赤ちゃんようこそ.com > 基礎体温を測る以外で健康で丈夫な赤ちゃんが欲しいなら

基礎体温を測る以外で健康で丈夫な赤ちゃんが欲しいなら

年齢的にもそろそろ授かりたいと思い、基礎体温を測る、冷え対策を行うなど色々とやっていますが・・・なかなか授かりません。

私は現在30歳です。高齢出産ではないのですが、もし、生まれてきた赤ちゃんが成長するのがやや小さめだったりといった心配が尽きません。

特にはじめて赤ちゃんが欲しい。さらに「健康で元気な赤ちゃんを産みたい。」と願うプレママにとって悩みは尽きません。

妊活中で積極的に摂取したい栄養として葉酸がお勧めなのですが、食事から摂取するためには無理があります。

そこで、サプリメントによって効率的に葉酸を摂取したいのですが、葉酸サプリなんてどれも同じだと思っていませんか?

特に赤ちゃんの成長に重要な役割を果たす葉酸。ママ&赤ちゃんにも安全な葉酸サプリの正しい選び方を解説します。

ママ&赤ちゃんにも安全な葉酸サプリの正しい選び方

妊活中において、胎児の成長に重要な役割を果たす葉酸。 妊婦さんが特に積極的に摂りたい栄養素の一つです。

ところがこの葉酸、食品に含まれる天然のもの(ポリグルタミン酸型葉酸)は調理の過程で失われやすい上に、摂取しても体内での利用率は50%。 あまり効率が良いとはいえません。

そこで推奨されているのがサプリメント。

ココに注目!

原料に使われる「モノグルタミン酸型葉酸」は、ポリグルタミン酸型葉酸に比べて体への吸収率が約2倍!

厚生労働省では、妊活中~妊娠初期の女性が十分な量の葉酸を摂取できるよう、サプリメントの利用を推奨しています。

妊赤ちゃんを作るために実は2倍の葉酸が消費されているのを知っていますか?

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、タンパク質やDNAの合成を助ける役割があり、代謝に深く関わっています。

DNAとは、細胞の核の中で遺伝情報を管理し、新しい細胞を作る際に指令を出す、まさに生命の根幹。 その合成に必要な葉酸が不足すると、人の体は正しい遺伝情報を持った細胞を作り出せません。

子宮の中で、極めて活発に細胞分裂を繰り返している胎児。 葉酸不足の影響は、新しい細胞が作り出される機会が多ければ多い程、強く表れます。

成長中の赤ちゃんに十分な量の葉酸が送られないと、発達が阻害され、神経管閉鎖障害などの先天性奇形を引き起こすことも。

それを防ぐためには、通常の約2倍、1日あたり400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取が必要とされています。

葉酸サプリはどれも同じだと思っていませんか?

食品から十分な量を摂取することが難しいため、利用が推奨されている葉酸サプリですが、どんな商品でも良いというわけではありません。

使用されている原料や製造方法によっては葉酸が体に吸収されにくいものもありますし、不要な添加物なども心配です。 購入の際には成分表をよく確認して、信頼できる会社の商品を選ぶようにしましょう。

プレママ必見!これで安心!葉酸サプリを選ぶ5つのポイントとは

十分な量の葉酸が摂取できる

妊娠中、特に妊娠初期の女性は、1日に400μgの葉酸を摂取するよう推奨されています。 サプリメントを選ぶ際には

  • 葉酸の配合量が十分であるか?
  • 十分な効果を得るために必要な、ビタミンB12などの栄養素も一緒に摂取できるか?

について、しっかりと確認しましょう。

妊娠中に不足しがちな栄養も一緒に摂れる

いうまでもないことですが、妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけではありません。 鉄分やビタミン、ミネラル、カルシウムなど、お腹の赤ちゃんの成長に必要な成分は他にもいろいろ。

葉酸と一緒にそれらの栄養素も配合されたサプリメントを選べば、食事の補助として、より強力なサポートになります。

葉酸サプリは合成より天然がオススメって本当!?

野菜や果物に含まれる「天然」の葉酸は、不安定で規格化が困難なため、サプリメントの原料としては存在しません。

天然由来の原材料から成分を抽出してモノグルタミン酸型葉酸を合成し、配合したものが葉酸サプリメントです。 使われているのは「合成葉酸」と「葉酸含有酵母」の2種類。

ココに注目!

おススメなのは「葉酸含有酵母」の方です。 合成した葉酸を「酵母」という生体に取り込んでいるため、摂取した分が無駄なく体に吸収されます。

「合成葉酸」が使われている場合、低レベルの製造技術で作られた商品には要注意。

体に取り込まれない形態(異性体)の葉酸が残っていることがあります。 GMP認定工場製品であるかなどを基準に選ぶと良いでしょう。

添加物にもしっかり注意

妊娠中は、不要な食品添加物にも十分注意したいところ。 こちらも表示をよく確認して、余計な成分が含まれていない商品を選ぶようにしてください。

お腹の赤ちゃんのことを意識するなら、放射線検査や残留農薬試験が行われているかもチェックするべき重要なポイントです。

形状・大きさも重要!つわりの時も飲みやすいか?

葉酸サプリの中には、1粒のサイズが2cm(!)と大きいものもあります。 特に妊娠初期に飲む場合、つわりの重いプレママにはちょっと辛いかもしれません。

人気の商品には妊婦さんが飲みやすいよう粒を小さめにして作られたものもあるので、確認してから購入を。

ママ&赤ちゃんにも優しいおすすめ葉酸サプリはコレ!人気総合ランキング

通常価格:5,980円(税込)
1ヵ月あたり:3,980円(税込)※6回以上定期購入

2015年モンドセレクション金賞を受賞!妊活中・妊娠中のあなたへ贈る葉酸サプリ!

 

葉酸含有量 400μg
葉酸以外の
栄養素
鉄分:16mg
カルシウム:232mg
野菜:21種類
ビタミン(C・B12など)・ミネラル:27種類
アミノ酸:20種類など
原料の葉酸 酸含有酵母100%
放射能
残留農薬
検査済み
送料 無料

公式サイトはコチラ

ベルタ葉酸の詳細コチラ

通常価格:6,980円(税込)
1ヵ月あたり:3,980円(税込)※定期購入

自然の恵み、レモンとハーブから搾った「満たす葉酸」できました。

 

葉酸含有量 500μg
葉酸以外の
栄養素
鉄分:10mg
カルシウム:200mg
ビタミンC:40mg
ビタミンB6:1.2mg
ビタミンB12:2.2μgなど
原料の葉酸 葉酸含有酵母
放射能
残留農薬
検査済み
送料 無料

公式サイトはコチラ

1ヵ月あたり:1,800円(税抜)※定期購入

お客様の要望と確かな根拠に基づいて作られた「モノグルタミン酸型」の葉酸サプリ。

葉酸含有量 400μg
葉酸以外の
栄養素
鉄分:10mg
カルシウム:200mg
ビタミン:8種類
ミネラル:4種類など
原料の葉酸 葉酸含有酵母100%
放射能
残留農薬
放射性セシウムスクリーニング検査済み(※定期価格で30日分の場合)
送料 無料

公式サイトはコチラ

通常価格:5,000円(税抜)
1ヵ月あたり:3,500円(税抜)(6回以上定期購入)

赤ちゃんの未来とママの健康のためのサプリ

葉酸含有量 400μg
葉酸以外の
栄養素
鉄分:10mg
カルシウム:250mg
ビタミン・ミネラル・アミノ酸:29種類
乳酸菌・美容成分:8種類など
放射能
残留農薬
検査済み
送料 無料

公式サイトはコチラ

通常価格:5,400円(税込)
1ヵ月あたり:3,780円(税込)※定期購入

元気に育ってほしいから、安心・安全の100%無添加葉酸サプリ

葉酸含有量 400μg
葉酸以外の
栄養素
鉄分:15mg
カルシウム:210mg
ビタミン・ミネラル:15種類
無農薬野菜:13種類など
放射能
残留農薬
検査済み
送料 無料

公式サイトはコチラ

人気No.1!「ベルタ葉酸」はなぜ良いの?

妊婦さんが一日に必要とする葉酸400μgを含有。 葉酸の吸収を助けるビタミンB12も配合されています。

妊娠中に不足しがちな鉄分や、その吸収をサポートするビタミンC、カルシウムなども豊富。

嬉しいのは、それら全てが過剰摂取にならないよう調整され、バランス良く配合されているところ。

必要十分な栄養素を手軽に摂取することができます。 そしてなんといっても「葉酸含有酵母100%」!

従来の合成葉酸とは違い、葉酸を酵母に取り込ませることによって、体内への吸収率をアップさせています。

もちろん無添加。放射線・残留農薬検査済。 粒が9mmと小さく、飲みやすいのも大切なポイント。現役ママの生の声を活かして商品開発されているだけに、細やかな気遣いが感じられます。

お客様サポートも万全。 妊娠・出産・育児経験のあるスタッフが、利用者の目線に立って対応しています。

引用元:ベルタ葉酸サプリカスタマーセンターより

ママも赤ちゃんも元気に!失敗しない葉酸サプリの選び方講座

プレママは積極的に葉酸を摂るべし!というのは、母子手帳にも記載されている妊娠・出産についての基礎知識。

ではどうして、妊娠すると「葉酸を!」という話になるのでしょうか? それは、葉酸がDNAの合成に大きく関わっているからです。

厚生労働省が先天性障害のリスクを低減させるために「葉酸サプリ」を摂取するように推奨してから数年たちました。

その効果があり、妊活中の女性や妊娠が分かると、葉酸サプリを摂取する事が随分認知されるようになりました。

妊娠すると同時にプレママを苦しめる超メジャートラブルといえば、言わずと知れたアイツ… そう、THE・つわり。

突然の吐き気やムカムカで、女性が妊娠に気づくきっかけにもなっている症状です。

プレママに必須の葉酸サプリ。お腹の赤ちゃんに必要な栄養素とはいえ、着色料などの添加物は気になるところですよね。

今回は、無添加の葉酸サプリについてお話ししたいと思います。

ビタミンB群の仲間、葉酸。胎児の神経管閉鎖障害のリスク軽減のため、摂取することを指導されます。

自然食品からは必要量を摂取できないため、厚生労働省はサプリメントを利用するよう促しています。

妊婦さんに必要な栄養素とされている葉酸。 サプリメントでの摂取が効果的と言われていますが、それはなぜでしょうか?

また、葉酸サプリメントをより効果的に摂取する方法や組み合わせなども紹介していきます!

「妊娠初期」だけでなく、「妊活中」から摂取が推奨されているビタミンの一つ、「葉酸」。

ビタミンB12と共に血液をつくるのに必要で、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす重要な栄養素です。

厚生労働省でも推奨している、妊婦さんに必要な栄養素、葉酸。

そもそも葉酸とは?なぜ妊娠すると葉酸が必要になるの?効果的な摂り方は? そんな疑問に答えていきます。

葉酸サプリはいつから、いつまで摂取するの?

葉酸サプリを摂取する重要期間は妊娠前~妊娠初期

受精した時点で、十分な量の葉酸が体内に充足しているのが理想的です。

そのため葉酸サプリは、 妊活中から飲み始めるのがベスト。 妊娠後は、特に重要なのが妊娠3~4ヵ月頃までです。

胎児の脳や脊髄などが形成される大切な時期ですから、奇形のリスク軽減のため、十分な量を摂取する必要があります。

一日に必要な葉酸の摂取量は何グラム?摂り過ぎると良くないって本当?

葉酸サプリメントを利用する場合、1日の摂取量の目安は400μgとされています。 上限の1000μgを超える過剰摂取のケースでは、食欲不振、吐き気、むくみ、不眠症などの副作用も報告されているのでご注意を。

どんなサプリメントでも同じですが、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。 用法・用量を守って、安全且つ効率的に利用してください。