赤ちゃんようこそ.com > 母乳 > 母乳が出なくて困っているママ必見!~母乳の出を良くする対処法~

母乳が出なくて困っているママ必見!~母乳の出を良くする対処法~

完全母乳で育てたいけど、なかなか母乳が出ない、母乳育児が軌道に乗らないと悩んでいるママも多いと思います。

そんなママにぜひ試してほしい、母乳の出が良くなる対処法をまとめました。

赤ちゃんを産んだからといって、それだけで誰でも母乳が良く出るわけではないのです。

後々母乳が余るほど出るようになったママでも、最初はなかなか出なくて困っていた時期があったり、体質的に母乳が出にくいママもいます。

そんな方でも大丈夫!母乳が出やすくなる対処法を紹介します。

水分をたくさん摂りましょう

母乳は、そのほとんどが水分からできています。ですから、水分不足だと、母乳不足にも繋がってしまいます。

冷たい水だと身体を冷やしてしまうので、常温や温かい物の方がいいですよ。

そして、その水分の質にもこだわりたいママには、しっかり品質検査をしてあり、軟水で赤ちゃんにも優しい水を使用しているウォーターサーバーを頼むのもおすすめです。

プレミアムウォーター」は口コミで人気が出てきていますよ。

私も子供が生れたことをきっかけに、ウォーターサーバーを設置しました。子供が母乳育児を卒業した今も、飲み水やお料理にと大活躍です。

また、母乳育児をしているママは、一度は「母乳にはタンポポ茶が良い。」と聞いたことはありませんか?

たんぽぽの根を焙煎したお茶のことで、たんぽぽの根は、中国では漢方薬としても使われています。

様々な効能や効果があると言われています。その中で母乳によい効果を具体的に上げてみると

  • 血液がサラサラになる → 血液の質が良くなるので母乳の質もよくなります。
  • 血中コレステロールを下げ脂肪を減少させる効果がある → 乳腺炎予防になります。
  • 体温を上げ冷え性の予防になる → 血液の循環も良くなり、母乳の質が上がります。
  • リラックス効果がある → 慣れない育児やなかなか母乳が出ないことに対してストレスが溜まることも多いですが、そのストレスを軽減させリラックスできます。

もちろんタンポポ茶はノンカフェイン!ですから授乳中でも安心して飲むことができますね。

さらには鉄分やミネラルを豊富に含んでいるので、母乳育児後も女性にとっては心強い飲み物でもあります。

多くのたんぽぽ茶が販売されていますが、その中で質の良いたんぽぽ茶を選ぶポイントとしては

  • 多くのタンポポ茶が中国産なので、日本の安全基準を満たしているもの
  • よけいな物が入っていない、安心できる成分のもの
  • 信用できる口コミ良いもの

これらを意識しながら選びましょう。

私のおすすめは「ティーライフ」のタンポポ茶!残留農薬検査を受けた安全な茶葉で、添加物や防腐剤は不使用です。さらに味も美味しいと評判ですよ。

そのままお湯で煮だしても、豆乳やハチミツなどを加えて、アレンジして飲んでもいいですね。

【参考URL】

とにかくたくさん吸わせる

赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことで、最初は出なかった母乳もだんだんと出るようになってきます。

最初は、根気よく母乳回数を増やしてみましょう。乳首を吸わせて刺激を与えることで、母乳が作られます。

マッサージをする

母乳が出やすくなるマッサージをしてみましょう。
マッサージの方法は

・両方のおっぱいを両手で支えるように持ち、おっぱいを外側に引っ張る。

・右側のおっぱいを左手で横から覆うように包み込み、内側に向けて軽く3回ほど押す。反対側も同様に。

・上記のやり方で、下から上にもマッサージをする。

などがあります。

そして、おっぱいマッサージと言えば、「桶谷式」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

「桶谷式母乳育児相談室」は各地にあり、そちらに通ううちにだんだんと母乳が出るようになった、という声をよく聞きます。

近くに「桶谷式母乳育児相談室」がない場合は、「桶谷式 母乳ですくすく育てる本」という本もあるので、参考にしてみると良いと思いますよ。

母乳マッサージ以外にも、おっぱいが張った時の対処法や卒乳方法など、母乳育児において参考になることがたくさんの内容なので、一冊手元にあると心強いですよ。

葉酸を摂取する

葉酸は赤血球を作るのに大切な成分で、ビタミンB群の仲間です。妊娠中の摂取を推奨されていますが、授乳中にも大切なビタミンなんですよ。

それは、質の良い血液を作るからです。質の良い血液は、質の良い母乳に繋がります。母乳の分泌を促進する効果もあると言われています。

食材だと、緑黄色野菜やレバー、卵黄などに多く含まれていますが、一日の推奨摂取量約0.8グラムを毎日食事でカバーするのは、時間がないママにはちょっと難しいかもしれません。

そんな時は、基本は食事からですが、サプリメントも併用する方法もおすすめです。

最近妊娠中や授乳中ママに口コミで人気なのが「パティ葉酸サプリ」。

無添加で、葉酸以外にも鉄分やミネラルなどがバランスよく配合されているところがポイントです。

育児と仕事を両立している有名人の方が愛用していることでも話題となっています。

和食中心のバランスの良い食事をする

脂質や糖質が多い食事ばかり摂っていると、血液がドロドロになりおっぱいの質も悪くなります。野菜をたくさん使った和食を摂るようにしましょう。

育児中心で時間がないママ達は、なかなかゆっくり料理をする時間を取るのは難しいですよね。

そんな時は、パパがお休みの日など赤ちゃんを見てもらって、「切り干し大根」や「ヒジキの煮物」など、何種類か作り置きしておくと、日々の食事の準備が楽になりますよ。

どうしても出ない時は粉ミルクを使用する

マッサージをしたりと色々対処法を試しても、体質的に母乳が出にくいというママもいます。

一ヶ月検診で赤ちゃんの体重の増加量が少ないと、ミルクを足すことを医師から勧めらえることもあります。

また、お薬を飲まなければいけないママは、母乳をあげたくてもあげられない時もありますよね。そんな時は、粉ミルクに頼りましょう。

今の粉ミルクは、母乳の成分にかなり近づいた質の良いものになっています。

母乳育児が主流になっている今、ミルク育児に後ろめたさを感じるママもいるようですが、世の中には様々な状況のママがたくさんいます。

母乳をあげるように、しっかりと赤ちゃんを抱っこして愛情を与えながらミルクを上げれば、ママの温もりも感じられ、愛情不足になる、とういこともありません。

粉ミルクの優れたところや、各粉ミルクの特徴などは、別記事で詳しくまとめますね。

ストレスは大敵です

どんなにマッサージを頑張っても、食事内容を気を付けても、ストレスがあると母乳の出にとても影響します。

母乳が出ないからといって自分を責めたり、そのことばかり考えていると、ストレスは溜まる一方です。

パパや周りの人に協力をしてもらいながら、ゆっくりとお風呂に入ったり、一人でお買い物をしたりと、自分に合ったストレス発散方法を見つけることも、楽しく母乳育児を続けていくコツの一つですよ。

私も、パパが休みの日に授乳と授乳の間の時間、2時間くらい自分の時間をもらって、一人でカフェでゆっくりとお茶をしたり、好きな本を読んだりと、気持ちをリセットする時間を作っていました。

赤ちゃんとの母乳タイムは、ママにとって期間限定のかけがえのない幸せな時間でもあります。出ないからといってあきらめずに、まずは出やすくなる方法を色々試してみましょう。

どうしても出ない時は、ミルク育児移行し、気持ちをスパッと切り替える勇気も大切ですよ。

【参考URL】

関連記事

  1. 自分にぴったりのブランドを見つけよう!おしゃれなマタニティウェアや授乳服
  2. 母乳が足りているか心配なママへ ~母乳不足のサインと解決方法について~
  3. 母乳と喫煙~喫煙中の授乳が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか~
  4. 血行を促進して母乳の出をよくしよう!~冷え対策・血行促進方法を紹介します~
  5. 粉ミルクを徹底比較!~メーカーによって成分や味は違う?~
  6. 母乳育児でも時にはミルクも必要!~正しい調乳方法を覚えよう~
  7. 初めての母乳育児!授乳回数や間隔は?~母乳育児の基本~
  8. 母乳育児ママ必見!おすすめの授乳グッズを紹介します!
  9. 自己流ケアは危険?!卒乳・断乳後のおっぱいケアについて
  10. 辛い乳腺炎~予防法となってしまった時の対処法について~