赤ちゃんようこそ.com > 出産 > リスクだけではない!!35歳からの出産

リスクだけではない!!35歳からの出産

晩婚化によって、初めての出産が35歳を越えるということも珍しくなくなりました。

そこで、取り沙汰されているのが高齢出産のリスクです。そもそも、出産にはリスクはつきものです。

若いからといって全くリスクがなくなるわけではありません。

確かに、年齢が上がるにつれて、リスクは高まりますが、高くなるのはリスクだけではありません。

年齢を積み重ねることによって、経験値や知性も高まっています。

ですので、出産に対するリスクを管理することもできますし、出産後は落ち着いた子育てをすることも可能です。

そこで、高齢出産のメリットと気を付けたいことについて考えていきたいと思います。

高齢出産は何歳から?

子供を授かる時期は、様々です。医学的には35歳以上の初産を高齢初産として、特に注意して経過を見守ることになっています。

引用:シティリビング 図版参照

1993年頃以前は30歳以上を高齢初産としていましたが、30歳以上の初産の方が増えたことや、生活環境の変化や医学の進歩、そして、WHO(世界保健機構)では高齢初産を35歳以上と定義していたこともあり、日本も高齢初産は35歳以上ということになりました。

高齢出産のリスクとは?

なぜ、35歳以上の高齢初産は特に注意して見守らなければならないのでしょうか?妊娠中には様々なリスクがありますが、年齢と共に高まるリスクがあります。

引用:高血圧さげさげガイドライン 図版参照

一つは染色体異常や流産のリスクです。これは、年齢とともに卵子が老化するためです。もう一つは妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、妊娠糖尿病、常位胎盤早期剥離などの合併症を発症するリスクです。

そして、分娩に関するリスクとしては、体力や筋力の低下による遷延分娩、つまり、分娩に時間がかかってしまうことがあります。時には分娩が止まってしまい、帝王切開になることもあります。

高齢出産のリスクは年齢よりも個人差によるもの

これらのリスクは年齢によって高くなってはいますが、実は個人差によるものが大きいのです。

妊娠高血圧症候群が年齢とともに増えるのは、血管が老化するためではないかと言われていました。

以前は、血圧は年齢とともに高くなるものととらえられていたようですが、実際には血圧が高い人の割合が増えるだけで、年齢を重ねても血圧が高くならない人もいるのです。

血糖についても同じことが言えます。血糖が年とともに高くなるのではなく、血糖が高い人の割合が増えるのです。

つまり、このことは年齢が高くなるにつれて妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかる人の割合が増えますが、高齢初産の人、全員のリスクが高くなるということではないことを意味します。

体力や筋力の低下

体力や筋力のない方はお産が長くなる傾向にあります。陣痛は赤ちゃんを産みだすためにお腹が収縮することを言いますが、お腹の収縮は運動のようなものです。

また、子宮口が全部開いた後に、十分にいきむことができない場合は、赤ちゃんがなかなか、降りてこられない場合もあります。

赤ちゃんの通り道は筋肉で囲まれていますが、身体を動かす習慣のない方は、筋肉が柔軟ではないため、産道が開きにくいこともあります。

体力や筋力は年齢によって衰えると言いますが、このことについても、個人差がありますで、年齢のせいとばかりは言えません。

卵子の老化に伴う染色体異常

高齢出産で気になることの一つに赤ちゃんが障害を持って産まれてくるのではないか?ということです。残念ながら卵子や精子の老化に伴い、染色体の異常が起きる確率も増えます。

人間の細胞一つ一つには23対46本の染色体があります。この染色体は両親からそれぞれ受け継いだものです。

難しい話になりますが、女性は産まれたときに、卵母細胞といって卵子のもとになる細胞をもって産まれてくるのですが、それが必要な時期に細胞分裂します。

減数分裂といって23対の染色体をそれぞれ一本ずつもった卵子になります。その減数分裂の際に染色体分配がうまくいかない確率が年齢と共に増えるようです。

卵子のことばかりが言われていますが精子だって染色体分配がうまくいかないこともあります。

染色体異常がおきるとどうなるの?

染色体分配がうまくいかなくて、染色体の数が多くなってしまったり、少なくなってしまったり、構造が変わってしまった場合,ほとんどは流産します。

これは、染色体には生命かかわる遺伝情報が含まれているので、分配がうまくいかない場合、生命を維持し成長するのがむつかしいためです。

妊娠がわかる時期も早くなったので、流産に気がつく割合も高くなっていますが、気が付かないうちに流産してしまう場合もあります。

21番目の染色体が一本多い21トリソミー(ダウン症候群)や18番目の染色体が1本多い18トリソミーは、障害は残るけれど、染色体の異常が致命的にはならないため、成長することができます。

染色体異常の割合はどの年齢も0ではない

染色体異常については、高齢になるにつれて割合は増えてしまいますが、あくまでも割合です。若いからといってリスクが全くないというわけではありません。

また、出生前診断といって、クワットロ検査や羊水検査などによって、お腹の赤ちゃんに染色体異常がどのくらいの割合であるかということを調べることもできます。

ただ、あくまでも割合でしかないので、検査を受けた後、どのように結果を受け止めるのかということを、検査を受ける前に考えておくことが必要です。

リスクは確率でしかない

さて、リスクだけではないと言っておきながら、高齢出産のリスクについて述べてきましたが、リスクってなんでしょう。

リスクは危険性と訳されることもありますが、悪いことが起きる可能性についての概念です。

よく割合や確率で表されます。

確率が高いというと自分の身に起きるような気がしますし、確率が低いと自分の身には起きない気がしますよね。

でも、確率や割合は、あくまでも全体の確率や割合で、自分の身に起きるか起きないかというところでは別の問題です。

話は全く違いますが、100年に一回の確率でしかこない洪水が今日来たとします。

では来年は同じ規模の洪水は絶対こないかというとそうではありません。

200年のうちにたまたま2回続けてくるかもしれません。それでも100年に一回の確率なのです。

リスクはおびえるものではなく備えるもの

高齢出産はリスクが高いから怖いと感じる方も多くいらっしゃると思いますが、リスクはおびえるものではなく備えるものです。

年齢によるリスクの大部分は日常生活に気を付けたり、きちんと健診をうけることで対処することができます。

それまでの社会経験を活かし、大人ならではの備えをもってお産に臨むことができるのは大きなメリットになります。

35歳からの出産にはどのようなメリットがあるのか

それでは、35歳からの出産には、どのようなメリットがあるのでしょう。

やはり、一番はお産に対して能動的に(積極的に)行動できるということでしょうか。

経済的にも精神的にも安定してから、臨む方が多いため、何事も自分で考え納得しながらお産に向かうことができます。

また、出産経験者が周りに多くいるため、情報を収集しやすいということもありますし、情報を収集する能力や情報を理解する能力も高くなっていますので、情報に振り回されることなく、自分に必要な情報を得ることができ、情報に基づいた行動をすることもできます。

社会経験によって培ってきた責任感や、不測の事態への対応力もありますので、健診をきちんと受けることができますし、例えば、切迫早産などの症状が現れた時には医師の指示の元、適切に対応することができます。

また、夫婦の人間関係も構築されているため、夫婦で話し合い、納得しながら対応することもできます。

  • お産に対して能動的に(積極的に)行動できる
  • 経済的・精神的に安定している
  • 情報収集能力や情報を理解する能力が高い
  • 出産経験者が周りに多い
  • 不測の事態への対応力がある
  • 夫婦の人間関係ができている

【参考URL】

高齢初産で備えたいこと

年齢を重ねていくことで、妊娠・出産に対する強みも増しているということについて述べてきました。

それでは、高齢初産の場合、特にどのようなことに備えていくと良いのでしょう。

35歳以上の方に限った話ではありませんが、まずは自分がどのように妊娠期を過ごし、どのようなお産をしたいかということについてじっくり考えてみることです。

そのことによって、どのような、産院を選ぶのか、家族にはどのようなサポートを求めたらよいのか、仕事はどのように調整するのかなどが見えてくると思います。

まずは妊娠の兆候は早めにとらえたいものです。もしかして、と思ったら早めに受診しましょう。

妊婦健診は確実に受けよう

妊娠に伴う合併症は予防や早期発見が大事です。ですので、妊娠がわかったら、確実に妊婦健診を受けましょう。

妊娠から出産への流れについては、あらかじめ勉強しておくと共に、どのようなことが不安なのかということを夫婦でよく話し合い明確にしておくと良いでしょう。

何が不安なのかということがはっきりすると、健診の際に医師や助産師からアドバイスを受けやすくなります。

体力を維持しよう

出産も育児も体力勝負です。ですから、妊娠前から体力を維持していくことが必要です。

若い人でも体力がない人や、産道が硬い方もいますし、40代の方でも、持久力があり、ここぞという時に、すごい力を発揮する人もいます。

ですので、体力や産道の柔軟性は年齢によるものというより、個人差が本当に大きいものです。

高齢だから、体力がないと思いこまず、早い段階から体力づくりをしておくことをお勧めします。

体力づくりと一緒に行いたいのが、栄養管理・体重管理です。管理と聞くだけで、気分が下がる方もいるかもしれませんが、日課のなかに、ちょっとしたエクササイズを組み入れたり、栄養を意識した食事を取り入れるだけでも違います。

仕事をしている方は、通勤経路を工夫してみたり、お昼の外食をお弁当にしてみるなどの工夫をしてみてください。

妊娠中に必要な栄養素が含まれている、サプリメントを補助的に使ってみるのもよいでしょう。

特に、葉酸は厚生労働省がサプリメントを使ってでも、必要量摂るように勧めています。

妊娠前から、葉酸を含み妊娠中に必要な栄養素が取れるような、サプリメントを使うことで、栄養管理もしやすくなります。

大事なことは、どのような栄養素が、どのような製法で抽出され使われているのか、添加物などは入っていないかといったことを自分自身で確認し納得して使うことです。

環境を整えよう

高齢の妊婦さんは、仕事をされている方も多いと思いますが、仕事での疲労やストレスをため込まないこともポイントになります。

妊娠と共に、仕事も無理しない程度にセーブしていくことが必要です。

妊娠高血圧症候群は、身体に無理をかけることでも発症しますので、物事の優先順位を考えながら、周りの人の協力を上手に取り付け、余裕をもった妊娠生活ができるように環境を整えましょう。

出産後は家事も確実に増えますので、家事や育児の分担について、妊娠中から夫婦で調整しておくこともおすすめします。

食洗器の購入や食料の宅配などの検討してみるのも良いでしょう。

高齢出産のリスクとメリット、対策について考えてみました。出産に関しては、年齢が高くなるにつれて、リスクは高くなりますが、リスクには個人差があります。

年齢を増したことによる強みを生かして、リスクを分析し、備えることで納得したお産ができると良いですね。

若さに任せたお産もそれなりの良さありますが、出産と向き合い、一つ一つ納得しながら進んでいくお産もまた、素敵ですし、その後の育児にも深みが増すと思います。体力を維持し、環境を整え、無理をしないで、前向きな気持ちでお産に臨んでください。

【参考URL】

関連記事

  1. 難産からの脱出~促進剤や帝王切開などの選択
  2. 難産ってこれが原因!?~母親編
  3. 難産ってこれが原因!?~おなかの赤ちゃん編
  4. 出生前診断の遺伝子検査で何がわかるのか知りたい
  5. お産後の痛みを軽くするためにできること~会陰マッサージの方法とおすすめのオイル~
  6. 前期破水は何が原因で起こるのか
  7. いつの時期まで逆子だったら帝王切開になるのか
  8. 逆子にはどのような分娩方法があるか知っておこう
  9. 早産予防のために自分でできること
  10. 妊娠・出産のための産院選び