赤ちゃんようこそ.com > 子作り・妊娠準備 > 葉酸はいつからいつまで飲むべき?

葉酸はいつからいつまで飲むべき?

妊娠を考えている女性や、妊娠初期の女性に特にすすめられている葉酸という栄養素をご存知でしょうか。

これは、水溶性ビタミンに分類されるビタミンB群の一種で、アミノ酸や核酸の合成に必要な補酵素であり。細胞分裂に不可欠な栄養素です。

また、血をつくるのを助けるはたらきがあり、悪性貧血などを防ぐ役割があるとされています。

近年、妊娠初期に妊婦が十分な量を摂取することにより、二分脊椎症(にぶんせきついしょう)などの神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)のリスクを低減する効果があることがわかり、母子手帳にも妊娠前から妊娠初期にかけて積極的な摂取が望ましいと記載されるようになりました。

しかし、このように重要な栄養素であることがわかっているにもかかわらず、薬として産婦人科で処方されるわけではないので、妊娠可能年齢の女性に葉酸をとるべき期間や効果的なとり方について十分に周知されているとはいえないのが現状です。

そこで、ここからは葉酸はいつからいつまで飲むべきなのか、また、どのように飲むのが効果的なのかというテーマでみていきましょう。

葉酸の効果と特徴

妊娠初期の女性に葉酸が不足すると、胎児の先天的な神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)のリスクが上がることがわかっています。

そのため、妊娠前から妊娠初期にかけては特に必要な栄養素であるとされています。一日あたりの推奨摂取量は400μgです。

葉酸は最初にほうれん草から発見されました。

その後、緑黄色野菜やレバー、豆類に多く含まれているということがわかりました。

しかし、葉酸は水溶性ビタミンであるため、水に溶けやすく、また熱にも弱く、調理や長期間の保存による酸化によって壊れてしまうという特徴があります。

そのため、食材から摂取する場合にはなるべく新鮮な材料を選び、調理時間を短くするなどの工夫が必要となるのです。

葉酸はいつから摂るべきなの?

結論から言ってしまうと、妊娠を考え始めた時から摂るべきです。

なぜなら、葉酸が最も必要とされるのは妊娠初期だからです。

この時期に胎児の神経管が作られるのですが、妊娠がわかるのは一般的に妊娠4週目以降です。

そこから飲み始めても効果は薄いとされていますので、妊娠前から積極的に葉酸を摂取しておきたいものです。

また、妊活中の女性にとって葉酸を摂ることは大いに意味の有ることです。葉酸には細胞の働きを保ち、血液や新しい細胞をつくる働きがあります。

つまり、葉酸は子宮内膜を強化して、受精卵が子宮に着床するのを助けるのです。

漢方には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や当帰養血精(とうきようけっせい)というものがあり、これらは血を増やす目的でよく使用されます。

これらの漢方の原料である当帰(とうき)という生薬(しょうやく)には葉酸が多く含まれており、中国では女性がなかなか妊娠しない場合には実家に帰って当帰を飲んでくるという習慣があったと伝えられています。

事ほど左様に葉酸には妊娠を助ける作用があるのです。

また、流産の予防になるとも言われていますので、妊娠前からぜひ摂っておきたいものです。

葉酸を摂るべきなのは妊娠初期だけじゃないの?

葉酸が妊娠初期に特に必要ということは繰り返しお伝えしてきました。それでは、妊娠初期を過ぎた後はいつまで飲むべきなのでしょうか。

一般的には妊娠4ヶ月目(16週)までが葉酸を特に必要とする時期とされていますが、産婦人科の指導は病院によってまちまちです。

16週までと指導しているところ、28週までと指導しているところ、産後まで飲み続けるべきと指導しているところなどがあります。

実は葉酸は妊娠初期だけではなく、産後に至るまでの妊娠全期間と、授乳期にも必要な栄養素なのです。

その理由を次に見ていきましょう。

葉酸の妊娠初期の役割

これまで見てきたように葉酸は妊娠初期においては胎児がうまれつき神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)という病気になるリスクを下げる効果があるということがわかっています。それでは、妊娠中期以降はどうでしょうか。

葉酸の妊娠中期・妊娠後期の役割

妊娠中期・妊娠後期には妊娠初期よりもさらに多くの血液が胎児へと運ばれます。

妊娠していないひとでも葉酸が不足してしまうと悪性貧血になってしまうことがあるほど、葉酸は血液を正常に保つはたらきがあります。

胎児に血液を大量に送っているこの時期は、もともと母体に回る血液が少なくなってしまいがち。

母体にとっても胎児にとっても必要な血液ですから、良い状態にしておきたいものです。そのためにも葉酸を必要なだけ摂取しておくことが大切です。
【参考URL】

葉酸は中期以降の妊娠高血圧症症候群(にんしんこうけつあつしょうしょうこうぐん)を防ぐ

また、葉酸には妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)を防ぐ効果が期待されています。

妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)とは、かつては妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう)と呼ばれていました。

この病気の症状は、妊娠初期には高くなかった血圧が、妊娠中期から産後までのあいだ上昇してしまうというものです。

高血圧に蛋白尿を伴う場合もあります。お母さんにとっては血圧が上がることで危険な状態となります。

また、母親が妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)にかかると、胎児はお腹の中でなかなか大きくなることができずに、成長がゆっくりになったり、止まってしまったりします。

ひどい場合には予定日よりずっと早くにに帝王切開で出産しなければならなくなります。

このように母子ともに危険な状態になってしまうのが妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)です。

前の妊娠の時に妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)にかかった人は、お医者さんの指導のもと血液をさらさらにする薬などで予防することもあります。

しかし、妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)になりやすいと言われていないひとの場合でも、突然血圧が上がってこの病気になることがあります。

その場合でもきちんと葉酸を摂取することで予防できる可能性がありますので、妊娠中期以降も葉酸は摂取すべきと言えます。

葉酸の授乳期の役割

さらに、授乳期においても葉酸は重要な役割を果たします。よく知られているように、母乳の原料は血液です。

誤解を恐れずに言えば、授乳中は継続的に血液が外に出て行ってしまっているような状態です。

それでなくても出産時に大量の血液を排出していますので、産後は特に血が足りなくなる時期でもあります。

近年、母乳が赤ちゃんに与える効果や良い影響がわかってきて、完全母乳で子どもを育てたいと望むお母さんが増えています。

赤ちゃんに十分な母乳を与えるために、体内の血液の質を良くし、量を増やしておくことは大切なことです。

葉酸には血液をつくる働きがありますので、授乳中にも摂取が必要なのです。

妊娠後期に過剰摂取すると赤ちゃんが喘息になるって本当?

妊娠後期に葉酸を取りすぎてはいけないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

葉酸の取りすぎは皮膚の発赤(はっせき)や紅斑(こうはん)、かゆみなどの副作用を招くとされていますが、特に妊娠後期に過剰摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが喘息になりやすくなるという研究報告があります。

しかし、ここでいう過剰摂取とは、サプリメントなどの合成葉酸を一日あたり1000μgも摂取した場合です。

通常摂取するのは妊娠前や妊娠初期でも400μgです。規定量の倍量以上を毎日摂ってしまうようなことがなければ問題ありません。

効果的に葉酸を摂取するために

ちなみに、食べ物から得られる天然葉酸については過剰摂取を心配する必要はないと言えます。

なぜ食べ物に含まれる葉酸については過剰摂取を心配しなくていいのかというと、葉酸の壊れやすさ、吸収されにくさに起因します。

葉酸は水に溶けやすく、熱に弱いため、調理の過程で失われやすく、また体内で吸収されるのは1/2程度と言われています。

一日あたり1000μgの葉酸を食事から摂取することは物理的にほぼ不可能です。そもそも、一日あたりの推奨摂取量である400μgでさえ、食材からの摂取は難しいのです。

葉酸を効果的に摂取するため、厚生労働省は食事からの摂取だけではなく、サプリメントなどの栄養補助食品の利用を積極的に取り入れるように指導しています

合成葉酸はモノグルタミン酸型葉酸とも呼ばれていて、ポリグルタミン酸型葉酸という天然型に比べ、体内で効率よく吸収されます。

厚生労働省が摂取をすすめているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。

さらに、胎児の安全を考えるなら、品質が一定に保たれるGMP認定工場で製造されているものがおすすめです。

これらの条件を満たすサプリメントには、ベルタ葉酸サプリなどがあります。

これは合成葉酸であるモノグルタミン酸を酵母で培養させてつくられた葉酸のサプリメントです。

また、カルシウムや鉄分、ミネラルなども配合されていますし、残留農薬検査・放射能検査済です。定期購入によってお得に入手することができます。

他にもさまざまなサプリメントが出ていますので、自分にあったものを選んで、産前から産後まで摂取を続けたいものですね。

【参考URL】

関連記事

  1. ベルタ葉酸サプリを KOUママがレポートします。
  2. KOUママがレポートします。
  3. 妊娠したら摂りたい葉酸 やっぱり天然がいいの?
  4. 葉酸って妊娠前から摂取したほうがいいってホント?
  5. 妊婦さんはぜひ摂取を!葉酸サプリメントの選び方
  6. プレママ必見!血管を若返らせる葉酸入りのレシピとは
  7. 排卵検査薬を使っても妊娠しない時に考えられること
  8. 妊娠するには、排卵検査薬の使用が効果的
  9. 排卵検査薬で知る排卵日とはどんな日?
  10. 基礎体温が下がる時も妊娠の可能性はゼロじゃない