赤ちゃんようこそ.com > 妊娠中期(5~7ヵ月) > 妊娠5ヶ月目のママの様子について

妊娠5ヶ月目のママの様子について

妊娠5ヶ月目に入ると、ついに安定期になります。

子宮は、大人の大きさくらいになり、お腹の膨らみも個人差が出てきます。中には胎動を感じる人もいるでしょう。

そんな妊娠5ヶ月目のママの様子についてまとめました。

妊娠5ヶ月目とは

引用:キズナエイド  図版参照

妊娠5ヶ月目は、妊娠16週、17週、18週、19週を指します。

子宮の大きさは、大人の頭位になり、おなかの膨らみに個人差が出てきます。

子宮底(子宮の天井になる部分)は、お臍のあたりになります。

つわりも終わり、また子宮の位置も上がってくるため、これまで頻尿に悩まされていた人も解消され、体調が良くなる人が多くなります。

しかし、子宮が大きくなる分内臓が押し上げられるので、胃もたれを感じやすくなったり、少し動いただけで息切れや動悸がしたりすることもあります。

お腹の大きさに個人差があります。

子宮底長について

引用:mamari 図版参照

妊娠5ヶ月からの検診では、恥骨の上から子宮の天井の1番上部分までの長さである、子宮底長を測るようになります。

子宮底長を調べることにより、胎児の発育状況や羊水の量を知ることができますが、メジャーで測るので、誤差も生じますし、個人差もあります。

子宮底長が短いと、「胎児が小さい」や「羊水過少)」などを疑わられますが、赤ちゃんの正確な大きさなどは、エコー検査での計測を基準にしているので、子宮底長は目安として用いられます。

胎動について

妊娠5ヶ月目に入ると、胎動を感じ始める人もいます。

始めは、ウニョウニョとした感じで、「腸が動いているのかな?」と間違える人も多いですが、だんだんと力強くなり、胎動だと気づくようになります。

胎動を感じると、よりママとしての実感も湧きますね。

胎動を感じるのにも個人差がありますが、大抵の人が遅くても20週には感じるようになるので、この時期に感じられなくても心配する必要はありません。

胎動を感じなくても、エコー検査で元気に動いている赤ちゃんを見ることができれば大丈夫です。

動き回っている時よりも、静かに横になる時間の方が胎動を感じやすくなります。またママが太り気味の人は、胎動に気づきにくいようです。

【参考URL】

体重管理について

つわりも終わり、食欲が増す人が多くなる時期です。

普通体型の人でも、1週間の増加量は500gを目安とし、急激に体重を増やさないようにしましょう。

急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になる原因にもなりますし、最終的に体重が増えすぎると、難産になる原因にもなります。

ママの食べたものから赤ちゃんへ栄養が行きますので、食事の内容にも気を配るようにしましょう。

塩分を控えめにし、バランスよく食べるようにします。

ダイエットをする必要はありませんが、糖分や油分ばかりを摂取する食生活にならないようにし、タンパク質やカルシウムや鉄分などを多く摂るように心がけます。

太りたくなかったり、体重を気にし過ぎてあまり食事を摂らない妊婦さんや絶食をしてしまったりする妊婦さんもいますが、赤ちゃんに必要な栄養が届かなくなってしまうので、そのようなことはしないようにしましょう。赤ちゃんが小さく、低体重出生児で産まれると、将来高血糖や高脂血症などの生活習慣病になりやすい、というデータもあります。

妊娠時に太り気味の妊婦さんには、食事指導や体重管理指導をされることが多いです。

乳房について

5ヶ月目くらいになると、乳房全体的にふっくらとし丸くなってきます。

母乳を作るための乳腺が発達している証拠なので、圧迫しないようにします。

普段のブラジャーがきつくなってきた人は、マタニティー用のブラジャーに替えましょう。

なかには、乳首から少し母乳がでる人もいます。気になる人は、母乳パットを使用するなどして対応してください。

オリモノについて

オリモノが増える人もいます。量が増えることは問題ありませんが、かゆみを伴ったり、普段より匂いが気になったり、茶色やピンク色のオリモノが出ている場合などは、医師に相談してください。

出血している場合もありますし、カンジタなどの菌に感染している場合もあります。
細菌に感染している場合は、早目に正しい処置をしてもらう必要があります。

放っておいて菌が赤ちゃんにまで行ってしまうと、早産の原因になったりと、影響を及ぼす場合があります。

菌が増殖している場合は、膣洗浄をしたり、膣錠が処方されたりします。

便秘について

妊娠すると、黄体ホルモンが多く分泌されるようになるので、腸の働きを抑制されてしまい、普段なんともない人でも便秘がちになってしまうことがあります。

また、大きくなった子宮が大腸を圧迫してしまうことにより、便秘になることもあります。

水分や食物繊維を多く摂るようにしたり、無理のない程度で運動をしたりしてみてください。

それでも解消されない場合は、医師に相談し、薬を処方してもらいます。

色素沈着について

ホルモンの影響によって、シミ黒ずみなどの色素沈着が起こりやすくなったり、そばかすができたりします。

気になる人は、普段以上に紫外線対策をするようにしましょう。

やりたいこと、やっておかなければいけないことをしておきましょう。安定期に入り体調も良くなり、また、まだお腹もそんなに重くないので、活動的になる人が多くなります。

妊婦さんには変わりないので、注意は必要ですが、この動ける時期に、しておきたいこと、そしてしなければいけないことをやっておきましょう。

赤ちゃんが産まれると、育児中心になり、自分の時間はなかなか取れません。美容院に行ったり、ゆっくり読書をしたりと、やりたいことをする時間がとれる時期です。

また、虫歯がある人などは、歯科治療をこの時期に済ませておきましょう。後半になると、診察台に乗るのも一苦労ですし、麻酔が使えない場合もあります。

また、歯周病は早産の原因になるので、歯科検診に行くこともオススメします。入院グッズや赤ちゃんグッズなども、リストアップして、動きやすい安定期の間に用意しておくと、ギリギリで慌てなく済みます。

戌の日の安産祈願について

日本には、妊娠5ヶ月目に入ってから最初の「戌の日」に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする、という習慣があります。

戌のお産が軽いことから、それにちなんで行われていると言われています。

安産祈願は神社や一部のお寺で行いますが、戌の日が週末や大安と重なるとどこも混みますし、事前予約が必要な場合もあるので、前もって調べておきましょう。

最近では、腹帯を神社や産院で購入する方が多いようです。しかし、必ず行わなければならない、というものではないので、体調を優先してくださいね。

妊娠5ヶ月目に注意したいことについて

引用:真野産婦人科  図版参照

妊娠5ヶ月目まで無事に迎えられていれば、流産の確率はぐっと低くはなっていますが、ゼロではありません。

体調管理には気をつけ、お腹の張りや出血など異常があった場合は、すぐに受診するようにしましょう。

「常位胎盤早期剥離」といって、胎盤が剥がれてしまう事により出血することもあり、その場合は母子共に危険な状態になってしまうこともあります。

異常がなくても、お腹を強くぶつけてしまった時なども、念のため受診して診察してもらうと安心です。

出生前診断について

出生前診断とは、妊娠9週~22週頃に行われる検査のことで、「胎児に奇形や病気、染色体異常がないかどうか」を調べるものです。

赤ちゃんがダウン症かどうかを調べることもできます。ダウン症の生まれる確率は、出産年齢が高齢になればなるほど上がります。

出生前診断には、お腹に針を刺して羊水を摂取し調べるものもあり、必ずしも安全なものではなく、検査が原因で流産してしまうこともあります。

また、出生前に異常が見つかることで、産むか産まないかをすごく迷うご夫婦もいるそうです。受ける場合は、ご夫婦でよく相談して決めるようにしましょう。

最後に

妊娠5ヶ月目に入り、妊婦生活も折り返し地点になりましたね。体調も安定し、ママとしての自覚も芽生え始める時期だと思います。

妊婦さんだということを忘れずに、動き過ぎや体重管理には気をつけながら、マタニティーライフを楽しんで過ごしてください。

【参考URL】

関連記事

  1. 需要が急増!マタニティウェディングってどんなもの?
  2. 妊娠7か月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠7か月目のママの様子について
  4. 妊娠6か月目の赤ちゃんの様子について
  5. 妊娠6ヶ月目のママの様子について
  6. 妊娠5ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  7. 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の原因と予防
  8. 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)を予防する~血圧を下げる食事の取り方~
  9. 妊娠中期以降の辛い腰痛の原因は?対策と改善法について