赤ちゃんようこそ.com > 便秘 > 水分補給を効果的に~超硬水で便秘解消~

水分補給を効果的に~超硬水で便秘解消~

便秘解消には水分補給を効果的にすることが必要です。

とはいえ、妊娠中はむくみが気になるのでやみくもに水分を摂るのは控えたいものです。

そこでおススメなのがスリムウォーター、ダイエットウォーターとして人気の超硬水と呼ばれるミネラルウォーター。

ダイエット時の水分補給、としてモデルさんなどに愛飲され、雑誌などでも取り上げられることが多いので一度は聞いたことがあると思います。

コントレックス、クールマイヨールなどがこれにあたります。これらの超硬水は、便通を良くする効果があるのでおすすめです。

水の硬度

水の硬度、というのがひとつ、ポイントになってきます。ミネラルウォーターと呼ばれるものでもその硬度は様々。

水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが存在していて、水1000ml中のカルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウムの量に換算して硬度を算出しています。(アメリカ硬度)

硬度=(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

硬水と軟水

水の硬度によって、軟水と硬水に分けられます。WHOが定めている基準ですと、0~60mg/lは軟水、120mg/l以上は硬水、180mg/l以上は非常な硬水、とされています。

日本の水はほとんどが軟水です。

引用:ニュースダイジェスト 図版参照

引用:ニュースダイジェスト 図版参照

超硬水

フランスのミネラルウォーターであるコントレックスは、硬度は約1500。(※正規品か、並行輸入か、により若干の差があるようです。)

イタリアのミネラルウォーターであるクールマイヨールは硬度1612。超硬水と呼ばれるコントレックス、クールマイヨールにはたくさんのミネラルが溶け込んでいます。

コントレックス

コントレックスは日本でのスリムウォーターの火付け役的な存在です。

90年代頃からメディアに取り上げられ、当時は通販のみで入手しづらいものでしたが、今はコンビニエンスストアなどでも見かけるほどポピュラーなものとなりました。

並行輸入品があるため、価格も比較的お安く手に入れる事が出来るのも魅力。

コントレックス500ml中には、カルシウムは234mg、マグネシウムは37mg、サルフェートは約594mg含まれています。

マグネシウムは緩下剤にも用いられるように腸に水分を引き寄せて便を柔らかくする働きがあります。

産前、産後ケアとしてコントレックスをアメニティとして採用している産婦人科もあるので、妊婦でも安心して飲む事が出来ると思います。

クールマイヨール

イタリア原産のクールマイヨールは、実はコントレックスよりも更に硬度が高く、ミネラル分が豊富です。

500ml中にカルシウムは265mg、マグネシウムは35mg、サルフェートは740mg含まれています。

しかし、何故かコントレックスよりも飲みやすい、ということで人気のミネラルウォーターです。

確かに、コントレックスに比べると独特のちょっと苦、重いような感じが少ない気がします。

コントレックスに比べると価格が高い点と、置いているお店が少ないので通販になってしまうであろう事から続けにくいかもしれませんが、コントレックスの味が苦手な人は一度試してみるとよいかもしれません。

サルフェートの効果

引用:かぐや治療院 図版参照

サルフェートは硫酸塩と呼ばれる物質です。

主にマグネシウムなどと硫酸基が結びついて出来たもので、ヨーロッパのミネラルウォーターに多く含まれている成分です。

硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、硫酸ナトリウムで構成されています。

身近なものではブロッコリーやジャガイモ、アーモンドなどにも含まれています

このサルフェートはデトックス効果があると言われていて、有害物質の排出を促したり、利尿作用があります。

そして下剤でも使われている硫酸マグネシウムを含むので、便通を促します。

もちろんミネラルウォーターには下剤ほど多量の硫酸マグネシウムが入っているわけではないので便秘の人はそこまで心配しなくて大丈夫だと思います。

しかし何でも合う、合わないはあると思うので不安な場合は医師に相談すると良いでしょう。

【参考URL】

問題は飲みにくさ

超硬水はたくさんミネラルが入っているので、とても重い感じがして飲みにくいのは確かです。

特に日本人は軟水に慣れていてそちらが美味しい、と思っているので余計にまずくて続けられない、という人が多いようです。

実際、私もケースで購入した後で、全部飲み切れるかが不安になりました。

しかし、ちょっと冷やすとそこまで重さが気にならなくなりました。

独特のからみつくような感じも、軽減されます。

また、メーカーの方でも推奨しているのが、とにかく飲み慣れること。

一週間ほど飲み続けると違和感がなくなって常温でも普通に飲めるようになりました。

それでも飲みにくい人は、レモンを絞るのもおすすめです。また、スムージーに入れるのも飲みやすくなります。

水分の摂り方

朝、起き抜けには少し冷やした水をコップ1杯ほど飲むと胃や腸が刺激されて便通につながるのでおすすめです。

一日を通しての水分補給はこまめに少しずつが効果的なようです

だいたい飲み物と食事の水分を足して1日2リットルほどが基本とされますが、妊娠20週目ごろから少しずつ量を増やし、10~30%ほど飲む量をアップさせると良いそうです。

赤ちゃんが急激に大きくなる妊娠後期には血液量も増え、水分が通常よりも必要になってくるためです。

妊娠中に飲んでも大丈夫?

乳幼児の飲用は控えるように書いてありますが、妊娠中、授乳中は特に問題ないそうです。

しかし、飲み慣れていない人はたまに下痢を起こすことがあるので少しずつ試してみることをおすすめします。

妊娠初期につわりがひどい時などは無理をせずに落ち着いてから飲む方がよいかもしれません。

超硬水で便秘解消をめざすことの利点

妊娠中は体重管理も気になるのでカロリー0の水で便秘解消の上ミネラルの補給が出来る、というのは魅力的です。

なぜなら身体への吸収を考えるとカルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂取することが理想と言われますが、その割合で食品から摂ろうとするとどうしてもカロリーオーバーになりがちだからです。

また、マグネシウム、カルシウムは筋肉の動きに密接にかかわっており、こむら返りの予防にもなります。

妊娠後期になると脚がつりやすくなるので、便秘解消、こむら返り解消が同時に出来る超硬水は妊婦さんにおすすめなのです。

産後にむけて習慣づけよう

出産後、授乳が始まると特に水分不足から便秘になりがちになるので、妊娠期から水分を摂る習慣をつけておくとよいと思います。

私はコントレックスを飲み続けていますが、やはり水分を定期的に、意識して飲む、ということは大切です。

便が柔らかくなるので排便がスムーズになります。

また、以前はトイレが遠くて代謝の悪さを痛感していましたが、最近は人並みにトイレの回数が増え、むくみづらくなったので体質改善にも効果があるように思います。

【参考URL】

『カイテキオリゴ』

関連記事

  1. 妊娠中の便秘用オリゴ糖ランキング!買って後悔しない3商品はコレ
  2. 妊婦さんの便秘には実はココアがいいらしい~楽に便秘解消~
  3. 妊婦でも便秘薬を飲んで大丈夫?市販薬便秘薬と処方便秘薬について
  4. ヨーグルトの選び方、続け方
  5. 乳酸菌の効果的な摂り方
  6. 妊婦さんの便秘の原因と便秘解消方法~便秘に効く食事~
  7. 妊娠中期の便秘
  8. 妊娠中の便秘、原因と症状~腹痛、腰痛、吐き気、妊娠のせい?~
  9. 妊娠初期の便秘
  10. お腹の赤ちゃんにも便秘の影響が?~母親の便秘と免疫力~