赤ちゃんようこそ.com > 妊娠初期(1~4ヵ月) > 妊娠1ヶ月のママについて

妊娠1ヶ月のママについて

妊娠1ヶ月の時は、ほとんどの方がまだ妊娠には気付いていません。しかし、身体の中では、すでに様々な変化が起きています。

どんな変化が起きているのか、そして、後にどんな症状が現れるか等、妊娠1ヶ月のママの状態についてまとめてみました。

妊娠1ヶ月とは

妊娠1ヶ月とは、妊娠0週,1週,2週,3週のこと指し、この時期を妊娠初期と呼びます。

生理周期が規則正しい人や、基礎体温を測って自分の身体のリズムを把握している人は、「妊娠したかも?」と思うかもしれませんが、ほとんどの人は「生理が遅れているのかな?」と思うくらいだと思います。

まだこの時期には妊娠の自覚症状はなく、気付いていない人がほとんどです。

妊娠週数の数え方

引用:ママくるアイランド 図版参照 (クリックすると拡大します。)

日本では、妊娠する前の、最終月経の開始日を妊娠0日目として数えます。

ですから、次の生理の予定日にはすでに妊娠しており、その時点で妊娠1ヶ月を経過しています

しかし、実際には排卵は最後の生理の約2週間後にあり、そこで受精が行われます。

赤ちゃんの命が誕生するのは、生理約2週間後に受精が行われた時になります。

そう考えると、妊娠0週と1週の時点では、まだ赤ちゃんはお腹の中にないことになります。

妊娠する過程について

引用:慶應義塾大学病院 KOMPAS 図版参照 (クリックすると拡大します。)

規則正しい生理周期の人は、約28日に1度排卵があります。

この時に、卵巣から排卵される卵子はたった1個です。そして、長くて24時間ほどしか生きられません。

ですから、排卵前の1週間は妊娠するためにとても大切な週です。この1週間に行為を持たないと、妊娠はしません。

そして、精子の寿命期間は2日~3日程度しかないので、実際には排卵前の2日~3日しか妊娠するタイミングがないと言えます。

1億から2億個もの精子が卵子を目指して進んでいきますが、実際に卵子にたどり着ける精子は約数百個です。そして、卵子を包んでいる膜を破り卵子の中に入る精子は、たった一つです。

これを受精といいます。

受精卵ができると、子宮の内膜は、卵巣からのホルモンの働きにより、柔らかく、厚くなっていきます。受精卵は細胞分裂を繰り返し子宮にたどり着きます。そして、受け入れ態勢を整えていた子宮内膜の一箇所くっつき、母体としっかり結びつきます。

これが着床です。排卵から7~11日後に着床が完了します。着床をすることにより妊娠が成立します。

妊娠の確率について

不妊要素がない方達が排卵日にタイミングを合わせても、妊娠の確率は約20~30%です。そして、ストレスであったり、高齢、また不妊原因が関わってくることにより、実際の妊娠確率はもう少し低い割合となります。

また、不妊要素がない方達がタイミングを合わせて妊娠を試みても、妊娠するまでの平均期間は約半年間はかかるようです。

私自身も、妊娠を望んでから婦人科で子宮の状態を診てもらって異常がなく、基礎体温を測りタイミングを取るようになってから約半年で妊娠しました。

また、妊娠4か月までに起こる流産を初期流産といい、その確率は約10から15%ですが、そのほとんどがママに原因があるものではないので、自分を責めたりしないようにしましょう。

年齢 1周期の妊娠率 1年以内の妊娠率
25歳 25〜30% 80%
30歳 25〜30% 60%
35歳 18% 50%
40歳 5% 40%
45歳 1% 5%

子宮外妊娠について

引用:SmartHospital 図版参照 (クリックすると拡大します。)

子宮外妊娠とは、受精卵が子宮以外の場所で着床してしまうことで、これを異常妊娠といいます。

約1~2%くらいの割合で、どの方にも起きる可能性があるものです。

その多くが、卵管で着床してしまう卵管妊娠のようです。

子宮外妊娠でも検査をすれば陽性反応が出ます。そして、つわりや胸が張る方などの妊娠初期の症状も現れます。

しかし、子宮以外での着床は、残念ながら正常妊娠にする治療等はなく、早めに受精卵を取り除かなければなりません。

【参考URL】

妊娠の兆候について

妊娠の初期症状には、個人差がありますが、以下のようなものがあります。

  • 胸がはる
  • 微熱が出たりだるくなったりする
  • 頭痛がする
  • 肌が荒れる
  • 下痢になる
  • 眠気が出てくる
  • 生理痛のような下腹部が痛む等

引用:ナースが教える仕事術  図版参照 (クリックすると拡大します。)

しかし、これらの症状は、生理前に起こる症状とも重なるので、妊娠を望んで基礎体温を測りながらタイミングをとっていたり、不妊治療を行っている人にとっては「妊娠したかも?」と期待する症状でもありますが、そうでない場合は、「そろそろ生理が始まるかな?」、と思う人がほとんどです。

基礎体温を測っている人の場合は、妊娠していると、生理が始まると下がる体温が下がらずにそのまま高温期が続くので、そのような点からも、妊娠の可能性を知ることができます。

妊娠1ヶ月の母体の中では

引用:妊娠初期症状  図版参照 (クリックすると拡大します。)

ママ自身はまだ妊娠に気づいていない人がほとんどですが、お腹の中ではすでに変化がおきており、新しい命が確実に育ち始めています。

妊娠だと気付く症状はほとんど出ませんが、中には、受精卵が子宮に着床する時に、絨毛という植物の根っこのようなものが子宮壁を傷つけることがあり、そのために軽い痛みや出血をする場合があります。

この出血を着床出血といいます。

この着床出血が起こる割合は、全体の1,2割と少ないです。

妊娠検査薬について

妊娠0日目(最後の月経の開始日)に使用できる妊娠検査薬もあり、性能もとても良いので、妊娠0日目で妊娠しているかどうか自分で確認することもできます。

しかし、この時点で病院にいっても、まだ赤ちゃんの袋(胎嚢)は確認できないので、受診は妊娠4週から5週くらいまで待ちましょう。また、先にも述べましたが、子宮外妊娠だったとしても、検査薬は陽性として反応します。

妊娠確定について

妊娠4週から5週あたりに胎嚢が確認でき、胎嚢・胎芽・心拍の3つを確認できた時点で妊娠が確定します。ですから、妊娠1ヶ月では、まだ確実に妊娠確定をすることはできません。

つわりについて

平均的には、妊娠6週目から7週目あたりからつわりが始まる人が多いようです。しかし、個人差があり、もっと早くから始まる人もいます。

中には,妊娠0日目からそのような症状が出ることもあります。実際に私自身も、最後の月経の開始日(妊娠0日目)からそのような症状がありました。

気持ち悪さやだるさがありましたが、その時にはまだ妊娠しているとは気づいていなかったので、「食べすぎたかな。」とか「そろそろ生理が始まるかな。」くらいにしか思っていませんでした。

後から考えると、それがつわりの始まりでした。

この時期の注意点

妊娠を望んでいる人であれば、まだ何の兆候もなく妊娠が確定していなくても、気を付けておいた方がよいことを、知識として身につけておきましょう。

例えば、アルコールやたばこ、カフェインは避けるようにします。また、薬の服用も医師や薬剤師に「妊娠している可能性がある」ということを伝えます。

それから、影響は少ないとは言われていますが、レントゲン検査(X線検査)は避けておいた方が、心配要因が減るので止めておきましょう。

少しでも体調がいつもと違うと感じたら、激しい運動なども、体調と相談しながらした方が無難です。

まとめに

この時期は、妊娠を希望する人にとっては次の生理が気になり、神経質になってしまう時期でもあります。しかし、あまり深く考えすぎて、ストレスを感じないように心がけましょう。

不安な気持ちなどは、パートナーに聞いてもらうのも良いと思います。妊娠出産は、ママ一人で行うものではなく、夫婦二人で行うものです。

ですから、妊娠についての思いや疑問、不安など、なんでも話せる関係性を作っておくことは、のちに待っている育児にも影響してくると思います。

一緒に子供を育てていく、スタート地点です。妊娠1ヶ月は、自分自身の身体が赤ちゃんを育てるという準備を意識して整える時期でもあります。

生活が不規則な人や喫煙をしている人などは、生活を見直し、受入れ体制を整えておくことを心掛けましょう。

【参考URL】

関連記事

  1. 妊娠初期に必須!葉酸を多く含む食材と理想的な摂り方
  2. 妊娠4ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠4ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠初期の痔
  5. 妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子について
  6. 妊娠3ヶ月のママの様子について
  7. 妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子について
  8. 妊娠中や産後に必要な栄養素「ω3(オメガ3)脂肪酸」の取り方
  9. エコーに映る我が子の頭がモヤモヤ・・・無脳症とは。
  10. 妊娠2ヶ月のママの様子について