赤ちゃんようこそ.com > 妊娠中の生活 > 産後まで通えるヨガ教室の選び方

産後まで通えるヨガ教室の選び方

産後ケアにヨガを取り入れる

ママヨガ、リカバリーヨガ、ベビーヨガ、こんなヨガの名前を聞いたことがありませんか。

これは産後ママのために、行われているヨガです。

マタニティヨガに関心があるなら、ぜひ産後ケアにもヨガを取り入れてみましょう。

マタニティヨガから、継続してレッスンに通うと、より深くヨガの魅力を知ることができます。

ママの健康管理、メンタル面も含めて良いことがたくさんあります。

産後ヨガとは

受講対象者は、出産後、一カ月検診が終わった女性とベビーです。

出産を終えたママたちの、心身のケアが目的のヨガです。

出産後、開いた骨盤や子宮が元に戻るまで、約半年かかると言われています。

その間の身体は、骨盤矯正に最も適した時期です。

ヨガのクラスでは、この骨盤矯正をメインに身体ケアをしていきます。

実際にヨガクラスに参加して、妊娠前よりスリムになったママもたくさんいます。

私も、そうでした。半年後には妊娠前のパンツがジャストサイズになり、さらに一年後にはゆるく感じるほどでした。

教室では、骨盤ケアに加えて、育児による腰痛や肩こりのケア、ベビーマッサージなどを行います。

産後ヨガはいつからどこで受講できるの

引用:中川産婦人科クリニック  図版参照

教室は、マタニティヨガが開かれている場所で開講している場合が多いでしょう。

スタジオは予約制なので、初回は問い合わせをして、イベントや体験レッスンに参加してください。

産後ヨガは、スタジオに行く時は赤ちゃんも同伴です。

レッスン中は、ママのヨガマットの隣にバスタオルを敷いて、赤ちゃんを寝かせておきます。

泣いたらあやしながら、レッスンに参加できます。レッスンは週一回、平日の昼間に1時間半程度が一般的です。

赤ちゃんも一緒なので、泣いたらお互い様のリラックスした雰囲気の中で行われます。

産後ヨガの効果

私は、二回出産していますが、二回とも産後一カ月からリカバリーヨガに通いました。

ヨガに通うことができるのは、本当にうれしかったです。

出産すると、自由に外出することが難しくなります。

そして、赤ちゃんを連れて気軽に外出できるところは、多くはありません。

よって、ママが、自分のケアをしながら、赤ちゃんと一緒にいられる場所は、本当に限られます。

そんな状況の中、リカバリーヨガに通うことは、私の大切なリフレッシュでした。
【参考URL】

メンタル面、身体面でママを支える産後ヨガ

ヨガの最中、赤ちゃんが泣いたら、インストラクターが抱っこしてくれたり、言葉をかけてフォローしてもらえます。

抱っこでバリバリになった肩や腰も、ヨガでほぐすことが出来ます。おまけに骨盤ケアでスタイルアップも望めます。

講師や他のママたちとの雑談も、気分転換になりました。良いことずくめで、本当に産後ヨガには救われたと、今でも感謝しています。

妊娠期から産後まで、同じヨガ教室に通うメリット

私の場合、第一子の時はマタニティヨガから継続して同じヨガスタジオに通いましたが、第二子の時は違うヨガ教室に通いました。転居のためです。

実際に体験して、産後も同じヨガスタジオに通うことは大きなメリットがあると感じました。

まず、講師が同じ場合が多いので、ママの身体について理解してもらいやすいのです。

ママの運動歴や体力、持病まで、妊娠期から知っていてもらえると、産後も継続してケアしてもらえます。

妊娠期からの準備が効果的な産後ケア

引用:えんどう桔梗マタニティクリニック  図版参照

さらに産後のあわただしい時期でも、早い時期からしっかり産後ケアが出来るというメリットも見逃せません。

あらかじめヨガ教室を知っていれば、早く骨盤矯正を始めることができます。産後は、とにかく忙しくなります。

落ち着いて調べ物をしたり、問い合わせをしたり、といった時間はなかなかとれません。
そんな環境だと、ママの身体のケアは後回しにされがちです。

マタニティヨガから継続して通えるスタジオなら、そんな忙しい時期でも気軽に顔を出せます。

早くに始めたほうが、骨盤が安定しない時期も余裕を持って過ごすことができます。さらに早くにケアを始めれば、育児による腰痛や肩こり対策のポーズも教えてもらえて、マイナートラブル防止にも役立ちます。

産後も通えるヨガ教室の選び方

このように、産後も通えるヨガ教室を選ぶことは、メリットがたくさんあります。

産後もヨガを続けたいと思ったら、教室選びにはポイントがあります。

何よりも大切なポイントは、自宅からの距離です。

産後は赤ちゃんも一緒に通うので、移動時間が短い場所にある教室がベストです。

赤ちゃんとの移動は、ハプニングが付き物です。泣きだす、おむつ換え、吐いたり授乳が必要になったり、とにかく予測がつきません。

荷物もマタニティヨガの3倍になると思ってよいでしょう。遠くまで行くとなると、それだけで気合が必要になり、ついつい出不精になりがちです。

できれば、移動中の授乳やおむつ換えスペースのチェックも行うと良いですね。駐車場の有無や駅からのアクセスも要チェックです。

清潔感、クラスの人数なども確かめて

さらに、赤ちゃん連れだと気になるのが清潔感です。掃除が行き届いているか、赤ちゃんに危険なものがないか、などスタジオ内を観察してみましょう。

そしてヨガクラスの混雑具合も、できれば確かめておきたいところです。赤ちゃんと一緒だと、泣くのをあやしたり、授乳するなど広い空間が欲しくなります。

クラスの人数とスタジオの広さなどを、スタッフに確認しておくのもおススメです。さらに開講スケジュールも確認しておくと安心です。

赤ちゃんの体調は変化しやすく、通院や予防接種に予想外の時間を取られることもあります。変更がしやすいスケジュール設定だと、通いやすいと思います。

【参考URL】

関連記事

  1. 太り過ぎ妊婦さんの難産対策講座
  2. 妊娠中の冷えの原因と対策
  3. 妊娠中の食事はとても大切!どのような食生活を送ればいい?
  4. 安産のためにできること
  5. 安産に効果的なマタニティヨガ
  6. 妊娠中にも楽しめる適度な運動
  7. 夫のサポートが必要不可欠。つわりの時期の言動禁忌
  8. 妊婦さんの肥満は難産のもと~運動で体重管理をしよう~
  9. 妊婦さんにぴったりの運動~マタニティーウォーキングを楽しもう~
  10. 妊娠中もスイミングスクールで気分転換