赤ちゃんようこそ.com > 子作り・妊娠準備 > 妊娠中の飲酒による影響とは

妊娠中の飲酒による影響とは

妊娠すると、色々と気をつけなければいけないことがあります。

本人の自覚症状のない胎児への影響を考えて妊婦生活を送るのは簡単なことではないし、時にストレスに感じてしまうこともあります。

お酒が好きな方で晩酌をしているなど日常的にアルコールを摂取している人にとって初めは苦痛かもしれません。

誰にも言えずに隠れて飲んでしまっている人もいるかもしれません。

ただ飲酒は、胎児の成長に影響するだけでなく死産や流産の可能性も大きくなります。

いきなりただ禁酒するのではなく、飲酒によって何が危険なのか。胎児にとってどういったことが起きているのかをまず知ることが大切です。

知った上で、本当に自分にとって禁酒することが苦痛なのか。よく考えた上で妊婦生活に向き合う事で大切なものが見えてくるのではないでしょうか。

胎児性アルコール症候群とは?

胎児性アルコール症候群。(FAS)

聞き慣れない言葉ですが、先天性疾患の一つで、妊娠中の習慣的なアルコール摂取が原因とされるものです。

妊娠中、お母さんが口にしたものは胎盤を通して赤ちゃんへ送られます。

飲酒によって体内にはいったアルコールはそのまま胎盤を通して赤ちゃんへ送られてしまいます。

赤ちゃんは内臓がまだ未熟で、肝臓でアルコールを分解することができずに残ったままになってしまいます。

アルコールが残った状態が続くことによって、発育に色々な問題を引き起こしてしまうのです。

胎児の低体重、奇形、脳障害を引き起こす可能性だけでなく知能障害、形態異常、脳性小児麻痺、てんかん、中枢神経障害による発達障害や学習障害、行動障害などの様々な症状がみられます。

妊娠中のアルコール摂取量、飲酒期間によって変わることもありますが、少量でもどの時期でも生じる可能性があるのです。

現在では発達障害や成人後の依存症リスクなどの広い範囲での影響がみられることも分かっています。

胎児性アルコール症候群は妊娠中に飲酒したからといって必ず起こるものではありません。

妊婦さんの体系や飲酒量によって複数の要因に影響されます。ただし、治療法は見つかっておらず、唯一の対処法は禁酒です。

妊娠後期より妊娠初期のほうがリスクが高いと考えられていますが、成長障害や脳の障害は妊娠中期から妊娠後期の飲酒が影響しているとされています。

【参考URL】

少しでもダメ?

自分ではちょっとした気分転換でわずかな飲酒量だと思っていても、肝臓の未熟な胎児にとっては大量のお酒となってしまいます。

胎児がアルコールを排出するには、お母さんの二倍の時間がかかります。

自分では少し飲んだだけのつもりでも赤ちゃんは大量のお酒を必死に排出するのです。

甘いジュースのようなカクテルなどがよく売られていますが、これは飲み口は軽いですが意外とアルコール度数は高かったりするのです。

ならば!とノンアルコールビールを思い浮かべる人もいるでしょうが、アルコールが1%未満なだけであって、微量には含まれているのです。

何本も飲めば普通のビール1本分くらいになってしまうのです。

胎児性アルコール症候群になるアルコールの摂取量は明確には発表されていません。

我慢できずに一度飲んでしまった・・なんて人もいるかと思います。

一度飲むくらいはストレス解消になるかと思いますが、アルコールは習慣になりやすく少しずつ量が増えていった・・なんてことにならないようにしなければなりません。

妊娠超初期の飲酒は?

妊娠超初期とは、妊娠判明前後の0~3週のことを言います。

着床が完成し、妊娠判明するころまでの薬物成分は原則的には胎児の催奇性に影響はないと言われていますが、妊娠判明が遅れると胎児の器官形成の重要な期間と重なるので、妊娠が判明するまでは飲酒しても大丈夫だとは言い切れないのです。

過度の飲酒は妊娠率の低下を招くとの指摘もあります。

妊娠超初期にアルコールを摂取していた、と反省する人は多いようですが大事なのはこれからです。妊娠判明後は避けましょう。

医師の中には、「少量の飲酒なら続けても問題ない」と指導するケースも多いですが、アルコールの影響は個人差が非常に大きく安全基準がはっきりしていないのです。

飲酒を続けていても健康な赤ちゃんを出産する人もいれば、食前酒などで影響がみられた人もいるのです。

お酒が好きな人にとっては「1~2年近くも我慢しなければいけない」と思うでしょう。しかし自分の長い人生でたった1~2年です。1~2年も、と思うか1~2年だけ、と思うか。

その期間の禁酒で防げる病気なのです。

あなたは哺乳瓶でお酒を赤ちゃんに飲ませますか?

しませんよね。

あなたの子供が小学生で飲酒していたらどうしますか?

やめさせますよね。

胎児は子供よりも、赤ちゃんよりもうんと小さいのです。うんと体も未熟なのです。

姿が見えないのでなかなか自覚もてないかもしれませんが、少しの間だけ我慢してあげる優しさを持ってみませんか?

「わかっているけど我慢できない・・」と考える人もいるかもしれません。我慢せずに胎児性アルコール症候群になってしまった場合、生まれてきた子はお母さんの飲酒によって引き起こされた障害と一生向き合うのです。

きっと一生自分を責めると思います。

将来のお母さんと赤ちゃんの為にもほんの少し頑張ってみませんか?せっかく授かることのできた子です。

胎児を守れるのはお母さんしかいないのです。

【参考URL】

関連記事

  1. ベルタ葉酸サプリを KOUママがレポートします。
  2. KOUママがレポートします。
  3. 妊娠したら摂りたい葉酸 やっぱり天然がいいの?
  4. 葉酸って妊娠前から摂取したほうがいいってホント?
  5. 妊婦さんはぜひ摂取を!葉酸サプリメントの選び方
  6. 葉酸はいつからいつまで飲むべき?
  7. プレママ必見!血管を若返らせる葉酸入りのレシピとは
  8. 排卵検査薬を使っても妊娠しない時に考えられること
  9. 妊娠するには、排卵検査薬の使用が効果的
  10. 排卵検査薬で知る排卵日とはどんな日?