赤ちゃんようこそ.com > 子作り・妊娠準備 > 妊婦さんはぜひ摂取を!葉酸サプリメントの選び方

妊婦さんはぜひ摂取を!葉酸サプリメントの選び方

妊娠期間中に必要な栄養素はたくさんあります。

カルシウムや鉄分、ミネラル、亜鉛、DHA/EPA、そして葉酸です。

妊娠を考えている人や、妊娠したことがある人は、葉酸の摂取をおすすめする情報に触れたことがあるのではないでしょうか。

しかし、同時にいろいろな疑問も湧いてきます。

葉酸のサプリメントを飲んだほうがいいとはいうけれど、どうして飲まないといけないの?どうしてサプリメントがいいの?どんなサプリメントがおすすめなの?

ここでは、そんな葉酸のサプリメントに対する疑問にお答えしていきます。

葉酸はどうして必要なの?

葉酸とは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンです。細胞分裂を促したり、悪性貧血を防ぐ働きがあり、血液を作るのに欠かせない栄養素です。

妊娠初期の女性に葉酸が不足すると、胎児が二分脊椎症(にぶんせきついしょう)など先天性の神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)を起こすリスクが上がることがわかりました。

引用:ナースフル 図版参照

そこで、妊娠前から妊娠初期にかけて、葉酸を必要な量摂取したところ、この神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)のリスク低減という効果が得られたのです。

そのため、妊娠を考えている女性や、妊娠中の女性は、一般の人の推奨摂取量(すいしょうせっしゅりょう)の倍にあたる、400μgを一日に摂取するようにすすめられるようになりました。

どうしてサプリメントでの摂取がおすすめなの?

葉酸はビタミンですので、食事から摂取することも可能です。

葉酸を多く含んでいる食材は、緑黄色野菜、レバー、豆類です。

しかし、熱に弱く、水に溶けやすい、長期間の保存の際に失われやすいといった特徴を持つ葉酸を、日本人の標準的な食事から摂取するのはかなり難しいと言われています。

特に妊娠期の推奨摂取量(すいしょうせっしゅりょう)は通常に比べて多いので、サプリメントなど栄養補助食品を上手に利用して、十分な量を摂取すべきなのです。

葉酸を過剰摂取すると赤ちゃんの喘息を引き起こす可能性がありますが、一日あたりの摂取量を守ってサプリメントを飲む場合には心配する必要はありません。

サプリメントを選ぶ基準

初めて葉酸のサプリメントを選ぶとき、種類も価格もいろいろで、迷うのではないでしょうか。

胎児の安全と健康を考えたとき、どのような基準でサプリメントを選ぶのが良いのかという点について考えていきましょう。

1.天然葉酸と合成葉酸

引用:妊娠しやすいカラダづくり 図版参照

食材から摂取する葉酸は天然葉酸です。これは、ポリグルタミン酸型葉酸とも呼ばれています。

ポリグルタミン酸型葉酸は、体内での吸収率が低く、摂取した量の半分程度しか吸収されません。

これに対し、モノグルタミン酸型葉酸と呼ばれる合成葉酸は体内での吸収率が85%と高く、吸収効率がいいと言われています。厚生労働省が摂取をすすめているのもこの合成葉酸です。

2.GMP認定工場で製造

GMPとは、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにするための基準のことです。

GMP認定工場でつくられた製品には、GMPマークがついていますので、安全で品質の保たれたサプリメントを探す際の手がかりになります。

3.ミネラル、ビタミン、鉄分、カルシウムなど、妊娠中に不足しがちな栄養素が必要な量取れる

妊娠中に摂るべき栄養素がまとめてとれれば、手間も省け、サプリメントを摂りやすくなります。

それに、厚生労働省は健康食品の使用に際して、いくつもの製品を同時に使用しないように呼びかけています。

これは、含まれている成分同士がお互いにどのように反応し合うのかが未解明のものが多いからです。

こういった観点からも、葉酸にプラスして、必要な栄養素が過不足なく摂れるサプリメントを選びたいところです。

4.放射能や残留農薬は大丈夫?

お腹のなかの赤ちゃんに届く栄養素ですので、できるだけ有害な物質が入っていないものを選びましょう。

原材料の安全性という観点では、放射能検査をしているもの、無農薬の野菜を原料にしているもの、または残留農薬検査をしているサプリメントがおすすめです。

5.着色料などの添加物を使っていない

着色料や人工甘味料、香料などの本来の役割から考えると不要な添加物を使っていないこともポイントです。

製造過程で必要な添加物で、なおかつ安全性が確立しているもののみ使用しているサプリメントを選びましょう。

また、無添加というと健康的な感じがしますが、無添加の商品にも気をつけないといけないことがあります。

  • 品質が一定にならないことがある
  • アレルギーの原因になることがある
  • 有害物質や不純物が取り除けていない可能性がある

必ずしも無添加が良いとも言い切れないのです。このようなデメリットがあることも知ったうえでサプリメントを選びたいですね。
【参考URL】

どのサプリメントがおすすめなの?

これらの条件をもとに、おすすめのサプリメントをご紹介します。サプリ選びの参考にしてください。

  • 合成葉酸
  • GMP認定工場にて製造
  • 27種類のビタミン・ミネラルを配合
  • 着色料、人工甘味料、香料の使用なし
  • 放射能検査 あり
  • 残留農薬検査 あり

上で見てきた5つのポイントすべてをクリアしているのがベルタ葉酸サプリです。

葉酸400μgに加え、ビタミンB12nなどを含む27種類のビタミンとミネラルを含んでいます。

また、鉄分16mg、カルシウム232mgと妊娠期に必要な栄養素を必要な分だけ配合しているのが大きなポイントです。

ベルタ葉酸サプリは合成葉酸を酵母で培養させたものですので、吸収効率のよいモノグルタミン酸型葉酸です。

定期便を利用すると一回あたり2000円お得に入手できます。

  • 天然葉酸
  • GMP認定工場にて製造
  • 27種類のビタミン・ミネラルを配合
  • 合成添加物、保存料の使用なし
  • 放射能検査 あり
  • 残留農薬検査 不明

天然素材を100%使用した葉酸サプリメントです。

天然葉酸を使用していますので、合成葉酸よりも吸収率は低くなります。

葉酸400μgに加え、27種類のビタミンとミネラルを含んでいます。

また、天然無添加のDHA138mg、EPA15mgを配合しているのが特徴です。

DHA、EPAはマグロやカツオなどの青魚に含まれるオメガ3系脂肪酸で、妊娠中、授乳中に摂取すると赤ちゃんの脳神経の発達を促進すると言われています。

毎月お届けコース(6ヶ月以上の受け取りが必須)を使えば20%offになります。

  • 合成葉酸
  • GMP認定工場にて製造
  • 8種類のビタミン・4種類のミネラルを配合
  • 放射能検査(放射性セシウムスクリーニング検査) あり
  • 残留農薬検査 不明

葉酸400μgに加え、カルシウム、鉄、8種類のビタミン、4種類のミネラルを配合しています。

また、つわりで大きいものを飲み込めないなどの声を反映して、サプリの形状を小さく変更するなど、改善を続けています。

合成葉酸を使用しているという点に加え、ここでご紹介しているサプリメントの中ではコストパフォーマンスが高いのも魅力です。

3ヶ月分、6ヶ月分をまとめて購入するとお得なセット販売も行われています。

  • 天然葉酸
  • GMP認定工場にて製造
  • 15種類のビタミン・ミネラルを配合
  • 添加物の使用なし
  • 放射能検査 不明
  • 原料は無農薬野菜

13種類の無農薬野菜を原料に作られた葉酸サプリメントです。

葉酸400μgに加え、15種類のビタミンとミネラルを含んでいます。

また、鉄分15mg、カルシウム210mgを配合しています。

添加物を使用せず、野菜の粉末でサプリメントの粒を固めている点が大きな特徴といえます。

定期便を使うと通常より2268円お得に入手できます。

  • 天然葉酸
  • GMP認定工場にて製造
  • 40種類i以上の栄養素
  • 添加物の使用なし
  • 放射能検査 あり
  • 残留農薬検査 不明

103種類の野菜と果物を原料に作られた葉酸サプリメントです。

40種類以上の栄養素を配合していますが、含有量は不明です。

天然葉酸を使用しているので、合成葉酸よりは吸収効率は下がります。

とくとくコース(6ヶ月以上の継続が必要)を利用すると2回目以降10%offになります。

最後に

葉酸サプリメントの選び方とおすすめのサプリを見てきました。一口に葉酸サプリメントと言ってもここにあげた5種類だけでも、様々な特徴がありましたね。

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも安全なサプリメントを選びたいもの。他にも様々なサプリメントが出ていますので、比較しながら納得のいくものを選びましょう。
【参考URL】

関連記事

  1. ベルタ葉酸サプリを KOUママがレポートします。
  2. KOUママがレポートします。
  3. 妊娠したら摂りたい葉酸 やっぱり天然がいいの?
  4. 葉酸って妊娠前から摂取したほうがいいってホント?
  5. 葉酸はいつからいつまで飲むべき?
  6. プレママ必見!血管を若返らせる葉酸入りのレシピとは
  7. 排卵検査薬を使っても妊娠しない時に考えられること
  8. 妊娠するには、排卵検査薬の使用が効果的
  9. 排卵検査薬で知る排卵日とはどんな日?
  10. 基礎体温が下がる時も妊娠の可能性はゼロじゃない