赤ちゃんようこそ.com > 妊娠初期(1~4ヵ月) > 妊娠3ヶ月のママの様子について

妊娠3ヶ月のママの様子について

妊娠3ヶ月目は、多くの方がつわりに苦しむ時期でもあります。

しかし、エコーで動く赤ちゃんを見ることができたり、お腹に膨らみを感じ始めたりと、妊婦としての実感をより強く感じ始める時期でもあります。

妊娠3ヶ月目のママの様子についてまとめました。

妊娠3ヶ月とは

妊娠3ヶ月目は、妊娠8週・9週・10週・11週のことを指します。

この時期に、子宮はグレープフルーツくらいの大きさになり、お腹の膨らみを感じ始める人もいます。

また、赤ちゃんは胎芽から胎児と呼ばれるようになります。

つわりがピークに

引用:gooベビー 図版参照

つわりは妊婦さんの約50%から80%が経験すると言われ、早い人は4週あたりから始まります。

そして、個人差はありますが、多くの妊婦さんが8週から11週につわりのピークを迎えます。

妊娠3ヶ月目はつわりが一番辛く、ママにとっても乗り越えなくてはならない最初の壁に当たる人も多いでしょう。

中には、出産するまでつわりの症状が続く人もいます。

つわり対策について

つわりの症状は、嘔吐や吐き気、胸焼けなど人それぞれですが、その人に合ったつわり症状を軽減させる方法がきっとあるので、つわりに効く、と言われるものは積極的に試してみるのも良いと思います。

つわり対策については、以下のようなものがあります。

食べたい物を食べる

食べ物に対し、妊娠前とは異なった好みになる人も多いです。受付けない物は無理に食べずに、食べられる物を食べるようにしましょう。

この時期は、母体に蓄えられていた栄養で赤ちゃんは育つので、「食べないと赤ちゃんに影響が・・。」と心配しなくても大丈夫です。

腹八分目に

食べつわりの人は、食べている間はつわり症状が治まるので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

しかし、食べ過ぎると結局気持ち悪くなってしまうので、小分けにしてちょこちょこ食べるようにし、腹八分目を意識しましょう。

水分はしっかり摂る

食べ物がなかなか食べられなくても、水分はしっかりと摂るようにしましょう。つわりの時期だけ、水が受けつけなくなり、スポーツドリンクや炭酸水だけは飲めた、という人もいます。

脱水症状にならないように気を付けます。

氷を舐める

つわりには、口の中がネバネバして気持ち悪くなる人もいます。氷を舐めていると、すっきりしますし水分補給にもなります。

リフレッシュ効果もあります。

気分転換法を見つける

アロマの香りでリフレッシュする、散歩をする、好きな音楽を聞く、お風呂にゆっくり浸かるなど、自分に合ったリラックス方法があるはずです。

リラックスすると、つわりも和らぎます。また、何か没頭できるものがあると、その間だけはつわり症状がなくなる、という人も多いです。

お仕事をしている方は、不思議と仕事中はつわりの症状がでない、という話もよく聞きます。

考えすぎない

「気持ち悪い・・・。」とつわりのことばかり考えていると、頭からずっとつわりの事が離れません。全く違うことを考えてみるのもおすすめです。

水分も摂れないほど酷い場合

嘔吐等が続き、さらに水分も摂れないくらい酷いつわりの症状の場合は、脱水症状にもなっているかもしれないので、産婦人科を受診してください。

点滴等適切な処置をしてくれます。あまりに酷い状態と判断された場合は、入院になることもあります。

【参考URL】

<私の体験談>

私の場合は、食べつわりでした。

食べられなくなった物はありませんでしたが、異様にフライドポテトが食べたくなったりと、好みの変化もありました。

しかし、急激な体重増加も気になっていたので、少量をちょこちょこ食べるようにしていました。

一口大のおにぎりを用意しておき、いつでも口に放り込めるようにしたり、どうせ食べるなら、と、鉄分の入っているウエハースなども食べていました。

また、水よりもスポーツドリンクの方が飲みやすく、低カロリーのスポーツドリンクを常に持ち歩いていました。

妊娠8週目

赤ちゃんが胎芽から胎児と呼ばれるようになります。心音もしっかりと聞こえるようになります。赤ちゃんは2センチくらいとまだまだ小さいですが、子宮がどんどん大きくなるので、腸や膀胱が圧迫されて、便秘や頻尿になりやすいです。

また、おっぱいが張ったり、乳首が黒ずんできたりといった変化が起き始めてくる人もいます。

妊娠9週目

人らしくなってきた9週目の赤ちゃんのエコー

まだつわりが続き、ママにとっては苦しい時期です。

しかし、エコーで見る赤ちゃんはすっかり人間らしくなってきて、「お腹に赤ちゃんがいる。」と強く実感できる時期でもあります。

つわりには必ず終わりがきます。もう少しの辛抱です。

妊娠10週目

つわりのピークが過ぎて、だんだんと楽になってくる人も多いでしょう。

つわりが治まってきた人は、体重コントロールも頭に入れて、栄養バランスを考えて食事を摂るようにしていきましょう。

また、妊娠10週目くらいからは、羊水検査、母体血清マーカーテストなどの出生前診断が可能になってきます。初産が35歳以上の高齢出産になる人は、この出生前診断を医師から勧められることもあるようです。

しかし、これらの検査は保険適用外で実費になることもあるので、ご夫婦でよく相談して決めるようにしましょう。それから、この時期は母体の血液量が増えるので血管が浮出る症状が現れますが、心配はいりません。

血液量が増えると、足がだるくなったり疲れやすくなったりしますので、軽くマッサージをしたり、寝る時は足を少し高くするなどの工夫をしてみましょう。

そして、妊娠10週目は、赤ちゃんの神経系が発達する時期でもあります。

その中でも、特に脳の発達には葉酸が必要と言われています。ですから、積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

食材だとブロッコリーやアスパラ、いちごなどがありますが、食事だけではうまく摂取できない場合は、サプリメントもうまく利用しましょう。

妊娠11週目

つわりのピークが過ぎ、楽になってくる人が多いでしょう。また、この時期は眠気を誘発するホルモンが出やすく、一日中眠い、という人も多くいます。

そんな時は、無理をせずに身体を休めるようにしましょう。

妊娠3ヶ月目に出る症状と気をつけたいこと

つわり症状や便秘・頻尿の他にも、子宮が大きくなることで、足の付け根がつるような症状が出る人もいます。
また、眠気も強くなる時期なので、車の運転などは十分に気をつけてください。

お腹が大きくなるにつれて腰への負担も大きくなるので、妊娠初期から背筋を伸ばし正しい姿勢を取るように心がけましょう。

正中線

正中線

それから、女性ホルモンが急激に増える影響で、シミやそばかすができやすい時期でもあります。また、お腹の真ん中に、まっすぐに黒い線ができるようになります。

これは「正中線」と呼ばれるもので、出産後はだんだんと薄くなり、なくなることがほとんどです。そして、妊娠12週未満の流産を早期流産といい、まだ早期流産に気をつける必要があります。

早期流産は、ママが原因なことはほとんどなくどうしようもないことなのですが、できるだけ無理をしないようにしたり、ストレスを溜めないようにしたりして過ごすようにしましょう。

妊娠初期血液検査を受けましょう

妊娠3ヶ月目くらいの妊婦健診では、初期血液検査が実施されます。ママが貧血の状態になっていないか、栄養状態はどうか、また、風疹抗体があるかなどを調べる、とても大切な検査です。

実費だと大体1万円以上かかりますが、大抵の自治体が補助券を発行していると思いますので、それを使いしっかりと受けるようにしましょう。

まとめに

妊娠3ヶ月目の一番の変化は、やはりつわりが辛くなるということだと思います。

なかなか周りには辛さを理解してもらいづらいかもしれませんが、パートナーにも良く話して、家事を手伝ってもらったり、自分でする家事は最小限にとどめたりして、無理をしないようにしましょう。

上のお子さんがいる場合は、なかなか休めないことも多いと思います。話して分かる年齢であれば、今の状態を説明して、手伝ってもらったりちょっと我慢してもらったりしましょう。

かわいそうに思うこともあるかもしれませんが、短い期間のことです。

祖父母等、周りにヘルプを頼める環境であれば、何でも自分でしようと思わずに、甘えて助けてもらってください。

私も二人目妊娠中は上の子が幼稚園の年少でしたが、夏休みも夏季保育を利用たりと、休める時間を確保していましたよ。

家事等も「埃が多少あっても死にはしない!」と開き直り、辛い日はしなかったり、食事もお惣菜を利用する日もありました。

そして、この時期からは、母体の状態も安定してきて、妊婦健診が1ヶ月に1回になってきます。初産で不安が多い人などは、この1ヶ月は長く感じて心配になることもあるとは思いますが、あまり心配し過ぎず、リラックスして過ごしましょう。

腹痛や出血など、いつもと違った症状が出た時は、検診を待たずに受診してくださいね。

【参考URL】

関連記事

  1. 妊娠初期に必須!葉酸を多く含む食材と理想的な摂り方
  2. 妊娠4ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠4ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠初期の痔
  5. 妊娠3ヶ月の赤ちゃんの様子について
  6. 妊娠2ヶ月の赤ちゃんの様子について
  7. 妊娠中や産後に必要な栄養素「ω3(オメガ3)脂肪酸」の取り方
  8. エコーに映る我が子の頭がモヤモヤ・・・無脳症とは。
  9. 妊娠2ヶ月のママの様子について
  10. 妊娠1ヶ月の赤ちゃんの様子について