赤ちゃんようこそ.com > 出産 > 難産からの脱出~促進剤や帝王切開などの選択

難産からの脱出~促進剤や帝王切開などの選択

安産になりたい!

妊娠が判明してつわりなどを乗りこえると、おなかの赤ちゃんがどんどん成長し、お母さんのおなかも大きくなっていきます。

しだいに初産婦さんは、「出産ってどういうもの?」「無事に出産できるだろうか。」などの不安が頭をよぎるかもしれません。

また、経産婦さんも「前回の痛みはどうだったかな。」や「今回の出産はどうなるだろう。」と思いを巡らせる方もいるのではないでしょうか。

誰もが、無事にそして安産になりたいと願う出産。

そう願っていても、平均の分娩時間をはるかに超えたり、強すぎる陣痛が起こったりし、スムーズに進まなくなることがあります。

これを「難産」といいます。

難産の定義は、“人為的な手助けがないと分娩が困難か、不可能な状態のこと”をいいます。

では、「人為的な手助けってなに?」「難産をのりこえる方法ってあるの?」もし自分が難産になってしまった時の、難産からの脱出方法について解説します。

どういうものが難産?

とても困難な出産を経験しても、難産ではなかったと感じるお母さんがいます。また、「1人目は安産だったのに、逆に2人目は難産だった。」という話もよく聞かれます。

このように出産は十人十色。人それぞれだし、受け取り方や感じ方も違います。
ここでは、医学的な定義の「難産」についてご説明します。

「難産」その① 遷延分娩(せんえんぶんべん)

分娩が始まって、初産婦は30時間以上、経産婦は15時間以上経過しても赤ちゃんが産まれない場合をいいます。

遷延分娩になるおもな原因
  1.  微弱陣痛(びじゃくじんつう):
    陣痛が弱すぎて分娩が進まない状態
  2. 難産道強靭(なんざんどうきょうじん):
    産道が硬くて伸び広がらず、赤ちゃんが子宮口を出て産道を通ることができない。
  3. 赤ちゃんの体の向きの異常:
    逆子や横向き、足が伸びているなどで、産道を通ることができない
  4. お母さんの疲労で、うまくいきむことができない
この難産からの脱出方法

陣痛を促す薬(陣痛促進剤)の使用や、帝王切開、吸引・鉗子分娩を行ないます。

「難産」その② 過強陣痛(かきょうじんつう)

陣痛が強くなり過ぎる状態をいいます

過強陣痛になるおもな原因
  1. 難産道強靭(なんざんどうきょうじん):
    遷延分娩の原因にもあります。産道が硬くて伸び広がらない状態です。子宮内圧があがってしまい、強い陣痛になってしまうことがあります。
  2. 陣痛促進薬(子宮収縮薬)が適切に使用されなかった場合
この難産からの脱出方法

状態によって帝王切開を行います。子宮収縮薬を使用中あれば、すぐに中止します。

「難産」その③ その他
  • 巨大児:
    出生体重が4000g以上ある赤ちゃんです。体が大きいので産道や骨盤を通ることができず難産になりやすいです。帝王切開になる可能性が高くなります。
  • お母さんの骨盤と赤ちゃんの頭のサイズが合わない:
    お母さんの骨盤が赤ちゃんの頭よりも狭い、または逆に赤ちゃんの頭が大きくて骨盤の中を通ることができないものをいいます。これを児頭骨盤不均衡といい、帝王切開になります。

【参考URL】

陣痛促進剤っていつ使うの?

陣痛促進剤は子宮収縮薬ともよばれます。言葉のとおり陣痛を誘発したり促進させたりする薬です。

出産予定日を過ぎていたり、陣痛が始まる前に破水してしまったり(前期破水)など、お母さん・赤ちゃんの異常時に使用されます。

「難産」では、微弱陣痛・遷延分娩の時などに使われます。

分娩が長引くと、赤ちゃんもお母さんも疲れて果ててしまい、双方のストレスや体の負担が大きくなります。

また分娩後に子宮の収縮がうまくいかず、大量出血を起こすリスクもあります。その際この薬を用いていきみの手助けをします。

陣痛促進剤の種類は?

  1. プロスタグランジン製剤:
    子宮の入口を軟らかくしたり、子宮の収縮を促したりします。もともと陣痛がはじまると、体でも同じものがつくられています。分娩時期によって飲み薬か点滴をします。
  2. オキシトシン:
    脳からも分泌されるホルモンです。子宮を収縮させ陣痛を起こす作用があります。この成分と同じ効果の点滴をします。

この2つの薬剤を同時に使用することはありません。胎児の状態や進行状況によっては、その後帝王切開をする場合もあります。

副作用

陣痛が強くなりすぎる「過強陣痛」があります。また、子宮の入口が裂ける・破裂するなどもごくまれにあります。

帝王切開

子宮の壁を切開して、赤ちゃんを娩出させる手術です。

引用:帝王切開ナビ 図版参照

お母さんの合併症や赤ちゃんの異常など、経腟での分娩が難しいと分かっている場合は、前もって手術日を決めて行います(予定帝王切開)。

巨大児や骨盤がせまいことが明らかな場合も同じです。自然分娩の途中でも、状況によっては、急きょ帝王切開へと変更になることもあります。

手術は、おなかを横に切開する方法と、縦に切開する方法があります。横の切開は傷が目立ちにくいですが、開腹に時間がかかります。緊急手術の場合は縦に切開する場合が多いです。

開腹して赤ちゃんと胎盤を取り出し縫合。手術時間は平均で1時間ほどです。

基本腰椎麻酔なので、手術中お母さんの意識ははっきりとしています。すぐに赤ちゃんの産声を聞き、顔を見ることもできます。

吸引分娩・鉗子分娩

引用:プレママ 図版参照

「難産」で体力を消耗し、お母さんが上手にいきめなくなることがあります。そのような場合に、吸引分娩や鉗子分娩を行ないます。

「吸引分娩」は、金属やシリコン製の吸引カップを赤ちゃんの頭につけます。真空ポンプで陰圧をかけ、赤ちゃんを娩出する方法です。陣痛やいきみに合わせて牽引します。

「鉗子分娩」は、鉄製の鉗子に赤ちゃんの頭をはさんで牽引する方法です。

赤ちゃんを牽引する力は、吸引分娩よりも強く確実だといわれています。しかし技術的には鉗子分娩の方が難しいと考えられています。

吸引・鉗子分娩でうまくいかない場合は帝王切開を行います。

大切な命

いかがでしたか。

難産によるリスクを少しでも減らし、お母さんと赤ちゃんの命を守る薬剤や器具。
これによって、多くの赤ちゃんが元気に誕生しています。

もし自分が難産になってしまったら。その時にどんな医療処置や分娩方法があるのか、少し知っているだけでも心の準備や落ちつき方も変わってくるのではないでしょうか。

お母さんと赤ちゃんが笑顔で出会うための大切な時間にしたいですね。
【参考URL】

関連記事

  1. リスクだけではない!!35歳からの出産
  2. 難産ってこれが原因!?~母親編
  3. 難産ってこれが原因!?~おなかの赤ちゃん編
  4. 出生前診断の遺伝子検査で何がわかるのか知りたい
  5. お産後の痛みを軽くするためにできること~会陰マッサージの方法とおすすめのオイル~
  6. 前期破水は何が原因で起こるのか
  7. いつの時期まで逆子だったら帝王切開になるのか
  8. 逆子にはどのような分娩方法があるか知っておこう
  9. 早産予防のために自分でできること
  10. 妊娠・出産のための産院選び