赤ちゃんようこそ.com > 母乳 > 母乳と喫煙~喫煙中の授乳が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか~

母乳と喫煙~喫煙中の授乳が赤ちゃんにどんな影響を与えるのか~

授乳中のママが喫煙をしていると、母乳を通して赤ちゃんにもたばこの成分が届いてしまいます。また、たばこは喫煙している人の健康だけでなく、周りにいる人の健康にも害を及ぼします。

具体的にはどんな影響がでるのか、また我が家の禁煙例などを紹介します。

妊娠はたばこを止める良い機会となります

「たばこは百害あって一利なし」という言葉をよく聞きますよね。その言葉通り、たばこは身体によくない影響を及ぼします。

それでも喫煙者にとっては、わかっていても止められない、という人も多いようです。挑戦したけど挫折してしまった、という事も。

しかし、女性はママとしての自覚が出てくることもあり、「赤ちゃんのことを考えると止めることができる」と、妊娠を考えた時、また妊娠を機に禁煙をする人もたくさんいます。

「妊娠中の喫煙と飲酒はダメ!」という事は常識ですよね。

妊娠中の喫煙は、流産や死産の確率を上げてしまいます。また、赤ちゃんの成長に必要な栄養素、葉酸を破壊してしまいます。

葉酸は葉酸サプリで補充する、ということもできますが、やはり赤ちゃんへの影響を考えると妊娠・授乳中の喫煙は避けたいですよね。

ですから、女性にとって妊娠を考えた時や妊娠した時は、禁煙をする良い機会となります。

出産後はまた喫煙を始めてしまうママも

妊娠中は禁煙できたけど、出産後はまた喫煙を始めてしまう、という人も少なくありません。

しかし、授乳中に喫煙をしていると、赤ちゃんに良い影響は一つとしてないんですよ。

完全ミルク育児をする、という方法もありますが、せっかく母乳が出る体質なのであれば、母乳は赤ちゃんに免疫力をつけたり、ミルク代がかからないなどと良い面がたくさんあるので、母乳育児をしてほしいと思います。

授乳中の喫煙にはどんな影響があるか、その知識があれば、子供の事を想って禁煙を続けられると思います。詳しく説明していきますね。

授乳中の喫煙が赤ちゃんに与える具体的な影響について

母乳には赤ちゃんにとって良いことがたくさん!

でも、授乳中に喫煙をすると、母乳に含まれるニコチンの量はママの血液中のニコチンの量の約3倍もの濃度になると言われています。

そんな母乳を赤ちゃんが飲んでいると考えると、怖くなりませんか?赤ちゃんに影響があると言われている具体的な例としては・・・

乳児突然死症候群(SIDS)の確率が上がる

乳児突然死症候群(SIDS)は赤ちゃんの突然死してしまうことで、原因についてはまだはっきりとはわかっていませんが、日本では生後2ヶ月から6ヶ月の赤ちゃん、6千人から7千人に1人の確率で発症しています。

その乳児突然死症候群(SIDS)が、非喫煙者に比べてパパやママが喫煙者の場合、その発症率は約4~5倍高まると言われています。

呼吸器疾患になる確率が上がる

赤ちゃんの周りに喫煙者がいると、気管支喘息などの呼吸器疾患になる確率が高くなると言われています。

知能の成長発達に影響する

アメリカで研究を行ったところ、家庭に喫煙者がおりその受動喫煙程度が高いほど、読解力や計算力が低い、という結果が出ました。

中耳炎になりやすい

たばこの煙は耳管を通って中耳にも入っていくので、中耳炎や難聴になる確率が上がります。

下痢をしたり嘔吐をしたりする

たばこを吸ってみたら気分が悪くなってしまった、という経験がある方もあると思います。授乳中の喫煙は、その経験を赤ちゃんにもさせてしまう、ということになってしまうんですよ。

他にも、アトピーなどのアレルギー、低身長、善玉コレステロール減少など、様々な症状が挙げられています。

喫煙は授乳中ママにも良くない影響があります

授乳中に喫煙をすると、ニコチンは血管を収縮させて血流を悪くするので、母乳の出も悪くなってしまいます。

本当は美味しい母乳がたくさん出る体質なのに、喫煙によって母乳の出が悪くなったり、赤ちゃんに悪い影響を与える母乳が出てしまうのは、悲しいと思いませんか?

妊娠中に禁煙ができたなら、ぜひそのまま出産後も禁煙を続けてほしいと思います。
【参考URL】

どうしてもたばこを吸いたい時は

授乳中の喫煙は良くない、ということは分かったと思いますが、禁煙することがものすごくストレスになる、育児にも影響しどうしても吸いたい、という人は、喫煙と授乳の時間を空けることが重要です。

喫煙後は、時間が経つにつれてだんだんと血液中のニコチン濃度が薄まってきます。ですから、喫煙してから約3時間ほど時間を空けてから授乳すると、赤ちゃんへの影響は薄まります。

吸ってしまった時は、3時間を目安に間隔を空けてから授乳するようにしましょう。

しかし、授乳が終了した後も、周りの人の受動喫煙の事を考えたり自分の身体の事を考えると、徐々に本数を減らしていき最終的には0本にしたいですよね。

散歩をして気分転換したりカラオケで思いっきり声を出すなど、喫煙以外の発散方法を見つけるのもいいと思いますよ。

「禁煙外来」を受診し、専門家に診てもらうのもひとつの方法です。

禁煙・我が家や友人の場合

我が家では、私は喫煙しませんが、主人は結婚前から喫煙者でした。

結婚後も吸っていましたが、妊娠を考えた時に受動喫煙などを考え禁煙を決意してくれました。

しかし、それまで何年も吸ってきたたばこをすっぱりと止めるということは、簡単なことではありません。

まずは、いきなり0本にはせずに、徐々に間隔を空けて本数を減らしていきました。

さらに、電子たばこを利用していました。電子たばことは、カートリッジから出る水蒸気を吸う、疑似たばこのようなものです。

電子たばこのメリットとして、

  • ニコチンが含まれない
  • コストがたいしてかからない
  • たばこを吸うポーズはなくならない(たばことの関わりが絶たれない)
  • 吸い殻が出ない(燃やさない)
  • ヤニが出ない

などがあります。

有害物質であるニコチンを含まない、というのは、電子たばこの最大のメリットと言えます。

しかし、電子たばこと紙たばこは全く別物で、ニコチンによる刺激や特有の喉ごしのようなものもありません。

ですから、主人が電子たばこを吸い始めた時は物足りなさを感じたようです。

しかし、続けていくうちに慣れてきて、様々なフレーバーを楽しむようになり、最終的には完全に禁煙をすることができましたよ。

現在も禁煙は続いています。

電子たばこは、日本向け電子タバコ公式通販サイト「イータバコ」などで購入できます。

また、私の友人(女性)は、これまでに何度も禁煙を試し挫折する、ということを繰り返していましたが、妊娠が分かった時にきっぱりと止めることができました。

女性は男性と違って妊娠中から母性が目覚めやすいので、赤ちゃんのことを想うと強い意志を持つことができるかもしれませんね。

喫煙者のパパママは受動喫煙のことを知ろう

たばこを吸わなくても喫煙者が近くにいると、たばこの影響を受けてしまいます。

煙で目や喉の痛みが出たり、心筋梗塞や狭心症などになる確率も上がります。

自分だけでなく、周りにいる家族の健康にも悪影響が出る、ということですね。

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんに与える影響を考えると喫煙を控えてもらいたいのはもちろんですが、授乳が終わった後に喫煙を再開してしまったママや禁煙できないでいるパパには、吸う時は外やベランダに出て周りの家族に煙の影響が出ないようにしたりと、最低限の気遣いは忘れないようにしてくださいね。

しかし最初に触れたように「たばこは百害あって一利なし」!価格もどんどん上がりコストもかかりますし、なにより健康に害を及ぼします。

家族のためにも、パパやママはいつまでも健康で元気にいなくてはいけないですよね。今回この記事を目にした方はこれも何かの縁です。

子供や自分自身の身体に与える影響を知ってもらい、禁煙のきっかけになってもらえると嬉しいです。

【参考URL】

関連記事

  1. 自分にぴったりのブランドを見つけよう!おしゃれなマタニティウェアや授乳服
  2. 母乳が足りているか心配なママへ ~母乳不足のサインと解決方法について~
  3. 血行を促進して母乳の出をよくしよう!~冷え対策・血行促進方法を紹介します~
  4. 粉ミルクを徹底比較!~メーカーによって成分や味は違う?~
  5. 母乳育児でも時にはミルクも必要!~正しい調乳方法を覚えよう~
  6. 母乳が出なくて困っているママ必見!~母乳の出を良くする対処法~
  7. 初めての母乳育児!授乳回数や間隔は?~母乳育児の基本~
  8. 母乳育児ママ必見!おすすめの授乳グッズを紹介します!
  9. 自己流ケアは危険?!卒乳・断乳後のおっぱいケアについて
  10. 辛い乳腺炎~予防法となってしまった時の対処法について~