たまにはリフレッシュすることも大切です。

パパが休みの日は・・・

1.2時間でいいので子供を預け、自分だけの時間をもらいましょう。お茶をしたり買い物をしたり・・・少し子供と離れてリフレッシュするだけで、気分が違いますよ。

預かり保育をうまく利用する

数時間や一日だけなど、子供を預かってくれる施設があります。

幼稚園や保育園で行っているところももあります。

それらをうまく利用して、たまに自分の時間を作るのも良い方法だと思います。

決して育児放棄ではありません。美容院や病院など、騒ぐ子供を連れて行くのが難しい時なども、利用すると良いと思います。

心に余裕を持とう

毎日こんな日が続きうんざりする気持ちはとてもよく分かります。

しかし、感情的にならないように、まずは深呼吸しましょう。そして、手は絶対にあげないようにしましょう。自分が後で後悔します。

泣き止まない時は、少し離れた所で見守りながら、短時間放っておいても良いと思います。(今は虐待、などと近所の人の通報が怖い、と思っているママさんもいるみたいですが・・・)

成長過程だと受け入れ、子供や自分の怒りをうまくコントロールできると良いですね。1日10分でもいいから、家族に協力してもらい自分の時間を作るだけでも、心の余裕を持つことができます。

長時間でなければ、テレビアニメやDVDに頼ってもいいと思います。一人で抱え込まず、家族や周りの人に頼ったり相談して、最初の反抗期を乗り越えましょう。

大体のママが経験することなので、大丈夫です。時間が経てば、これも良い思い出になりますよ。

【参考URL】

関連記事

  1. 同時接種は本当に安全なの?
  2. 時間がなくても大丈夫!産後美容法のポイントとコツについて~スキンケア編~
  3. 妊娠・出産したら身体はどう変わる?~妊娠中の身体の変化と産後の体重・体型戻しについて~
  4. 任意の予防接種は受けさせるべき?
  5. 予防接種のスケジュール、どうやって組めばいい?
  6. 熱が出ている時に注意すべき他の症状は?
  7. 赤ちゃんの熱、何度から病院へ連れていくべき?
  8. 産後6ヶ月が勝負!~産後ダイエットの正しいやり方と成功のコツについて~
  9. 高熱が出る病気にはどんなものがある?
  10. 赤ちゃんの急な発熱、どうしたらいい?