赤ちゃんようこそ.com > 妊娠中の生活 > 安産のためにできること

安産のためにできること

本来人間には、想像以上に偉大な生命力が備わっています。その力を引き出すことが、安産への近道です。その方法を紹介します。

安産の鍵を握る骨盤

骨盤は、女性の心と体の健康状態を司る大変重要な役割を担っています。

月経から妊娠・出産、産後に至るまで、全て骨盤の状態による影響が出てくるのです。従って安産になるか否かは、骨盤の状態にかかっていると言っても過言ではありません。

骨盤は常に前後・左右へと動き、さらに腸骨は開閉を繰り返しています。そのため、骨盤は常に歪んでいます。

引用:整体院恵み 図版参照

それに伴い、人それぞれ体の癖もあるため、放っておくと常時歪んだ状態で固定されてしまいます。歪みが大きくなると、骨盤が凝り固まると同時に内臓や子宮もカチカチに硬くなります。

すると、お腹の赤ちゃんにとっては窮屈で発育しにくい環境になるため、歪みによる頑固な凝りは骨盤ケアによって改善する必要があります。

そうすることで、ふんわり柔らかい子宮に改善され、赤ちゃんにとっても成長しやすい快適な環境をつくってあげることができます。

ふんわり柔らかい子宮は、適度な伸縮性があるため、分娩の際に負担が少ないというメリットがあります。

体の動きに沿って骨盤が歪むのは止められないので、癖などによる歪みの固定が小さいうちに、毎日コツコツとケアをすることが大切です。

【参考URL】

しなやかな筋肉で赤ちゃんを守ろう!!

引用:ヘルスヒル 図版参照 (クリックすると拡大します。)

骨盤が歪みによって頑固に凝り固まる一方で、緩みすぎて異常に開いてしまう場合もあります。

『リラキシン』というホルモンは、骨盤の適度な伸縮性を保つために重要なのですが、この場合、リラキシンの働きに対して、筋肉量が不足していることが大きな問題になります。

昔の女性は、現代人の体よりもずっと強靭な体をしていました。

便利に発展した現代とは違い、家事や畑仕事を全て手動で行っていたため、足腰はかなり丈夫で、妊娠・出産に必要な筋肉も発達していたのです。

現代の女性は昔の女性よりも筋肉量が少ないため、このホルモンによって体が緩みすぎてしまい、様々なトラブルが起こります。

緩みにより、骨盤が異常に開きすぎて内臓が下がってしまうと、子宮も同様に下がります。すると、子宮頚管が短くなります。

それは、出産時に赤ちゃんの頭の旋回がうまく行われない原因となり、吸引分娩に繋がります。

子宮が下がっている特徴としては、妊娠中にも関わらずお腹の膨らみが小さく目立たないことや、腰痛や尿漏れなどの症状が著しいことがあげられます。

このような症状のある方は、筋肉量を増やすことで改善が期待され、吸引分娩の予防にも繋がります。妊娠中は、マタニティーヨガや軽いウォーキングなどで、じんわりとインナーマッスルを鍛えることが効果的です。

骨盤ケアの基本

骨盤ケアは、『整える』『あげる』『支える』の三原則で成り立っています。まずは歪んだ骨盤や筋肉を、マタニティーヨガや骨盤ストレッチなどで整えます。

次に下がってしまった子宮などの内臓をあげます。骨盤高位の姿勢をとり、妊婦さんの定番『トコちゃんベルト』をつけると、子宮やその他の内臓が正しい位置に保たれます。

そして、そのベルトで骨盤を支えます。ベルトがなければ、さらしでも構いません。

ベルトを使用する際、つけ方もポイントになります。腰や尾骨に痛みを感じる方には、前から後ろにつけた方が安定しやすく、恥骨が痛む方には、後ろから前につけた方が安定するのでおすすめです。

ベルトをつける方向は個人差があり、人によっては常時変化するので、自分で試して心地よい方を見極めてみましょう。

また、しっかり支えようと締め付けすぎると、骨盤の自然な開閉を妨げてしまい負担がかかるので、心地よい程度に締めましょう。ベルトは、腹巻→ベルト→ショーツの順で装着しましょう。

侮れない、臨月の過ごし方

臨月に入ったら、安産のために毎日お散歩をして、たくさん歩くことをお勧めします。

それは、陣痛が始まるその日までにしっかりと子宮口を空けておくことが大切だからです。

陣痛のピーク時に子宮口が開いていないと、狭すぎて赤ちゃんが通れないことや、会陰裂傷を避けるため、『いきみ逃し』をすることになるからです。

『いきみ逃し』は、陣痛の時間も長引き、体力をかなり消耗します。

そうなると、微弱陣痛、緊急帝王切開や吸引分娩に繋がります。

自宅出産を専門とする助産師さんは、臨月になったら1日3時間歩くことを指導する場合もあるそうです。

臨月になるとお腹が重く苦しいですが、ここでしっかり動くことで、体重増加の予防、適度な筋肉がつき、子宮口も柔らかく開くため、出産が楽になります。

体力勝負の出産!!体力のない妊婦さんでも安産になるの?

もともと体力に自信のない妊婦さんが、出産に向けて慌てて体力をつけようと思っても、妊娠中に体力づくりは大変危険なので無謀です。

実は、体力がなくても安産は可能なのです。

陣痛は、波のように訪れます。最初は弱く小さな痛みが、長い間隔を空けて起こり、次第に強く大きな痛みが、短い間隔へと変わっていきます。

この『間隔』の使い方が安産に向けて大きなポイントになります。

痛みが訪れた瞬間は、体にものすごい衝撃があり、その都度体力を消耗します。

しかしその波が通り過ぎれば、スッと痛みがおさまります。この時に、不安や痛みへの恐怖心で力を入れてしまうと、どんどん体力を消耗してしまい、出産に必要なエネルギーが枯れてしまう原因になります。

極力体を休めることに意識を集中させましょう。また、痛みや苦しみで 『声を出すこと』が効果的ないきみの妨げになります。

声を出すことは、思っている以上にエネルギーを消耗するのです。少しでも体力を温存することは、安産に繋がるので『静かなお産』を目指しましょう。

空腹で出産に臨まないことも、大切なポイントです。

陣痛もしくは破水が起こってから分娩まで、個人差はあれどいくらか時間があります。その際にできるだけ食事を取りましょう。片手で簡単に食べられて、腹持ちのよいおむすびがおすすめです。

【参考URL】

関連記事

  1. 太り過ぎ妊婦さんの難産対策講座
  2. 妊娠中の冷えの原因と対策
  3. 妊娠中の食事はとても大切!どのような食生活を送ればいい?
  4. 産後まで通えるヨガ教室の選び方
  5. 安産に効果的なマタニティヨガ
  6. 妊娠中にも楽しめる適度な運動
  7. 夫のサポートが必要不可欠。つわりの時期の言動禁忌
  8. 妊婦さんの肥満は難産のもと~運動で体重管理をしよう~
  9. 妊婦さんにぴったりの運動~マタニティーウォーキングを楽しもう~
  10. 妊娠中もスイミングスクールで気分転換