赤ちゃんようこそ.com > 便秘 > 妊娠初期の便秘

妊娠初期の便秘

妊娠初期の便秘はダイナミックなホルモンバランスの変化が元々の原因です。

特に黄体ホルモン(プロゲステロン)、その産生に関与しているHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は様々な症状を引き起こすので便秘になる原因はひとつだけではありません。

妊娠中のホルモン変化

引用:荘田レディースクリニック 図版参照 (クリックすると拡大します。)

黄体ホルモンの作用による原因

黄体ホルモンは排卵後から分泌が増え、妊娠持続のために作用します。基礎体温を高く保ち、子宮内膜を厚くするために血流が骨盤内に集まります。

胎盤をつくるためにも子宮に水分が集中するので他が水分不足になり便が硬くなりがちです。

また、筋肉を弛緩させるので腸の蠕動運動が抑えられます。腸の蠕動運動が抑えられると便がスムーズに進んでいかないので長時間留まることになり、さらに水分が取られて排泄しづらくなります。

身体の変化による便秘

つわりのために食事や水分が思うように摂れないことも便秘になる原因です。

また、子宮が大きくなってきて膀胱を刺激することで頻尿になる人も多く、尿がそこまでたまっていないのにトイレの回数が増えて水分が不足することも。

腸と子宮、膀胱の位置関係からも子宮が大きくなることで排泄に影響を及ぼすことは容易に想像できると思います。

ストレスによる便秘

更に自律神経の乱れ、それによる睡眠不足、妊娠によるストレスが便秘を引き起こす原因にもなります。

妊娠によるストレスは身体の大きな変化に対して感じることもありますし、ホルモンバランスの乱れから嬉しいはずの妊娠でも不安ばかりが大きくなってしまう事もあります。

また、まだまだ働く女性にとって出産は色々な問題がついてまわります。

引用:マイナビウーマン 図版参照 (クリックすると拡大します。)

マタニティハラスメントについては、最近、厚生労働省が判断基準を明確化し、企業への指導、監督を徹底するように対策に乗り出したようですが、まだまだ日本は子育ての環境が整ってるとは言い難い状況です。

特に安定期に入るまでは周囲に妊娠を報告しないで過ごす人が多いので更なるストレスが加わっています。

第二の脳と呼ばれる腸

腸と心には深い関係がある、というのは腸が「第二の脳」と呼ばれるところからも伺えます。

別名「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンという物質があります。

このホルモンは幸福や満足を感じたり、精神の安定に関与していると言われているのですが、その90%は腸で生成されているそうです

また、ドーパミンという物質も生成され、こちらはやる気がアップしたり、快感を得ることに関与しています。

腸が精神状態に与える影響もさることながら、ストレスが腸に与えるダメージは実は相当なものなのです。

初期ならではの対策

妊娠初期は一般的に言われる便秘解消法を実行できない場合がほとんどだと思います。運動は安定期までは控えた方が無難ですし、食事もつわりで思うように摂れない人が多い事でしょう。

それならば徹底的にストレスをなくし、リラックスできる事を実行した方が身体への負担も少なく精神的にも安定します。

精神的に安定することは自律神経の働きにも作用するので便秘の改善につながります。

ネット検索をやめてみる

妊娠中にありがちなのが、自分の症状をすぐにインターネットで検索して不安を募らせる行動です。

お腹が痛い、出血がある、などは流産の兆候の事もありますが、正常な妊娠でもよくある症状だったりします。

取りこし苦労をしてストレスをためるなら、不安な事は診察を受けてしっかりと診てもらったほうがすっきりします。

知らない誰かの身体はあなたと同じではありません。

そんな時間があるならば、今しか楽しめない事に時間を費やすことをお勧めします。出産すると本当に自分の時間がなくなるのでゆったりと過ごした妊婦時代を懐かしく思います。

嗜好品との付き合い方

妊娠が分かると今までの習慣を変えなければならない事があると思います。妊婦は控えた方がよい、とされる嗜好品は結構あるからです。

お酒が好きな人にとっては妊娠から授乳までの期間は禁酒をしなければならないのでそれがストレスになるかもしれません。

今はノンアルコールのビールやカクテルもたくさん発売されているので上手にそれらを利用するのも手ですし、私の周りのお酒好きなママは不思議と妊娠中は飲みたい気持ちが薄れた、と言っていました。

【参考URL】

カフェインについて

カフェインもアルコールの次くらいに控えた方がよいもの、としてあげられていますが、その代表格とされるコーヒーよりも緑茶(主に玉露)がカフェイン量で言うとダントツです。

飲料中のカフェイン含有量
食品名 カフェイン含有量 備考
玉露(浸出液) 160mg 茶葉10gを60℃の湯60mlで2.5分浸出
せん茶(浸出液) 20mg 茶葉10gを90℃の湯430mlで1分浸出
ほうじ茶(浸出液) 20mg 茶葉15gを90℃の湯650mlで0.5分浸出
玄米茶(浸出液) 10mg 茶葉15gを90℃の湯650mlで0.5分浸出
烏龍茶(浸出液) 20mg 茶葉15gを90℃の湯650mlで0.5分浸出
ココア 10mg 1回使用量5g
コーヒー(浸出液) 60mg コーヒー粉末10gを熱湯150mlで浸出
インスタントコーヒー 80mg 1回使用料2g中

カフェインは覚醒するイメージがありますがリラックス効果もあるので大量に摂取するのでなければそこまで問題はないようです。

今までの習慣を変えることでストレスを感じる人は特に、飲む量だけ気を付けて上手に取り入れた方が良さそうです。

コーヒーについて

つわり期はコーヒーを飲みたくなくなる人も多いかもしれませんが、私はコーヒー好きである上に、大切なアイテムなのでなるべく止めたくありませんでした。

それは、コーヒーを飲むと便意を感じることが多かったからです。

妊娠を機にインスタントのカフェインレスコーヒーを試してみましたが、効果はみられませんでした。

コーヒーが便秘に効くかどうかは意見が分かれるところです。カフェインには利尿作用がある点と腸の蠕動運動は抑えてしまう、という点から逆に便秘になるのでは、という意見もあります。

コーヒーが便意につながる、というのはカフェインからではないようです。N-メチルピリジニウム(NMP)という成分と、クロロゲン酸という成分が大腸の神経を刺激して蠕動運動を起こすと言われています。

引用:栄養成分ブレンドコーヒーの手引き 図版参照 (クリックすると拡大します。)

NMPはコーヒー生豆の成分であるトリゴネリンの熱分解によって出来る有効成分で、深煎りの豆に含まれます。

対してクロロゲン酸はポリフェノールの一種で浅煎りの豆に多く含まれます。

一日に2、3杯であれば胎児に影響が出るものではないそうです。

効くかどうかは体質にもよるそうなので、コーヒーが好きな方は浅煎りと深煎りの豆を両方試してみると良いでしょう。

トイレに行きたくなる場所を探す

よく本屋に行くとトイレに行きたくなる、という話がありますね。

「青木まりこ現象」という名前がついているそうですが、なぜ本屋さんにいると便意を感じるのかは、諸説あるものの解明されていないようです。

本のインクの匂いによる、とか条件反射である、とか、リラックスするから、等の理由があるようですが、個人的な考えでは、リラックスと条件反射の両方なのではないか、と思うのです。

というのも、妊娠中に自分がトイレに行きたくなる場所をいくつか発見したからです。

ひとつは図書館、ひとつは趣味の手芸の材料が揃う大型店、ひとつは大きな100円均一ショップでした。どれもリラックスできる場所ですが、共通項はトイレがきれいで広く、大をするのに気にならない環境だったことです。

そして一度トイレに行くようになると、本当に条件反射のように行きたくなりました。外出先で便意を感じても我慢してしまう人がほとんどかもしれません。

でも、トイレによっては行ける場所があると思います。これは個人差があると思うのですが、見つけられたらラッキー、くらいの気持ちで探してみてください。

自律訓練法

ドイツの精神医学者、シュルツが体系化したリラックス法です。簡単にリラックスできるのでお勧めの方法です。

妊娠が進んでなかなか寝付けなくなった時にも良いです。

引用:セルフドクターネット 図版参照 (クリックすると拡大します。)

キーワードはリラックス

妊娠初期の便秘の原因を考えた時、身体の変化に対しては抗い様がありません。ただ受け入れるだけです。

心の変化も、なかなか客観的に見る事が出来ずに悩む事が多いとは思いますが、リラックスをすることで自律神経の働きが整うので少しずつ良い方向に向かうはずです。

即効性はないかもしれません。でもリラックスをする習慣をつける、ストレスをなくす、自分をよく観察する、リラックス法をマスターする、というのは出産に向けての大きな武器となります。

妊娠中期になれば体調も落ち着いて食事や運動も工夫出来るようになります。それまでは静かに、メンタル面のケアをしっかりすることをおすすめします。

【参考URL】

『カイテキオリゴ』

関連記事

  1. 妊娠中の便秘用オリゴ糖ランキング!買って後悔しない3商品はコレ
  2. 妊婦さんの便秘には実はココアがいいらしい~楽に便秘解消~
  3. 妊婦でも便秘薬を飲んで大丈夫?市販薬便秘薬と処方便秘薬について
  4. 水分補給を効果的に~超硬水で便秘解消~
  5. ヨーグルトの選び方、続け方
  6. 乳酸菌の効果的な摂り方
  7. 妊婦さんの便秘の原因と便秘解消方法~便秘に効く食事~
  8. 妊娠中期の便秘
  9. 妊娠中の便秘、原因と症状~腹痛、腰痛、吐き気、妊娠のせい?~
  10. お腹の赤ちゃんにも便秘の影響が?~母親の便秘と免疫力~