出産

リスクだけではない!!35歳からの出産

晩婚化によって、初めての出産が35歳を越えるということも珍しくなくなりました。 そこで、取り沙…記事の続きはコチラ

難産からの脱出~促進剤や帝王切開などの選択

安産になりたい! 妊娠が判明してつわりなどを乗りこえると、おなかの赤ちゃんがどんどん成長し、お母さ…記事の続きはコチラ

難産ってこれが原因!?~母親編

「難産」のイメージってある? みなさんは「難産」という言葉から何をイメージしますか。 …記事の続きはコチラ

難産ってこれが原因!?~おなかの赤ちゃん編

赤ちゃんによって引きおこされる「難産」って? そんなものがあるの!?と思った方がいるかもしれません…記事の続きはコチラ

出生前診断の遺伝子検査で何がわかるのか知りたい

1.出生前診断を受けるには条件がある 子どもを望んでいる人にとって妊娠の判明はとても嬉しいことです…記事の続きはコチラ

お産後の痛みを軽くするためにできること~会陰マッサージの方法とおすすめのオイル~

お産の痛みを「鼻からすいか」と例えることがありますが、お産がつらいのは陣痛といって、子宮が赤ちゃんを…記事の続きはコチラ

前期破水は何が原因で起こるのか

1.出産に欠かせない破水のことを知っていますか? 破水とは、赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れて子宮内…記事の続きはコチラ

いつの時期まで逆子だったら帝王切開になるのか

1.逆子での予定帝王切開の時期はいつ決める? 予定帝王切開の日程を決める時期は一般的に妊娠34週前…記事の続きはコチラ

逆子にはどのような分娩方法があるか知っておこう

1.逆子の場合、多くは帝王切開での分娩になるのはなぜ? 分娩方法はどのように決まるのか 逆子(骨…記事の続きはコチラ

早産予防のために自分でできること

早産とは [caption id="attachment_3440" align="alignce…記事の続きはコチラ

妊娠・出産のための産院選び

ベビ待ちのママさん。生理予定日が過ぎ、検査薬は陽性、基礎体温も高いまま。疑いながらも妊娠を確信して喜…記事の続きはコチラ

知って安心!帝王切開のメリットとリスク

5人に1人が帝王切開で出産する時代。どんな妊婦さんにも、経過や状況によっては、帝王切開になる可能性が…記事の続きはコチラ

高齢出産~リスクはあるの?~

年々増えてきている高齢出産。その背景にはなにがあるのか、リスクはあるのか説明します。 高齢出産とは…記事の続きはコチラ

どんな分娩方法があるの?~分娩方法は一つじゃない~

現在の出産方法の主流は自然分娩ですが、他にも様々な分娩方法があります。どんな方法があり、それぞれどん…記事の続きはコチラ