赤ちゃんようこそ.com > 便秘 > 乳酸菌の効果的な摂り方

乳酸菌の効果的な摂り方

便秘を根本的に改善するには腸内環境改善が一番です。その為には腸内細菌を善玉菌が優勢になるように整えなければなりません。

普段の食事に気をつけることはもちろん、乳酸菌の入った食品をコンスタントに摂りつづけていくことが必要になっていきます。

乳酸菌の入った食品

乳酸菌は様々な発酵食品に含まれます。その代表ともいえるのが、ヨーグルトではないでしょうか。

今は特定保健用食品として認可されているものも多く出回っていて、整腸トクホと呼ばれる類の物は、なぜお腹の調子を整えるのか、入っている菌種等も記載されているので分かりやすいかと思います。

その他、乳酸菌飲料、チーズ、発酵バター等の動物性乳酸菌に対して、植物性乳酸菌の入ったものが日本には数多くあります。

味噌、醤油、酒、等の醸造製品、ぬか漬けをはじめとする漬物類です。

注目される植物性乳酸菌

植物性乳酸菌の良いところは、動物性乳酸菌に比べて熱や酸に対する耐性が強いので、菌が生きた状態のまま大腸まで届くことです。

以前、テレビ番組の調査で、日本で便秘が少ない県の一位は青森県、というのをやっていました。

その理由の一つが漬物をよく食べる事とのこと。

妊娠中は塩分が気になるものが多いので大量に食べる事はおススメできませんが、少しずつ普段の食事に取り入れられるものが多いのが魅力です。

植物性乳酸菌も最近は乳酸菌飲料として出ているので、そちらを利用するのもよいでしょう。

商品名にもなっているので聞いたことがあると思いますが、ラクトバチルス・ブレビスの略称であるラブレ菌。

もともとは京都のすぐき漬けから見つかった菌だそうです。

このラブレ菌は整腸作用の他にナチュラルキラー細胞を活性化することが分かっており、ガンの予防にも効果が期待されています。

食べる乳酸菌の種類は?

色々と試してみて、自分に合った乳酸菌をみつけたらしばらくは摂りつづけることが大切です。

しかし、色々な種類を摂ることも大切なので何種類かを食事に取り入れたり、時々は摂る乳酸菌を変えてみるのも大事です。そうすることで怠けてしまった菌を活性化するのだそうです。

目的によって選ぶ菌種

乳酸菌は善玉菌として腸内環境を整えるのでほとんどの菌種が便秘改善に効果があると言われています。

ヨーグルトを作る主役乳酸菌であるブルガリア菌やサーモフィラス菌の他、新型乳酸菌と呼ばれるフェリカス菌等、様々な菌種があります。

種類 便秘 免疫 肌荒れ アレルギー 花粉症 ダイエット ストレス
LB81菌
BB536株
LGG菌
LKM512株
KW3110株
1073R-1菌
シロタ株
L-55株
BE80株
SBT2055株
HN019株
GCL1176株
クレモリスFC株
ラブレ菌

妊娠中は免疫力が落ちるので免疫力アップ効果が期待できるものも合わせて試すと良いと思います。

私は1073R-1菌が自分に合っていたようなので妊娠中は意識的に摂っていました。
1073R-1乳酸菌入りのヨーグルトでインフルエンザの感染率が大幅に下がった、というのはニュースにもなりましたね。

1073R-1乳酸菌入りのヨーグルトドリンクを一定期間、毎日一本ずつ飲んだ結果、他の地域の小中学校よりも明らかにインフルエンザによる感染が少なかったとのこと。

実際、私も妊娠中は風邪知らずでした。

引用:明治 乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトにより、免疫力アップ 図版参照 (クリックすると拡大します。)

ちょっと風邪をひきそう、と思った事はあったものの、すぐに回復しましたし、毎年、年に2回くらいは扁桃腺を腫らして高熱を出していたのですが、妊娠中から今に至るまで、一回も熱が出てません。

確実に免疫力が上がったのを実感しています。最初は便秘解消に効果があったことと、味が気に入ったので摂りつづけていたのですが、思わぬ効果に得した気分でした。

薬が飲めない、飲みたくない妊婦さんにとっては朗報ではないでしょうか?便秘解消だけでなく、風邪やインフルエンザの予防にもなる乳酸菌。

是非続けて摂ってみる事をおすすめします。

【参考URL】

花粉症も軽減

私はアレルギー体質ではないのでアレルギー症状の改善については友人の体験談になりますが、友人はかなりひどい花粉症でした。

私より少し早い時期に妊娠していたのですが、秋の花粉の時期と重なってしまい、いつも飲んでいる薬が飲めず、かなり辛そうでした。

今、思えばたまたまだったのですが、彼女はLGG菌入りのヨーグルトドリンクを便秘予防に飲み始めたそうです。

全然アレルギー改善効果に期待していなかった、というよりその効果がある事すら知らなかったのですが、しばらくしてかなり調子が良い事に気が付いたそう。

出産後、会った時には花粉の時期にも関わらず以前よりも明らかに軽装備でした。

食べるタイミングは?

整腸作用については、乳酸菌は胃酸などで死んでしまった死菌も無駄ではない、という説が最近は有力なようです。

死菌は善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善に一役買っているようなので、便秘改善、ということであればそこまでストイックになる必要もないようです。

しかし、乳酸菌の効果を最大限生かすのであれば、やはり生きたまま大腸まで届けたいもの。一般的には胃酸の影響を受けづらい食後に摂ったほうが良さそうです。

植物性乳酸菌は強い耐性を持つので、あまり気にせずに食事に取り入れることで大丈夫です。

食べる時間帯は?

効果的なのは夜がいい、という専門家の意見があります。

22~2時くらいの間に腸の動きが活発になるので、その2、3時間前に摂った方が良いらしいです。

ただ、朝のヨーグルトも排便を促すのに効果があるので、臨機応変に試してみるのが良さそうです。

ファイトケミカルと乳酸菌

引用:津ネイション 図版参照

最近よく聞くファイトケミカル。要は、植物が持っている抗酸化力の高い化学成分のことで、免疫力アップにも効果を発揮します。

この植物の持っている力と、乳酸菌の力を合わせると腸内環境を改善する効果が高いことが分かってきています。

ファイトケミカルは様々な植物に含まれています。出来るだけ多種類の果物や野菜を摂ることで様々な恩恵を受けることが出来るので、覚えておくとよいでしょう。

より効果を上げる食べ方

乳酸菌のエサとなるものを一緒に食べると効果が上がります。オリゴ糖や水溶性食物繊維を多く含む食品を一緒に食べることがおすすめです。

オリゴ糖を多く含む食品は、玉ねぎ、ごぼう、にんにく、大豆、バナナ、アスパラガス、蜂蜜等があるので、ヨーグルトに入れるのであればバナナや蜂蜜などが合いそうですね。

より効果を上げるのであれば、純度の高いオリゴ糖のサプリメントもおすすめです。

水溶性食物繊維を多く含む食品は、フルーツ、ドライフルーツ、豆や大豆製品、さつまいも、オートミールや玄米等、海藻等があります。

こうしてみると、オリゴ糖も水溶性食物繊維も、様々な食品に含まれています。ヨーグルトにフルーツを入れて蜂蜜をかけたり、玉ねぎと海藻をお味噌汁に入れる等色々な組み合わせが出来ます。

是非、乳酸菌を積極的に食事に取り入れて便秘解消とともに健康的なマタニティライフを送りましょう。

【参考URL】

『カイテキオリゴ』

関連記事

  1. 妊娠中の便秘用オリゴ糖ランキング!買って後悔しない3商品はコレ
  2. 妊婦さんの便秘には実はココアがいいらしい~楽に便秘解消~
  3. 妊婦でも便秘薬を飲んで大丈夫?市販薬便秘薬と処方便秘薬について
  4. 水分補給を効果的に~超硬水で便秘解消~
  5. ヨーグルトの選び方、続け方
  6. 妊婦さんの便秘の原因と便秘解消方法~便秘に効く食事~
  7. 妊娠中期の便秘
  8. 妊娠中の便秘、原因と症状~腹痛、腰痛、吐き気、妊娠のせい?~
  9. 妊娠初期の便秘
  10. お腹の赤ちゃんにも便秘の影響が?~母親の便秘と免疫力~