赤ちゃんようこそ.com > 妊娠初期(1~4ヵ月) > 妊娠2ヶ月のママの様子について

妊娠2ヶ月のママの様子について

妊娠2ヶ月目に入ると、妊娠の様々な症状が出てきて、妊娠に気づく時期でもあります。

どのような変化が出て来るのか、また、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

妊娠2か月目のママの様子についてまとめました。

妊娠2ヶ月とは

妊娠2ヶ月目は、妊娠4週、5週、6週、7週のことを指します。

7週目あたりには、子宮の大きさは鶏卵の約1.5倍の大きさになっています。
生理が規則正しい人は、4週0日が次の月経開始予定日になります。

多くの方が、一週間くらい月経が遅れている頃に検査薬を試すようですが、この月経開始予定日に検査することができる妊娠検査薬もあり、妊娠を望んでタイミングを取っていた方などは、この早い時期に使用し、妊娠の有無を確認することができます。

ただし、その妊娠が子宮外妊娠の場合でも、検査薬では陽性反応がでます。

妊娠兆候の症状について

この時期には、様々な妊娠初期症状が現れてきますが、個人差は大きいです。
主な症状としては

  • 身体が熱っぽくなったりだるくなったりする
  • 胃がムカムカしたり、吐き気がしたりする
  • 眠気を感じるようになる
  • おりものが増える
  • イライラしたりと情緒不安定になる
  • 胸が張り痛みを感じる
  • 頻尿になる
  • 便秘や下痢になる
  • 頭痛がする

などがあります。
月経前の症状(PMS)にもとても似ています。

つわりについて

一般的につわりは6週あたりから始まり、7週から8週がピークと言われていますが、早い人では4週頃から始まる人もいます。

私自身も、生理開始予定日あたりの4週目から、気持ち悪さなどのつわりの症状が出始めました。

終わる時期も様々で、出産直前まで続く人もいます。あまりにつわりの症状が重い人は、入院になることもあります。

病院選びについて

初診を受けた病院で出産する人も多いと思います。

ですから、どんな施設で、どのような出産方法をしているかなど、予め情報収集しておいた方がよいと思います。

また、里帰り出産を考えている人は、早目に分娩予約をしておかないと、いっぱいになり断られてしまう事もあります。

妊娠が確定した時点で、分娩予約をすることをおすすめします。

大抵の病院が、本人ではなくても家族が病院に行き予約をすることができます。

私も里帰り出産経験者ですが、妊娠がわかった時点ですぐ分娩予約を取ってもらいました。

それでも、もう少し遅ければ締め切られてしまっていました。年々分娩できる病院は減ってきています。

病院に行く時期について

お腹の中に胎嚢が確認できる、妊娠5週目あたりに受診するのが最適でしょう。

早すぎると、まだ何も見えず、また来週改めてきてください、ということになることもあります。

妊娠7週くらいには心音を確認することができ、母子手帳を交付してもらうように言われます。

病院でする検査について

妊娠の有無を確認するためにする検査は、尿検査や血液検査、超音波検査等を行います。

また、医師が指を膣の中に入れ、子宮のやわらかさや、位置や形、卵巣の腫れなどを診ます。

妊娠5週あたりの超音波写真。黒い豆のようなものが胎嚢です。

このような診察で、妊娠の有無の他に、筋腫や出血はないか、また、糖尿病の疑いはないかなども確認します。

それから、問診も行います。

最終月経の開始日や月経の周期、初潮の開始年齢や過去の妊娠・出産経験について、流産・中絶の経験について、持病やアレルギー、喫煙・飲酒はしているか、親近者に高血圧や糖尿病の人がいるかなどを聞かれます。

初診で必要なものについて

  • 基礎体温表(基礎体温表をつけていた人の場合)
  • 健康保険証
  • 現金(1,2万あれば安心です)
  • ナプキン(内診で出血する人もいます)

【参考URL】

望まない妊娠だとしたら

やむを得ない理由で妊娠を諦める場合、中絶手術を受けることになります。

中絶手術を受けられるのは22週未満とされていますが、母体への負担等を考え、6週から12週を目安に行う病院が多いようです。

中絶をする決断された場合は、早目に手術を受けられた方が負担も少ないです。

この時期に気をつける事について

バランスの良い食事を心掛ける

つわりの時期は、無理をせず食べられるものを食べるようにしましょう。
つわりの軽い人やない人も中にはいます。

食事が無理なく摂れる人は、赤ちゃんの成長のためにも、自分の身体のためにも、バランスの良い食事を3食きちんと摂るようにします。

水分を摂る

水分をしっかり摂ることで、早産の原因にもなる「尿路感染症」を予防することができます。

また、つわりがひどく水分も摂れない状態の場合は、脱水になる可能性もあるので、受診して点滴など医師の指示に従います。

服装等に気をつける

締めつける服を避けたり、転倒を防ぐためにもフラットな歩きやすい靴を履くようにしましょう。

トイレを我慢しない

頻尿になる人も多いですが、尿意を我慢しないようにしましょう。尿路感染症、膀胱炎になる可能性があります。

無理のない程度に動く

同じ体制で長くいると、血行が悪くなります。つわりがひどい時は無理をしてはいけません。

軽いストレッチや気分転換に少し外を歩くなど、無理ない程度に身体を動かしましょう。

歯をよく磨く

妊娠中は、歯や歯肉のトラブルが多くなってきます。つわりで歯を磨くことが苦手になり、虫歯になってしまう人もいます。

歯の治療は、麻酔の関係等で安定期にしか受けられないことが多いので、治療を受けなくても良いように、意識してよく歯を磨くようにしましょう。

無理はしない

疲れたら、無理をせずに休みます。特にお腹の張りや出血は、赤ちゃんが苦しいよ、というメッセージを送っていると思ってください。

自分の身体の状態に注意して、変わったことがあれば受診しましょう。

薬は医師に相談してから

妊娠中は服用を避けた方がよい薬もあります。自己判断ではなく、医師に相談してから飲むようにしましょう。

流産や切迫流産について

妊娠初期は、不正出血する人も多いです。お腹の張りや痛みを伴わない少量の出血や、薄茶や黒っぽいおりものが出る程度であれば、そんなに心配する必要はありません。

しかし、痛みや張りを伴う鮮血の出血や、大量出血があった場合は、流産や切迫流産の可能性があるので、すぐに医療機関を受診しましょう。

流産は、全体の10〜15%の確率で起こると言われています。この時期の流産は、受精卵の異常など胎児側に原因がることがほとんどです。

そして、残念ながら防ぐことは難しいです。

切迫流産は、流産しかけている状態をいいます。妊娠を継続できる可能性がありますので、そのためにも変わった症状が出たら、早目に受診し、医師の診断を受けましょう。

私自身もこの時期に何度か出血をし、自宅安静を指示されたこともあり、次に出血したら赤ちゃんも流れてしまうかもしれない、と言われたこともありましたが、無事出産できました。

心音が確認できる7週くらいになると、流産する確率はぐっと減ります。

お仕事をしている方は

一般的には、パートナーなどごく身近な人以外には、安定期になってから妊娠を知らせる人が多いようですが、働いている場合は、妊娠初期は様々なトラブルが起きやすい時期でもあるので、職場の上司などに報告をしておき、いざという時に仕事のフォローをしてもらったり、休職できるような体制を整えておく方がよいでしょう。

妊娠初期に積極的に摂りたい栄養素

バランスよく栄養を摂ることが前提ですが、特にこの時期は、鉄分と葉酸を意識して多く摂るようにしましょう。

妊娠中は、赤ちゃんに優先的に鉄分を送るので、妊娠してない時よりも多くの鉄分を必要とします。

また、葉酸は細胞の生産を促す働きがあります。赤ちゃんの脳や神経がつくられる妊娠初期にとても大切な栄養素です。

食事だけで摂ることが難しい場合は、サプリメントを利用してもよいと思います。

気持ちの変化について

この時期はホルモンの関係でイライラしたりと、情緒不安定になってしまう人も多いです。

妊娠前とは違う身体の変化に戸惑ったり、ストレスになってしまうこともあるでしょう。

初めての妊娠で何もわからなくて不安、という人は、マタニティーブックを一つ持っておくのもよいかと思います。

また、周りの方にも理解やサポートも大切です。パパはママに起きている変化に気づかないこともあるので、話を聞いてもらったり、今の状況を理解してもらい、時には家事等を手伝ってもらったり、しばらくはイライラなどが続くかもしれないことを伝えておきましょう。

穏やかに過ごすことが赤ちゃんいとっても良い環境になります。せっかくのマタニティーライフのスタートです。約10ヶ月、楽しんで過ごせるといいですね。

【参考URL】

関連記事

  1. 妊娠初期に必須!葉酸を多く含む食材と理想的な摂り方
  2. 妊娠4ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠4ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠初期の痔
  5. 妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子について
  6. 妊娠3ヶ月のママの様子について
  7. 妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子について
  8. 妊娠中や産後に必要な栄養素「ω3(オメガ3)脂肪酸」の取り方
  9. エコーに映る我が子の頭がモヤモヤ・・・無脳症とは。
  10. 妊娠1ヶ月の赤ちゃんの様子について