おすすめのオリゴ糖

根本的に便秘を治すには、腸内環境を改善しなければならない。これはよく知られていることですね。しかしこれがそんなに簡単なことではない、というのをご存知でしょうか。

その人固有の腸内フローラ

引用:光英科学研究所 腸内フローラの特徴 図版参照(クリックすると拡大します。)

善玉菌、悪玉菌、日和見菌、それぞれの腸内細菌が群れをつくるようにして腸壁を覆っている腸内フローラ。

これは実はその人、その人で菌の種類が違っています。

そして、その腸内フローラはだいたい一歳くらいまでに決まってしまうと言われています。

常在菌は排他的!?

引用:光英科学研究所 図版参照(クリックすると拡大します。)

そして、少し衝撃的なのは、後からヨーグルトなどで摂取した乳酸菌は腸に定着しない、ということです。

もともと自分が持っている菌を常在菌といいますが、その常在菌は後から入ってきたよそ者の菌は仲間に入れません。

「(菌が)生きたまま腸に届く」という最近のヨーグルトのキャッチフレーズはとても魅力的に聞こえますが、結局のところ、3日から1週間ほどで排泄されてしまうので、摂りつづける必要があるのです。

乳酸菌にも相性がある

引用:一般社団法人全国発散乳乳酸菌飲料協会 図版参照(クリックすると拡大します。)

更に問題となってくるのがせっかく摂った乳酸菌にもそれぞれ相性がある、ということです。

そもそも乳酸菌、という菌があるのではなく、乳酸を生成する菌の総称です。

その種類は数千種類とも言われていますが、発酵食品などに利用される乳酸菌の主なものだけでもかなりの数になります。

摂るより増やすが効率的

自分と相性の良い乳酸菌を含む食品を探し当てるのも一苦労ですが、妊娠中は食事が思うように摂れない時期も多いものです。ましてや発酵食品は匂いが強いものも多いのでなおさらです。

乳酸菌のサプリメントも多数出ていますが、副作用の危険性は少ないとはいえ、妊娠中は控えるように書いてあるものもあり、不安です。

そう考えた時に行きつく考えが、自分が持っている菌を増やす、という考え方です。

善玉菌を増やすオリゴ糖

引用:サプリメント 図版参照

つわりが始まった時期に色々とインターネットで検索していたら、妊娠中の便秘でクチコミが多かったものの中に、オリゴ糖がありました。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、自分の持っている善玉菌を増やす、とのことでした。

以前、シロップ状のオリゴ糖、と名を打った商品を試したことがあったのですが、あまり便秘に対する効果がなかったので最初は半信半疑ではあったのですが、調べてみるとシロップ状のものはオリゴ糖の含有量が約30%。

そして、オリゴ糖にも色々な種類がある、ということを知り、妊婦でも安心して飲めそうなもの、そして高純度のものを探しました。

高純度のオリゴ糖

一般的にスーパーやドラッグストアなどで手に入るオリゴ糖は純度が低いものが多いです。なぜかと言うと、高純度のオリゴ糖は安価に精製出来るものではないからで、その為に通販のものがほとんどなのだそうです。

中でもオリゴ糖ランキングで一位を独占しているカイテキオリゴは、妊婦向けのサイトにも度々目にしてきたのでかなり気になっていました。

そこで、当サイトでも
・なぜオリゴ糖が売れているのか
・その中でもなぜカイテキオリゴが妊婦の便秘対策に選ばれているのか

この2つを徹底的に探ってみました。
その結果、カイテキオリゴが人気である理由が分かったのでご紹介します。気になっている人は要チェック!


>>便秘に悩む妊婦さん必見!選ばれ続けるオリゴ糖ランキング

 

カイテキオリゴと他のオリゴ糖との違いはEOS理論にある

カイテキオリゴが他のオリゴ糖と決定的に違う点は、独自のEOS理論に基づいた製法、というところでした。

EOS理論とは、Enterobacteria OligoSaccharide Synergyの略で、複数のオリゴ糖を組み合わせることで、単一のオリゴ糖よりもより多くの乳酸菌をサポートし、効果が実感できる、というものだそうです。

実際、他の商品と比べてみると原材料がラフィノースの他、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖、とありました。

安心、安全の品質

サプリメントで心配なのがその安全性だと思います。特に妊娠中は安全である上に、自分に合うかどうかも気になるところです。

カイテキオリゴは定期的に放射性物質含有量の検査を第三者検査機関で実施、検査基準をクリアしている商品ですので安心です。

安心・安全評価製品としてNPO日本サプリメント評議会により承認を受けているそうです。

また、品質に満足できなければ商品到着後25日以内であれば全額返金保証をおこなっているのも商品に対する自信の表れなのではないでしょうか。

【参考URL】

カイテキダイアリー

実際に商品が届いてみると、毎日の排便について記入するカイテキダイアリー、というものがついていたのですが、その内容に少し驚きました。

カイテキオリゴを飲んだグラム数を書いて排便があったかどうかを書くだけではなくて形状や色を細かくチェックするように書いてあったからです。

今まで便の色なんて気にしたことがありませんでした。

カイテキオリゴを飲んでみて

カイテキオリゴを付属のスプーン一杯、5gから試してみました。

乳酸菌を含む食品との相性が良い、とのことだったのでヨーグルトに混ぜて、朝食に食べました。

公式ホームページの感想を読んで、かなり期待していたのですが、私の場合は2、3日は全く変化がなく、排便がないわけではないけれどすっきりもせず、という状態でした。

そこで、とりあえず最初は量と回数を増やしてみよう、と思い、4日目あたりから朝と夕方の2回、それぞれスプーン一杯半、だいたい7gずつに増量しました。

夕方は飲み物に加えて飲みました。その日によってコーヒー、又はカフェインレスコーヒー、牛乳等でした。

カイテキオリゴは甘味が砂糖の4分の1ほどだそうです。確かに、量を増やした時に見た目は結構あったので甘いかな?と思ったのですが、実際はそれほど気になりませんでした。

妊娠中はそれまで大好きだった甘いものが苦手になっていたので、これはありがたかったです。

1週間後の変化

だいたい1週間ほどたって、ほんの少し変化を感じ始めました。

おそらく、カイテキダイアリーをつけていなかったら見過ごしていたと思うのですが、便の色が少し明るい感じの色になってきたのです。

でも、まだすっきり出た、という感じの量ではなく、回数も毎日の時もあれば出ない日もあり、という状態でした。

2週間後の変化

まだすんなり出る、とまではいきませんでしたが、かなりの割合でバナナ状、黄色に近い便が出るようになりました。

水分不足もあったのか、最初硬くて、出てしまうとするり、という感じになりました。

明らかに便の質が変わってきたのを感じるように。

食べる量はほとんど変わっていなかったのに、便の量は増えた気がしました。

1か月後の変化

今まで1.5~2日に1回くらいの割合だった排便が、1日に2回出る日も出てきました。

便が硬くないのですんなりと出て、トイレの時間がかなり短縮されました。

今まで便秘をするとお腹にガスがたまって苦しいことがありましたが、気が付くとそれがなくなっていました。

効果を実感出来てきたのでカイテキオリゴの量を5gに戻し、1日1回にしました。

2か月後の変化

排便のリズムが整ってきたようで、朝食を食べるとほぼ必ず出るようになりました。

夕方か夜に2回目が出る事も多くなりました。

善玉菌が増えたのか、便の量が増えたのを実感。便の色がカイテキオリゴを飲む前は焦げ茶色の事が多かったのですが、かなり黄色っぽくなり、全く違うものになったことに驚きました。

以後、出産直前で少し便秘になった以外はほとんど便秘に悩まされることはなくなりました。

緩やかだけど確かな効果

ちょうど同じ時期に妊娠して便秘に苦しんでいた友人がいたので、カイテキオリゴをすすめてみたところ、やはり即効性はないけれど、確かな効果を実感したようでした。

緩やかな効き目だけど、気がついたらすんなり出るようになっていた。

」他にも数人にすすめたのですが、皆、同じような感想で、結果的には満足、続けてみる、という人がほとんどでした。

腸内環境改善の為に続けて

妊娠中はもちろん、出産後も便秘になりやすい環境は続きます。

母乳で水分は取られ、なかなかゆっくりトイレにも行けず、会陰切開をした場合はいきむのが辛いようです。

腸内環境は少し油断するとすぐに細菌のバランスが崩れ、もともと便秘がちな人はまた逆戻りになってしまいます。

そうならないためにも、オリゴ糖は摂りつづけて、腸内の善玉菌を元気に働かせましょう。

バランスの良い食事を摂ることがもちろん重要ですが、オリゴ糖を摂りつづけることで必ずよい結果がもたらされると思います。

カイテキオリゴは、私をはじめ、まわりの友人や家族など、皆にかなり整腸効果があったのでおすすめの健康食品です。

【参考URL】

関連記事

  1. 何が本当に必要?~買ってよかったベビーグッズと買わなくても良かったベビーグッズ~
  2. 妊娠中の万能薬 ラベンダーの香りでリラックス