赤ちゃんようこそ.com > 妊娠後期(8ヵ月以降) > 妊娠8ヶ月目のママの様子について

妊娠8ヶ月目のママの様子について

妊娠8ヶ月からは、いよいよ妊娠後期に入ります。残りわずか3ヶ月ほどになりますね。お腹もさらに大きくなったと感じるのではないでしょうか。

そんな妊娠8ヶ月目のママの様子についてまとめました。

妊娠8か月目とは

引用:キズナエイド 図版参照

妊娠8か月目は、妊娠28週、29週、30週、31週を指します。

妊娠28週からは、妊娠後期に入っていきます。

子宮の大きさは、子宮低長は26センチから29センチ(妊娠31週末頃)くらいになり、赤ちゃんの大きさは、

身長は約43センチ、体重は約1500グラムにまで成長します。大きさとしては、カボチャ一個くらいの大きさです。

胎動について

赤ちゃんの足形がくっきり出ていますね

赤ちゃんの足形がくっきり出ていますね

妊娠8ヶ月頃になると、赤ちゃんが大きくなってきて子宮内で動き回れる範囲が狭くなるので、胎動を感じる回数は減ってきます。

しかし、力強さは増します。

「痛い!」と思う時もあるくらいです。

お腹を見ていると、足で蹴られるとお腹に足形がくっきりと分かることもあるのですよ。

ただし、あまりに胎動が少なくなったり、一日まったく胎動を感じなかった、というようなことがある場合は、念のため医療機関に連絡をして受診しましょう。

お腹の大きさについて

ママのお腹は、個人差はありますが、みぞおちあたりから膨らんでくるくらい大きくなっています。

そのために、他の臓器が圧迫され、胃もたれなどの「後期つわり」の症状が現れる人も多いです。

足元もお腹が大きくて見えずらくなっているので、段差などで転んでしまわないように十分気をつけましょう。

この時期は、階段よりもエレベーターやエスカレーターを選ぶなど、できるだけトラブルを避けるように行動をするように心掛けてくださいね。

これから出産が近づいてくると、赤ちゃんは出産準備に入り、骨盤にはまっていくために下へと下がっていきます。

そうなると、後期つわりの症状も治まります。

出血やお腹の張り・痛みに注意しましょう

頻繁なお腹の張りは、前駆陣痛のことが多いですが、早産の兆候でもあります。気になる場合は次の検診を待たずに受診して、子宮口が開いてきているなどの切迫早産の状態になっていないか診察をしてもらうと安心です。

引用:真野産婦人科参照 (クリックすると拡大します。)

また、出血やお腹の痛みは、早期胎盤剥離(そうきたいばんはくり)の可能性もあります。通常、胎盤は出産後にその役目を終えて、自然と子宮壁から剥がれ落ちてきて、子宮の外へと出ます。

しかし、早期胎盤剥離になると、まだ赤ちゃんがお腹にいる状態で、何らかの原因で胎盤が子宮壁から剥がれ落ちてしまいます。

そうなると出血や痛みを伴い、赤ちゃんだけでなく母体にも影響を及ぼします。妊婦全体の0.3パーセントから0.9パーセントと確率は低いですが、誰でも起こる可能性はあります。

大量の出血や強い痛みが起こったら、様子を見ることはせず、すぐ医療機関に連絡して受診するか、場合によっては救急車を呼んでできるだけ早く対応するようにしましょう。

突然のけいれん発作により、昏睡状態に陥ることもあります。このような場合は母子ともに危険な状態になってしまいます。緊急帝王切開になることが多いでしょう。

【参考URL】

前置胎盤について

前置胎盤とは、胎盤の位置が低くて、胎盤の位置が子宮口にかかっている状態をいいます。場合によっては帝王切開になることもあります。

妊婦健診では、胎盤の位置も毎回確認しますので、検診は必ずきちんと受けるようにしましょう。

眠りが浅くなります

出産に向けてホルモンバランスが変わってきたり、大きくなった赤ちゃんが他の臓器を圧迫することで頻尿になっていたり、赤ちゃんの胎動などにより、夜中に何回も起きるようになります。

赤ちゃんが生まれると、新生児の時期は夜中でも2~3時間おきに授乳をするようになるので、この時期はその時の練習期間、ととらえる人も多いです。

眠りが浅く身体に疲れが残るようであれば、昼寝をしたり昼間休息時間を取るようにしましょう。

妊娠高血圧症候群に注意が必要です

引用:高血圧さげさげガイドライン 図版参照

妊娠後期は、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状が出やすいです。妊婦健診で、毎回尿検査・体重測定・血圧検査を行いますが、高血圧と尿タンパクが毎回出るようだと要注意です。

医師からも指導が入るでしょう。また、急にむくみがひどくなり、重症の症状が現れることも少なくありません。

日頃の体重管理はしっかりと行い、むくみが出て次の日もむくんでいるような状態の場合は、受診するようにしてください。

症状が重症化すると、赤ちゃんに十分に栄養が行かず低体重児になってしまったり、早期胎盤剥離などの早産の原因にもなってしまいます。

場合によっては、入院治療となることもあります。

体重について

妊娠後期は赤ちゃんがぐっと大きくなるので、ママの体重もどんどん増えます。

そのために、初期から体重管理をしてきているとは思いますが、引き続きしっかり管理していきましょう。

この時期は、ママの身体がブドウ糖を必要とするようになるので、無性に甘い物が食べたくなってしまうこともよくあるようです。

ブドウ糖の摂取であれば、甘い物よりは炭水化物から摂る方が、血糖値の上昇がゆっくりなので、食べたくなったらこのことも頭に入れておきましょう。

体重の増えすぎは、産道にまで脂肪がついて狭くなるので、難産の原因になってしまいますよ。

産休・育休に入る人は

産休・育休に入る人は、そろそろ引き継ぎの準備を始めましょう。また、あと少しだからと、頑張りすぎて無理をしないよう、自分と赤ちゃんのことを一番に考えるようにしましょう。

3D・4Dエコーについて

4Dエコー写真

最近では、3D・4Dのエコーを取り入れている産院も増えてきました。

ご自身が通っている産院では取り扱っていなくても、取り入れている産院によっては、違う産院に通っている妊婦さんでも予約をすれば3D・4Dエコー写真を撮ってくれる産院があるので、記念として撮っておきたい人は、対応している産院を探してみるのもいいかもしれませんね。

生期産ついて

妊娠37週からは正期産に入ります。正期産とは、もういつ赤ちゃんが生まれても大丈夫、という時期に入るということです。

そして、いつ出産になってもおかしくない、ということにもなります。出産準備は万全に、里帰り出産の人は特にしっかりとスケジュールを組んでおきましょう。

いつ、どのような手段で里帰りをするのか、出産する病院はいつから検診を受けなければいけないか、今一度確認をしておきます。

最後に

妊娠後期に入り、頻繁にお腹が張ったり眠りが浅くなったりと、ママ自身も出産が近づいてきていることを実感していると思います。

特に初産の場合は、どのような出産の始まり方をするのか、陣痛の痛みはどのくらいなのか、一人の時に何かあったらどうしよう、と、不安になってしまうことも多くなるかもしれません。

パパは、自分のお腹に赤ちゃんがいるわけではないので、生まれるまではなかなか実感がわかないと思いますが、そんなママの不安を汲み取り、話を聞いてあげたり、優しい言葉をかけてあげるようにしたりしてくださいね。

それだけでもママの不安は和らぎます。

また、一緒にベビーグッズを揃えたり、お腹に手を当てて胎動を感じたり、話しかけてあげることで、パパもだんだんと父性がわいてくるのではないでしょうか。

残りわずか三ヶ月余りとなりました。もうすぐ赤ちゃんに会えますね。その日をパパもママも楽しみに、穏やかに過ごしましょう。

また、生まれてくると二人でゆっくりお出かけすることは難しくなります。今のうちに、二人でディナーに出掛けたりとデートを楽しむのも良いと思いますよ。

【参考URL】

関連記事

  1. 前期破水と早期破水は何がどう違うのか
  2. 妊娠10ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠10ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠9か月目の赤ちゃんの様子について
  5. 逆子体操の効果を上げるために押さえておきたいコツ
  6. 妊娠9ヶ月のママの様子について
  7. 妊娠8ヶ月の赤ちゃんの様子について
  8. 妊娠後期に起こりやすいむくみを予防する対策とは?
  9. 後期つわりとは?気になる症状と対策方法
  10. 妊娠後期に気をつけたいこと、しておきたいことについて