赤ちゃんようこそ.com > 母乳 > 辛い乳腺炎~予防法となってしまった時の対処法について~

辛い乳腺炎~予防法となってしまった時の対処法について~

母乳育児をしていれば、誰でもなりうる乳腺炎。できれば避けないものです。どうすればなりにくいか、またなってしまった時の対処法などを紹介します。

乳腺炎とは?

乳腺炎とは、簡単に言うと、母乳が詰まってしまうことを指します。

私も経験がありますが、乳腺炎は痛みも伴い、とても辛いですよね。

引用:アカイク 図版参照

中には痛くて腕が上がらなくなり、赤ちゃんが泣いていても抱っこしてあげられなかった、なんて話も聞きます。

母乳は血液からできているので、油分や糖分の多い食事ばかり摂っていたり、水分が足らないと血液がドロドロになってしまいます。

そうなると、母乳もサラサラなものからドロドロのものに変わり、詰まりやすくなってしまいますよ。

乳腺炎は、大きく分けると、2つのタイプに分けることができます。

急性うっ滞乳腺炎

引用:インターネットホスピタル 図版参照

急性うっ滞乳腺炎は、母乳が乳腺に詰まってしまい、炎症を起こしている状態のことを言います。

母乳の需要と供給のバランスが合わずに過剰に作られてしまっている時や、乳管の狭い人、初産でまだ乳管がしっかりと通ってない時などになりやすいです。

化膿性乳腺炎

化膿性乳腺炎は、乳腺が細菌感染することによって起こります。赤ちゃんがまだ上手くおっぱいを飲めないと、乳首に傷がついてしまうことがあります。

そういった傷に赤ちゃんの口腔内細菌が感染してしまったり、急性うっ滞乳腺炎が進行してしまうことにより、化膿性乳腺炎になります。

どんな症状が出る?

乳腺炎になり始めている初期の状態では

  • おっぱいにしこりができる
  • おっぱいの一部が赤くなったり痛くなったりする
  • おっぱいが熱を持つ
  • 乳頭に白斑(はくはん)という白い塊ができる(母乳が固まり出口が詰まっている状態)などがあります。このような状態になっても対処をせず、乳腺炎が進行してしまうと
  • 38度以上の高熱が出る
  • 寒気やだるさなどを感じる
  • 何をしていない状態でもおっぱいが痛む
  • おっぱいがカチカチになる
  • 授乳時に激しい痛みを感じる

などといった症状が出ます。初期症状を把握し、早めに対処することが、進行を防ぐことに繋がります。
【参考URL】

乳腺炎になってしまったら

上記のような症状が出て乳腺炎になってしまった時は、下記の対処法を試しましょう。

赤ちゃんに飲んでもらう

まずは、赤ちゃんに母乳を飲んでもらうことが一番です。授乳している時にしこりの部分をほぐすように押すと、詰まりが解消しやすくなります。

乳腺炎の状態で授乳すると痛み出て辛いですが、そこは我慢してできるだけ飲んでもらいましょう。

ただ、おっぱいが乳腺炎時のドロドロの時はいつもと母乳の味が変わるので、嫌がって飲んでくれない時もあります。

熱を持っている部分を冷やす

熱を持ち痛みがある部分は、冷えピタやタオルにくるんだ保冷剤などで冷やすと、熱がひき症状が和らぎます。

ただし、氷などで急激に冷やすと乳腺組織が傷つくことがあるので避けましょう。

入浴は避ける

身体が温まるとますますおっぱいが張りやすくなるので、入浴せずにシャワーで済ませましょう。

搾乳(さくにゅう)する

母乳の供給過多になっている時は、搾乳すると楽になります。しかし、搾乳し過ぎるとさらに母乳が作られてしまうので気を付けてくださいね。

母乳外来に行きケアしてもらう

引用:敦賀レディースクリニック 図版参照

高熱が出たりと症状が進行して自分ではどうすることもできない時は、我慢せずに母乳外来でケアしてもらいましょう。

大抵の産科で母乳外来を行っているので、出産した病院や家の近くの産院へ連絡してみましょう。母乳外来では、助産師さんがおっぱいマッサージをして詰まりを解消してくれます。

酷い乳腺炎と診断された場合は、抗生物質などが処方されることもあります。

化膿性乳腺炎が進行してしまっている場合だと、乳頭に溜まっている膿を手術で取り出さなくてはいけないこともあります。

また、おっぱいマッサージの場としては、全国にある桶谷式母乳育児相談室を利用しているママさん達もたくさんいますよ。

薬を飲む

病院になかなか行けないけど薬を飲みたい場合は、葛根湯がおすすめです。体内を温めて血流をよくしてくれるので、母乳の詰まりを改善する効果もあります。

赤ちゃんに影響がない漢方薬で、授乳中のママが風邪をひいた時にもよく処方されます。赤ちゃんへの影響が心配な場合は、授乳直後など、授乳時間を考えるといいですよ。

昔ながらの冷やし方

熱を持ったおっぱいを冷やす方法として、キャベツ湿布やジャガイモ湿布というものがあります。それらを試してみるのもいいですね。

キャベツ湿布

冷蔵庫で冷やされたキャベツを水で洗って、患部に貼るだけです。乳首は避けてくださいね。熱をキャベツが吸収するとシナシナになってくるので、新しいものに取り換えます。

ジャガイモ湿布

皮を剥いたジャガイモをペースト状になるよう水や小麦粉をいれて調節し、ガーゼやキッチンペーパーなどに広げてから折り畳み、直接おっぱいに付かないようにしてから幹部に貼ります。

4.5時間で取り替えます。

食べ物を利用した湿布ならば、万が一赤ちゃんの口に入ってしまっても害がなく安心です。

乳腺炎にならないための予防法

母乳育児をしていれば誰もがなりうる乳腺炎ですが、なってしまうととても辛いので、できれば予防したいですよね。そこで、乳腺炎予防のポイントをいくつか紹介します。

食生活に気をつける

油分や糖分の多い食事を控え、野菜を多めに摂る和食中心のバランスの良い食生活は、母乳の質を良くし、乳腺炎の予防にもなります。

食事で乳腺炎になりやすい人とそうでない人がおり、から揚げ一つでおっぱいが詰まってしまった、というママもいますよ。

また、水分も多く摂るように心掛けましょう。ノンカフェインの温かい飲み物、白湯やほうじ茶、タンポポ茶などがおすすめです。

授乳体制を変えてみる

それぞれのママさんによって授乳しやすい体制はあると思います。しかし、いつも同じ体制だと、乳腺をまんべんなく使った授乳ができていないかもしれません。

授乳体制には、「横抱き」や「フットボール抱き」、「たて抱き」などがあるので、たまには違う体制で授乳してみましょう。

引用:わけも分からず子育て 図版参照

また左右5分ずつなど、両方のおっぱいをあげるようにします。

授乳間隔を空けない

授乳してない時間が長くなると、おっぱいがどんどん溜まり張ってきて、乳腺炎の原因にもなります。赤ちゃんにより授乳時間はまちまちだと思いますが、長く空くようなら搾乳するなどし、対策をとりましょう。

胸を圧迫しない

胸を圧迫するような姿勢や、ワイヤーの入った下着などでおっぱいを圧迫すると、乳腺に負担がかかり乳腺炎になりやすくなってしまいます。

授乳育児中は、授乳用ブラジャーおすすめします。

初期対応が大切!

乳腺炎は、生活の中でできるだけ予防を心掛けましょう。しかし、授乳中、多くの人が乳腺炎になりかけたり、なってしまうのが現状です。

初期の症状が出始めた時に、早めの対処をすることが大切ですよ。私も、少しでもしこりや痛みを感じたら、そちらのおっぱいを多めに飲んでもらったり冷やしたりと、すぐ対処するようにしていました。

何度かなりかけたことはありましたが、重症化することはなく、病院へ行くこともありませんでした。

また、私自身は食べ物ではあまり影響が出なかったので、たまに洋菓子を食べたり揚げ物も食べていましたが、一度フランス料理のフルコースを食べたら、次の日はおっぱいがパンパンにはれ痛みもあり、絞ってみるとドロッとした色の濃い母乳がでました。

やはり過剰な油分等の摂りすぎは母乳に影響することを、身をもって体験しました。その時は産院に連絡して症状を説明し、赤ちゃんに飲んでもらうことと冷やすことを教えてもらいました。

ストイックにならずほどほどに

辛い乳腺炎、日々の予防は大切ですが、ストイックになりすぎるとストレスも溜まります。ストレスは母乳の出にも影響しますよ。

なりやすい人となりにくい人がおり、どんなに気をつけていても乳腺炎になってしまうことはあります。そんな時は、焦らず、そして自分を責めずに、冷静に対処しましょうね。

どうしてよいかわからない時は、我慢せずに助産師さんなど専門家に相談しましょう。
【参考URL】

関連記事

  1. 自分にぴったりのブランドを見つけよう!おしゃれなマタニティウェアや授乳服
  2. 母乳が足りているか心配なママへ ~母乳不足のサインと解決方法について~
  3. 母乳と喫煙~喫煙中の授乳が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか~
  4. 血行を促進して母乳の出をよくしよう!~冷え対策・血行促進方法を紹介します~
  5. 粉ミルクを徹底比較!~メーカーによって成分や味は違う?~
  6. 母乳育児でも時にはミルクも必要!~正しい調乳方法を覚えよう~
  7. 母乳が出なくて困っているママ必見!~母乳の出を良くする対処法~
  8. 初めての母乳育児!授乳回数や間隔は?~母乳育児の基本~
  9. 母乳育児ママ必見!おすすめの授乳グッズを紹介します!
  10. 自己流ケアは危険?!卒乳・断乳後のおっぱいケアについて