赤ちゃんようこそ.com > 妊娠中の生活 > 夫のサポートが必要不可欠。つわりの時期の言動禁忌

夫のサポートが必要不可欠。つわりの時期の言動禁忌

育メンという言葉をご存知でしょうか。

育児に積極的に取り組み、楽しんでいる男性のことを現した俗語です。では、その育児とはいつから始まるのでしょう。

女性は、ママになった瞬間からお腹の中で小さな命を育て始めます。

つまり、妊娠が成立した瞬間から育児は始まっているのです。

赤ちゃんができてから最初の壁が妊娠初期のつわり。この時期を上手に乗り切らないと、夫婦の関係にしこりを残して『産後クライシス(家庭崩壊)』に繋がる可能性もあります。

円満に楽しいマタニティライフを過ごすために、是非パパさんに理解してほしいつわりの症状と注意したい言動をまとめました。

つわりの症状

妊婦さんの約8割の方がつわりの症状を体験しています。

つわりは治療方法がなく、吐き気を抑えたり、点滴を打つなどの対処療法しか方法がありません。

よく耳にする『妊婦は病気じゃない』とは、病気じゃないから治療法がない。だから、静かに大事に過ごしてね。ということです。

間違っても『病気じゃないから気の持ちよう』なんて思わないでくださいね。基本的なつわりの症状と特徴をご紹介します。

吐きつわり
症状

嘔吐、二日酔いのようなムカムカ感を感じる、動くだけでも吐いてしまう、満腹時に感じるような胃の圧迫感など。

また、1日に3回以上吐く、水分が取れない、体重が2週間程度で5キロ近く減った、トイレの回数が減ったなどの症状があれば、重症妊娠悪阻の可能性がありますので早急に病院へ行く必要があります。

特徴

つわりの代表格。名前の通り、嘔吐してしまいます。私の場合、寝ても覚めても吐き気に襲われ、ベッドとトイレの往復。

食事することもできず、ピーク時は水分すら摂ることができなくなり、脱水症状が現れました。嗅覚や視覚も敏感になり、食べ物の映像を見るだけでも吐いてしまうことも。

対処法

吐きつわりはつわりを意識しすぎる事でも悪化します。赤ちゃんが育っている証拠だと前向きにとらえ、ストレスを溜めないようにしましょう。

また、生姜は吐き気を抑える作用があるのでおすすめ。無理に食事をしようとせずに、食べたい時に食べたいものを食べることが大切です。

食べつわり
症状

常に口に何かを入れていないと気持ち悪くなる、空腹を感じると気持ち悪くなる、食べているときは気持ち悪くないけど食べ終わると戻してしまうなど。

特徴

食べつわりは食べることで気持ち悪さが楽になるため、ついつい食べすぎてしまいます。

偏食になり、同じ食べ物をひたすら食べたくなることも。食べつわりは血糖値が下がっているとき(空腹時、起床時)に強く吐き気を感じます。

対処法

吐き気を感じたらすぐに食べれるように、枕元にビスケットを常備しておく。

一口大のおにぎりをたくさん作って一つ食べるなどの工夫が必要です。

また、心配なのが体重増加。

ローカロリーな寒天やキノコ類、グレープフルーツなどがおすすめですが、食べたいものを食べてストレスを溜めないこと事が大切です。

筆者も1週間程度食べつわりの期間がありましたが、和光堂の葉酸キャンディー(レモン味)でしのぎました。

和光堂の葉酸キャンディーは、2粒で一日に必要な葉酸を摂取できるうえ、ノンシュガー。

甘すぎずさっぱりとしていておすすめです。体重管理は安定期に入ったら考えましょう。

眠つわり
症状

頭が重く感じる、ウトウトする、記憶力が低下する、判断力が低下するなど

特徴

眠りつわりともいい、いくら寝てもずっと眠気がする、食後に眠くなるなど症状の出方にも個人差があります。

気が付いたら寝てしまっていたなど、日常生活に支障がでることも。

だらけていると勘違いされたりと理解されづらいようです。

睡眠時間が長くなる一方、睡眠の質は低下するのでいくら寝ても倦怠感が治まりません。

このような状態の時は、長時間の火の使用(煮込み料理など)や、車の運転などは控えた方が良いでしょう。

対処法

眠れる環境なら、5分でも10分でも寝てしまうのが一番です。私はありがたいことに専業主婦なので、家事をする時以外は寝させてもらっていました(吐きつわりもあったので寝てた方が楽だった)。

しかし、働いていらっしゃる方はそうもいきません。外の空気に触れたり、ガムをかむ、軽い体操をするなど気分転換することで眠気をごまかすことができます。

よだれつわり
症状

よだれが口の中に多く溜まる(唾液過多)、唾液がたまることで気持ち悪くなり嘔吐する

特徴

漫画の腹ペコ少年のようにだらだらとよだれが出ます。

よだれつわりの原因は副腎皮質というホルモンが多く分泌されるために唾液が多く分泌されるという説や、ビタミンB6不足、水分代謝が悪くなるために唾液が多く出るなどがありますが、はっきりとした原因は分かっていません。

対処法

私は、柑橘系の飴やタブレットなどでよだれを飲み込みやすくしたり、タオルやティッシュなどを常に持ち歩いてよだれを吸わせる方法を行っていました。ペットボトルやエチケット袋を持ち歩く方もいるようです。

《番外編》男性にもつわりがある

クーヴァード症候群と呼ばれ、上記の症状が旦那さんに現れることがあります。医学的にも認められた病気で、原因は出産や育児への不安やプレッシャーによるストレスで、出産と同時に治まることがほとんど。

実際に妊娠をしているわけではないので、薬での対応が可能です。

【参考URL】

パパに協力してほしいこと

ママ友の話やネットの体験談などをみていると、旦那さんにしてほしいこと、気づいてほしいことに次の様な事がよく言われています。

ママさんの真意を解説します。

連絡がない、帰りが遅い

妊娠中は不安や心配事がおおく、心細くなります。

旦那さんにそばにいて欲しい(家事もしてほしい)のですが、ホルモンの影響からイライラしてしまい、「なんで連絡してくれないの!」「なんでもっと早く帰ってこれないの!?」と言ってしまいますが、正直、“さみしい”んです。

検診についてきてよ

夫婦二人の子供だから、一緒に子供の成長を確認し、喜びを分かち合いたいと思っています。3回に1回でも検診に行き、トクトクと動く小さな鼓動を一緒に喜べたら満足です。

上の子の面倒を見て

3度の食事を準備して、食べさせて、小さい子ならおむつを替えて・・・つわり中には体力的にもきつく、また、可愛いわが子の匂いも気持ち悪くなる原因になります。

実際、普段は気にもしない我が子の口臭が、つわり中はたまらなく臭く感じて寝かしつけなどで辛い思いをしました・・・。数か月の辛抱と思って是非、協力してください。

できるだけ近づかないでほしい

一見ひどいように聞こえますが、大好きなパパさんの匂いもつわり中は気持ち悪くなる原因になります。

特に、たばこやお酒をたしなむ方はなるべく近くで話さない、マスクをつけるなどしてもらえると助かります。別に嫌いになったわけじゃないですから!

買い物はお願いします

スーパーの中は食品の匂いや、お弁当などの脂っこいものなど、視覚的、嗅覚的にとてもつらいところです。鮮魚売り場の匂いは本当に地獄。

さらに、重たい荷物を持たなくてはいけないのが妊婦さんには負担になります。最近ではネットスーパーもありますので、仕事の合間にでもネットで頼んでもらえると助かります。

家事をしてほしい

家事と言っても色々ありますが、特にお願いしたいのが食事の支度とお風呂掃除と洗濯です。食事はもう匂いと見た目がキツイ。料理が得意でなくても、お惣菜やレトルト、冷凍食品を駆使して、できればママさんとは別の部屋で食事をしてもらえると助かります。

お風呂掃除と洗濯は、転倒の危険や、手を伸ばす動作が負担になります。できるだけ代わった方がいいでしょう。余裕のある方は乾燥機能付きの洗濯機をプレゼントして、是非旦那さんがまわしてください。

盲点?ペットのお世話

意外と検索にかからないペットと赤ちゃんの共存。筆者の妊娠中には、主人のペットの元野良の雑種の猫ちゃんと、私のペットのミニチュアダックスが一緒に暮らしていました。

顔をなめられても嫌じゃ無い位大好きな小さな家族ですが、つわり~産後1年位までは本当に嫌いになりました。

犬は、散歩や食事と世話がかかり、室内犬であればトイレの処理もしなくてはなりません。匂いつわりの症状があった私には、犬の獣臭と排泄物の匂いが辛く、嘔吐しながら世話をしていました。

できる限りパパさんがお世話をし、できる事なら一時的に別室で飼う、実家に預けるなどの対策ができたらいいなと感じました。

そして、妊婦さんと猫は特に注意が必要。トキソプラズマという寄生虫の一種に初めて感染した猫が排出した糞を媒介して、妊婦さんが初めてトキソプラズマ感染症になると、稀ですが胎児に重篤な障害を引き起こしたり、流産する可能性があります。

主人の猫は成人した猫でしたが、お風呂も入らずに外で放し飼いでしたので、私はすごく神経質になりました。極度に警戒する必要はないと思いますが、匂いや感染症を予防する意味でも、パパさんにお世話をお願いした方が安心できると思います。

ママの逆鱗に触れる言動

8080妊娠期間を通して一番過敏になっているつわり中。

何気ない一言が命取りになります。気を付けたい一言を紹介します。

「手伝うよ」

善意で言ってくれているのは分かりますが、「手伝うってことは、私がやるのが当然ってことよね?」と反感を買います。ここは、「俺やるから休んでなよ」辺りがベター。

「○○してあげるよ」

「仕方なくしてあげる」というニュアンスでとらえられます。パパさんは悪気ないのですが、イライラしている妊娠中はすっごく引っかかる言葉です。

「太ったね~」

「あなたの子供を身ごもったから肉が付いたんですけど?!」と言われかねないですよね・・・体型に関しては何も言わないのがベストですが、いうとしたら「ママらしくなってきたね」がまろやかな表現かなと思います。

「ご飯食べて帰るから、俺の分は気にしなくていいよ」

一見優しい言葉に聞こえますが、「・・・私のご飯は?」となります。つわりで食べれるものは少ないですが、食事を全くしないわけではないので、「ママは何が食べれる?買って帰るよ」まで言ってもらえれば100点です。

「俺だって頑張ってる」

知ってます。でも、こっちは本当の意味で命がけ。数カ月の辛抱なので、その言葉は飲み込んでください。

一人で嗜好品や趣味を楽しむ

つわり中のママは食べたいものも食べれず、しなきゃいけないことすらできずに耐えています。一緒に楽しめるようになるまでは自分の時間を割いて、ママの代わりに家のことをしてあげてください。

スキンシップを求める

そんな気分にはなれないどころか、触られたくないというママさんもいます。キスに至っては、口の匂いが気になることも・・・優しく背中をさする程度にとどめておいてください。

いかがでしたか。二人の子供を守るためにママは日々頑張っています。パパさんも正しい知識を身につけ、ママさんの症状を理解してあげてください。そしてお互いにありがとうを言葉にして、楽しいマタニティライフを送ってください。

【参考URL】

関連記事

  1. 太り過ぎ妊婦さんの難産対策講座
  2. 妊娠中の冷えの原因と対策
  3. 妊娠中の食事はとても大切!どのような食生活を送ればいい?
  4. 安産のためにできること
  5. 産後まで通えるヨガ教室の選び方
  6. 安産に効果的なマタニティヨガ
  7. 妊娠中にも楽しめる適度な運動
  8. 妊婦さんの肥満は難産のもと~運動で体重管理をしよう~
  9. 妊婦さんにぴったりの運動~マタニティーウォーキングを楽しもう~
  10. 妊娠中もスイミングスクールで気分転換