赤ちゃんようこそ.com > 妊娠初期(1~4ヵ月) > 妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子について

妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子について

妊娠2ヶ月になると、ママにも妊娠兆候の症状があらわれ、妊娠に気づく時期です。そして、お腹の赤ちゃんも、どんどん進化をとげ成長していきます。

そんな妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子についてまとめました。

引用:グリコ 図版参照

妊娠2ヶ月とは

妊娠2ヶ月は、妊娠4週、5週、6週、7週を指します。

この4週から7週は「絶対過敏期」とも呼ばれ、赤ちゃんが形成される上で、最も大切な時期になります。

薬の服用等は慎重に行いましょう。

4週目、5週目の赤ちゃん

黒い点が胎嚢

この時期になると、1ミリ以下の粒状くらいの赤ちゃんは、約1センチに成長しています。

5週くらいになると、超音波検査で胎嚢が見えるようになり、妊娠が確定になります。

5週で胎嚢が確認できない人も中にはいますが、個人差がありますので、気を落とさずに、次の検診まで待ちましょう。

子宮内に胎嚢が確認できれば、子宮外妊娠の可能性はなくなります。そして、5週目くらいからは、すでに手が生えはじめます。

さらに、目や耳や鼻、それから心臓や血管等といった体の各器官の形成が始まります。

妊娠6週目の赤ちゃん

妊娠5週に胎嚢が確認できなかった人でも、正常妊娠をしているのであれば、妊娠6週には胎嚢を確認できるはずです。

そして、妊娠6週くらいになると、超音波検査で心拍を確認することができるようになります。

心拍が確認できると、流産の確率は約15%から5%へとぐんと下がります。また、胎嚢の中に、卵黄嚢を確認できるようになります。

卵黄嚢とは、赤ちゃんのお弁当袋とも呼ばれ、胎盤が完成するまで、この卵黄嚢から栄養をもらいます。

胎盤ができてくるにつれて、だんだんと小さくなります。それから、水かきのようなものができ、だんだんと手や足も形成されていくのも、この6週くらいからです。

また、お腹の赤ちゃんの性別は受精時にすでに決まっていますが、この頃から生殖器の形成も始まります。

男の子だと精巣と身体の内側にある内性器、女の子だと卵巣のみで、外性器が形成されるには、まだ先です。

誰もが知りたい出産予定日も、この頃には判明します。あくまで予定であり、前後する人がほとんどですが、おおよその予定として、その日あたりに合わせて計画的に過ごすことができるようになりますね。

妊娠7週目の赤ちゃん

二頭身になり人らしい形になってきた赤ちゃん

6週目に心拍が確認できなかった人も、7週目には大抵の人が心拍を確認できるでしょう。この時期は、心臓の形成はほぼ終えているのですよ。

妊娠7週目あたりの赤ちゃんの成長はとても目覚ましく、頭と胴体の二頭身になり、より人間らしい形になってきます。

7週目あたりは器官形成期とも呼ばれ、手と足の区別ができるようになます。また、心臓や肝臓、胃腸や腎臓などの臓器もできてきます。腎臓は尿を作り始めようともし始めます。

脳や脊髄、目や耳の神経などが急速に発達する時期でもあります。そして、これまで1つの部屋しかなかった心臓も、この週には2つの心房と2つの心室に分かれ、血液を身体に送り込む働きが出来るようになります。

へその緒の元になる、重要な器官が形成されるのもこの時期です。だんだんと人らしくなってきている赤ちゃんですが、この時期は、まだ胎芽と呼ばれ、細胞のような状態です。

7週の終わりには、魚のしっぽのような形をしたものが、だんだんと退化していきます。大きさは約2センチ、重さは約4グラムになっています。

赤ちゃんの測り方は、頭の先からお尻の先までを測る「頭殿長」という方法で測定をします。

赤ちゃんの形成について

生物の発達は頭部から形成されていきますが、人間の赤ちゃんも、脳が出来てから他の器官、上唇が出来て下唇、腕が出来てから足といったように、この原則に従って様々な器官が形成されていきます。

【参考URL】

大事な時期です

このように、妊娠2ヶ月目は、重要な器官が形成される時期でもあります。

そして、つわりが始まったり、エコー写真で人のような二頭身の形をした赤ちゃんをみることができたりと、妊娠をより実感できる時期でもありますね。

ママ自身も、まだお腹の大きさに変化はほぼありませんが、つわりなどの妊娠症状が現れて、大抵の人が妊娠に気づいているはずですから、赤ちゃんことを思い、様々なことに注意しなければいけません。

たとえば、薬の服用は、市販の薬でも指示通り服用していれば影響は少ないとは言われていますが、医師の指示を仰ぐなど慎重に服用するようにしましょう。

また、飲酒や喫煙はもちろんのこと、カフェインの摂取も控えるようにしましょう。
栄養ドリンクも、たいていの物にカフェインが入っていますよ。

受動喫煙にも注意します。

そして、ビタミンAの過剰摂取にも気をつけましょう。奇形が起きるリスクが高いと言われています。

気持ちをゆったりと持って

初めての妊娠の方は、不安や心配も大きいかもしれません。そして、ホルモンの影響で、気持ちが不安定になりがちになる時期でもありますが、できるだけゆったりとした気持ちで、毎日を過ごすようにしましょう。

くれぐれも、激しい運動をしたり、重い物を持ったりと、お腹の赤ちゃんに影響を与えるようなことはしないように気をつけながら生活をしましょうね。

しかし、「煙草を吸っていた人の近くに居てしまった。」「コーヒーを飲んでしまった。」「走ってしまった。」などと、注意した方がよいと言われたことをしてしまったとしても、気にしすぎないようにしてください。

ストレスも、赤ちゃんにはよくないですよ。

心拍が確認され、妊娠が確認されると、ほとんどの医師が母子手帳の発行許可を出してくれます。

つわりが酷かったりと自分でもらいに行くのが大変な場合は、代理人でも母子手帳を発行してもらうことができます。

母子手帳を手にすると、より妊娠を身近に感じ、妊婦としての自覚が出てくることでしょう。

この先、赤ちゃんもどんどん成長し、ママ自身もお腹が出てきたりと、出産まで様々な変化をし続けます。

とまどうこともあるかもしれませんが、成長の過程はエコーで見ることができますし、どんどん人らしくなる赤ちゃんの姿を楽しみに、検診も忘れずに受けるようにしましょう。

エコー写真でのアルバム作りはおすすめ

検診に行くたびにエコー写真をもらえると思います。そのままだと色褪せてしまうので、カラーコピーをしてから、アルバムに収めてその時のママの気持ちも綴る、アルバム作りはおすすめです。

最初は小さな豆粒だった赤ちゃんが、生まれる頃にはエコー写真に全身が写らないくらい大きくなりタイミングによっては、お腹の中で指しゃぶりをしているような写真が撮れることもありますよ。

私も作っていました。

二人目を妊娠していた時も、一人目のアルバムを見て、「この週数の頃はこんなことを考えたり悩んだりしていたのだな。」と思い返したり、今でも懐かしくて見返したりしています。

パパにも気持ちを書き込んでもらうのもいいですね。

【参考URL】

関連記事

  1. 妊娠初期に必須!葉酸を多く含む食材と理想的な摂り方
  2. 妊娠4ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠4ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠初期の痔
  5. 妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子について
  6. 妊娠3ヶ月のママの様子について
  7. 妊娠中や産後に必要な栄養素「ω3(オメガ3)脂肪酸」の取り方
  8. エコーに映る我が子の頭がモヤモヤ・・・無脳症とは。
  9. 妊娠2ヶ月のママの様子について
  10. 妊娠1ヶ月の赤ちゃんの様子について