赤ちゃんようこそ.com > 妊娠中の生活 > 太り過ぎ妊婦さんの難産対策講座

太り過ぎ妊婦さんの難産対策講座

空気も吸いたくないっ!

妊娠すると「空気を吸っただけでも、水を飲んだだけでも太ってしまう……」なんて言葉を耳にしたことはありませんか?

つわりが終わった途端に食欲がぐっと増えたり、産休に入って急に体重が増えたりしがちです。

臨月時期の体重増加はそう神経質になることはありません。しかし出産までの間に体重が増え過ぎたり、短い期間で急激に体重が増えたりすると、「難産」のリスクが高まってしまいます。

「難産」のリスクを減らして、元気な赤ちゃんを産むための方法。少しだけ意識してみませんか。

私は太り過ぎ妊婦さん?

妊娠して体重が増えるのは当たり前のことです。赤ちゃんが健康に発育していく環境を維持する為にも必要です。

体重が増えていく内訳は、発育していく胎児や胎盤、それに伴う子宮の増大。そして乳房・母親の血液や体液の増量、皮下脂肪などがあります。

体重の増加量(㎏)
赤ちゃん 3.0
胎盤 0.5
羊水 0.5
母親の
・子宮・乳房増大
・水分・血液の増大
・皮下脂肪の貯蔵
3.0~4.0

妊娠中の理想的な体重増加量は、妊娠前のお母さんの体型によって違ってきます。

現在は体重そのものをみるというよりも、体格指数であるBMIで判断するようになっています。

BMIの計算方法は、

妊娠前の体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)=BMI

妊娠前だと、21~22が標準体重です。妊婦さんの場合は28以上が肥満、25未満が標準体重です。

ではBMI別に、理想的な体重増加量の目安をみていきましょう。

BMI ~18 18~24 24~28 28~
体型 やせ型 普通 太め 肥満
増加体重(めやす) 12.0㎏ 8.0㎏ 5.0㎏ 0㎏

ちなみに私は表でいう普通の体型で妊娠しましたが、妊娠中にとんでもなく体重が増えてしまいました……。

次は、私の体験です。

【参考URL】

私の体重、どうしてこんなに増えていくの~!?

妊娠判明!喜びと同時につわりが始まりました。

私は「食べづわり」といって、食べないと気持ちが悪くなるつわりでした。なのでそれはモリモリと食べました。

次第に体重計にのるのが怖くなり、のらずにいると、一気に体重が増えていて、更にショックを受けてストレスがたまってしまう。

その繰り返しです。合併症も出てしまいとても辛い妊娠生活でした。

ある健診の日、とうとう先生に「難産の匂いがする。」と言われてしまいました。

ハッと我にかえった私。「今さら遅いなんて言ってる場合じゃない。今からやろう。」

外食はやめて自炊。栄養のバランスやカロリーを意識して食べる、間食をしない。マタニティビクスに参加する。そして散歩する

妊娠中にダイエットをすることは考えられないので、栄養はきちんと摂りながらも、日常生活で筋力・体力をつけていくことにしました。

そのうち体の調子がよくなりました。何より分娩の時に、その時つけた筋力・体力がとても役に立ちました。

体重が増えすぎるとどうなってしまうの?

妊娠中に体重が増えすぎると、合併症を起こしやすく、「難産」になる可能性は普通の妊婦さんよりも高くなります。

妊娠中の合併症には、むくみや腰痛などの症状の他、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や血糖値があがる妊娠糖尿病などがあります。

太り過ぎるとどうして「難産」になりやすい?

① 脂肪が増える

妊娠中はお腹の赤ちゃんを外部から守る為に、皮下脂肪を貯めようとする身体の機能が働きます。

正常な体重増加量よりも多く増えるということは、それだけ余分な脂肪が体に貯まってきているということです。

では脂肪が増えすぎるとどうなるのでしょうか。

脂肪は内臓につくのはもちろんのこと、赤ちゃんが産まれてくる際に通る産道にもたくさんつきます。

そうなると赤ちゃんが産道を通りにくくなるのでお産に時間がかかり、お母さんと赤ちゃんの体力を奪ってしまいます。

② 赤ちゃんが大きくなり過ぎる

巨大児といい、出生体重が4.000g以上の児のことをいいます。こうなると自然分娩が難しくなり、帝王切開となる可能性も高まります。

自然分娩が難しくなるおもな理由には以下のものがあります。

  • 赤ちゃんの体や頭が大きい為、産道をスムーズに通れないから
  • 弱い陣痛が長く続く「微弱陣痛」になりやすくなるから
  • 赤ちゃんの肩が恥骨に引っかかってなかなか外へ出られない「肩甲難産(けんこうなんざん)」になりやすいから

赤ちゃんの将来の為にも

妊娠中にお母さんの体重が増えすぎると、子どもが大人になって生活習慣病になるリスクが高くなると言われています。

また、合併症である妊娠糖尿病になることで、産後子どもが糖尿病になってしまうこともあります。

引用:ヘルシル 図版参照

しかしこれらは必要以上に体重が増えすぎてしまった場合に可能性が高くなるもので、妊娠中の順調な体重増加は必要不可欠です。

妊娠中の食事・食生活の管理や、適度な運動の大切さ。これはよく耳にすることですが、案外行動に起こすのが難しいこともあります。

今さらもう遅いなんてことはありません。これらを少しでも意識して積み重ねていくことが、「安産」への近道にもなるのではないでしょうか。

長いようで短いマタニティライフ。楽しみながら体重管理をしてみませんか。

【参考URL】

関連記事

  1. 妊娠中の冷えの原因と対策
  2. 妊娠中の食事はとても大切!どのような食生活を送ればいい?
  3. 安産のためにできること
  4. 産後まで通えるヨガ教室の選び方
  5. 安産に効果的なマタニティヨガ
  6. 妊娠中にも楽しめる適度な運動
  7. 夫のサポートが必要不可欠。つわりの時期の言動禁忌
  8. 妊婦さんの肥満は難産のもと~運動で体重管理をしよう~
  9. 妊婦さんにぴったりの運動~マタニティーウォーキングを楽しもう~
  10. 妊娠中もスイミングスクールで気分転換