赤ちゃんようこそ.com > 妊娠後期(8ヵ月以降) > 妊娠9ヶ月のママの様子について

妊娠9ヶ月のママの様子について

出産まであと2ヶ月余りになってきました。近づく出産に、不安になるママも多いかもしれません。

どのような症状が出やすかったり、気をつけた方がいいことなど、妊娠9か月目のママの様子についてまとめてみました。

妊娠9ヶ月目とは

引用:キズナエイド 図版参照

妊娠9ヶ月目は、妊娠32週、33週、34週、35週を指します。

子宮底長は30センチから32センチくらいになり、赤ちゃんも2000グラムを超すので、子宮の中が窮屈になってきます。

ですから、赤ちゃんが動くと、肘や足がお腹を押して、お腹の表面がボコボコと動く様子を見ることができます。強く蹴られると、思わず「痛い!」と声が出てしまうこともあるくらい力強いです。

もうお腹もパンパンで、何をするにも一苦労だと思います。それもそのはず、お腹の中には、物に例えるとパイナップル一個分が入っているような感じになっているのですよ。

胎動をカウントするようになります

引用:はまだ産婦人科  図版参照

大抵の産院が、この時期からは胎動をカウントする用紙をくれます。

これは、一日何回胎動を感じたかカウントして記入するものです。

明らかに胎動が少ない日や、全く感じられない場合は、赤ちゃんになんらかのトラブルが起きている可能性もあるので、すぐに産院に連絡してください。

この時期のトラブルについて

浮腫み(むくみ)やすくなります

血液に水分が増え、血液循環量が増えます。

そのため、血液がサラサラになるので、余分な水分が溜まり浮腫み やすくなります。

その結果、足が浮腫んだり、だるくなったり、つったりというトラブルが多くなる場合があります。

寝る時に足を少し高くして寝たり、軽くマッサージしたりすると、だるさ等が軽くなります。

頻尿や尿漏れをする人もいます

大きくなった子宮が膀胱を圧迫するために容量が少なくなるので、トイレが近くなります。トイレを我慢すると膀胱炎になってしまうこともあるので、この時期はトイレが近くなるのはしかたないと認識し、我慢しないようにしましょう。

また、くしゃみをしたりと下腹部に力が入った時に尿漏れをしてしまう人もいます。お産が近くなるとよくあることで一時的なものなので、尿とりパッド等を使い対応しましょう。

お腹がよく張るようになります

お産が近づいてきたこの時期は、これまで切迫の症状もなく順調だった人でも、お腹が張りやすくなります。

これを前駆陣痛といいます。

急にお腹がぎゅーっと固くなりカチカチになったり、痛みを伴うこともあります。

そういった時はゆっくり休むようにし、それで収まれば心配はありませんが、規則的に痛みや張りが来るようなら陣痛の可能性もありますので、間隔を記録するようにしましょう。

9ヶ月で生まれてくる早産の赤ちゃんも少なくありません。

動機や息切れがします

妊娠後期はお腹もだいぶ大きいので、どうしても少し動いただけで動悸や息切れがしやくなっています。出産すれば落ち着きます。

激しい動作等は転倒の恐れもあるので、何をするもゆっくり慎重にするように心掛けましょう。大きくなった子宮が各臓器を押し上げることにより、胃もたれのような症状も起こりやすくなります。

いわゆる後期つわりです。これは、出産間近になると赤ちゃんが出産準備に入り下へと降りてくるので、そうなれば解消されます。

・内診後に出血することがあります

9ヶ月に入ると、検診時にエコーだけでなく内診もするようになります。これは子宮口が開いていないかなどを医師が確認するためです。

子宮口がうっ血しているために、少し触れられるだけで出血することがよくあります。内診で出血する分には心配はありません。ナプキンをつけるなどをして対応しましょう。

この時期に注意したいことについて

破水に注意しましょう

引用:インターネットホスピタルネット 図版参照

尿漏れだと思っていたら破水だった、ということもあります。

破水の場合は生臭いにおいがしたりと、尿とは違いがあり大抵の人は気づくと言われていますが、中には尿漏れと勘違いしてしまう人もいます。

ドバーッと破水すれは誰でもわかりますが、ちょろちょろといつまでも出ている時も破水の可能性が高いので、産院に連絡しましょう。

検査をしてもらえば、破水かどうかはすぐわかります。

オリモノの変化に注意しましょう

出産が近づくにつれ、子宮口や膣が柔らかくなってくるので、オリモノの量が増えてきます。色や質が変わることもあります。

中には、膣内に細菌が繁殖して細菌性膣症になっていることもあるので、急ににおいがきつくなったり、色が変わったりした時は、一度受診して診てもらうと安心です。
【参考URL】

おっぱいの変化について

妊娠すると、おっぱいもママになる準備を始めます。

妊娠2ヶ月頃から乳腺が発達し始め、出産するころには2カップくらい大きくなります。

母乳を出すのに最も重要なホルモンにプロラクチンというものがあります。このホルモンが、妊娠すると約20倍も増えて、母乳の出を促進し、出産後の赤ちゃんのために体制を整えていきます。

母乳が順調に出始めるのは産後3日目くらいからですが、個人差もありますし、大抵の産院では母乳指導をしてくれます。

また、今は母乳育児を推進している産院が多いですが、母乳が出にくい体質のママもたくさんいて、ミルクで育てることに対して後ろめたく思う必要は全くありません。

おっぱいマッサージについて

赤ちゃんがおっぱいを吸う力はとても強いです。そのために、母乳のあげ始めは乳首が痛かったり切れたり、というトラブルも多いです。

できるだけそういったトラブルを避け、赤ちゃんが飲みやすい乳首にするために、妊娠中にマッサージをして柔らかくしておく、おっぱいマッサージを勧めらえることがあります。

母乳の出が良くなる効果もあります。

引用:母乳不足のマッサージ方法 図版参照

助産師さんが直接指導してくれたり、母親学級に参加している人はテキストにやり方が書いてあります。

しかし、必ず行わなければいけないものではなく、このマッサージは子宮収縮を促す効果もあるので、マッサージをしていてお腹が張ったり痛くなってきたりする場合は中止しましょう。

また、マッサージを行っていなくても、母乳に似た分泌物が出て、乳頭に白いカスのようなものが溜まることがあります。そんな時は、入浴時に洗い清潔を保つようにします。

無理に乳首をひっぱったり押したりして刺激すると、この場合も子宮収縮に繋がるので、優しくやってくださいね。

母乳は蛇口のように、一つの穴からピューッと出るように思っている人もいますが、乳首の先ある母乳の出る穴(乳口)が15から20くらいあります。

ですから、母乳が出るようになると、シャワーのように出てきますよ。

里帰りをする時期です

里帰り出産をする人は、そろそろ実家へ帰る時期です。公共交通機関を利用する人は、混まない時間帯を選んだりと、身体に負担が掛からない方法で帰るようにします。

荷物が多いと思うので、荷物だけ送ってしまうのも良いと思います。旦那さんやご両親など、付き添ってくれる方がいる場合は、その方が安心です。

また、実家に帰ると安心感が出て、食欲が増す妊婦さんもいます。体重管理は引き続き行うようにしましょう。

出産後に必要な手続きを確認しておきましょう

もうこの時期になれば、入院準備や出産後の赤ちゃんグッズも揃っているとは思います。

出産後は様々な手続きも必要になるので、予めどんな手続きをしなければいけないか、確認しておきましょう。

必要な手続き
  • 出生届(生まれてから14日以内に提出します)
  • 赤ちゃんの健康保険加入
  • 出産育児一時金
  • 児童手当
  • 乳幼児の医療費助成金・・・

詳細は市役所のこども課等に問い合わせておくと、出産後慌てずに済み安心ですね。

里帰り出産をしないママは

里帰りをせずに出産し、すぐ自宅に戻るママは、両親や義両親がお手伝いに来てもらえるのであればそのスケジュールを立てておいたり、自治体の家事代行サービスを受ける人は事前に申し込みをしておきます。

また、ほとんど他の人の手を借りずに、夫婦二人で産後過ごす予定の人は、日用品など買いだめできるものは今のうちにしておきましょう。

産後、特に新生児のうちは昼夜関係なく赤ちゃんにつきっきりになってしまうので、時間がなかなかとれません。

まとめに

妊娠9ヶ月目は、もう出産準備の体制に入りますね。様々な面において体制を整え、いつ生まれても対応できるようにしておきましょう。

中には出産中に取り乱してしまう人も多いので、イメージトレーニングをしておくことも大切です。また、この時期に出産後必要になるであろう「内祝い」についても、何を用意するかくらいはご夫婦で話し合って決めておくとスムーズですよ。

次週からはついに臨月に入りますね。そして、37週からは正産期になります。「もういつでも生まれて大丈夫ですよ。」という時期です。

マタニティ生活のゴールが見えてきましたね。赤ちゃんに会えるのはもうすぐです。
【参考URL】

関連記事

  1. 前期破水と早期破水は何がどう違うのか
  2. 妊娠10ヶ月目の赤ちゃんの様子について
  3. 妊娠10ヶ月目のママの様子について
  4. 妊娠9か月目の赤ちゃんの様子について
  5. 逆子体操の効果を上げるために押さえておきたいコツ
  6. 妊娠8ヶ月の赤ちゃんの様子について
  7. 妊娠8ヶ月目のママの様子について
  8. 妊娠後期に起こりやすいむくみを予防する対策とは?
  9. 後期つわりとは?気になる症状と対策方法
  10. 妊娠後期に気をつけたいこと、しておきたいことについて