保湿と栄養補給で妊娠線を予防しよう!!

妊娠線というと、妊娠後期にお腹が大きくなるのに伴い、お腹の中心から外側に向かって何本も入る縦の線を思い浮かべますね。

もちろん、お腹が妊娠線のできる代表箇所です。でも、妊娠中に妊娠線ができるのはお腹だけではありません。気を緩めると、バスト・二の腕・太もも・お尻などにもできます。

このページで正しい妊娠線予防方法をマスターしましょう。

妊娠線の正しい予防方法とは?

妊娠線は皮下脂肪が急激に増えたり、お腹が急に大きくなったりしても、皮膚が充分に伸びることができずにできます。皮膚は表皮・真皮・皮下組織でできています。

皮下組織に含まれる皮下脂肪が急激に増えることで、表皮は伸びることができても、真皮が伸びることできずに、切裂が入ってしまいます。そして、皮下出血の状態になります。これが妊娠線となります。

それでは妊娠線を予防するためには、どのような対策が有効なのでしょうか?正しい予防方法として、大きく分けて2つあります。一つは「体重管理」と「スキンケア」となります。それぞれ、見ていきましょう。

急激な体重増加に気を付けよう

妊娠線は肉割れとか、ストレッチマークともいいます。妊娠に限らず、急激に体重が増えるとできます。

妊娠したからといって、それだけで、急に体重が増えるわけではありません。妊娠初期にはつわりなどで、思うように食べることができず、体重が減る方もいます。

ところが、妊娠中期になると、つわりも落ち着き、食欲が増してきます。また、妊娠中は女性ホルモンが、脂肪を蓄えようとする方に働きます。

更に、妊娠しているということで運動量が減る方もいるのではないでしょうか。ある程度の体重増加は、正常な妊娠経過のために必要ですが、極端な体重増加は、妊娠線の原因となります。

栄養のバランスが取れた食事と、適度な運動で急激な体重増加を防ぎましょう。

スキンケアによる予防対策も重要です

一番の予防策は『保湿』です。硬いお餅を伸ばそうとしても割れてしまいますが、水分を含んだ柔らかいお餅はよく伸びますよね。肌もしっかりと保湿してあげれば、柔らかく伸びがよくなります。

お腹が出始め、体重が増加してくる妊娠中期ごろから使い始める人もいますが、お腹の肌トラブルが出る前の妊娠初期から、妊娠線予防のケア用品を使ってしっかり保湿することが大切です。

妊娠中は肌が敏感になっているので、保湿効果や浸透力が高いほうが必ずしもいいということではありませんので、専門のケア用品使いましょう。

妊娠線予防のためのマッサージの仕方

引用元:ベルタマザークリーム

保湿効果のあるクリームでマッサージそして、一番効果的なのが保湿効果のあるクリームでの全身マッサージです。

ただ、塗るだけでなく、マッサージをしながら塗ることで、血行を良くし、皮膚の弾力性を高めるので、より妊娠線の予防効果があります。

効果的なマッサージの方法

マッサージは、何度もできれば、できたなりに効果がありますが、最低、朝・夕2回行うと良いでしょう。

お腹・胸

下腹部から胸に向かって、両手を交互に動かします。特に恥骨の上の部分はお腹が大きくなると見えにくくなりますが、要注意です。皮膚を持ち上げるように念入りにマッサージしましょう。

手首から肩に向かってマッサージします。外側に集中しがちですが肘から肩に向けては内側・外側と意識してマッサージしましょう。

足・太もも・おしり・足首から、膝に向かって、そして、太ももは膝の後ろからおしりに向かって上へひっぱりあげるようにマッサージします。

おしりは内側から外側に円をかくようにマッサージします。適度なマッサージは基礎代謝を上げるため、脂肪燃焼にもなり、引き締め効果も期待できます。

妊娠中は肌が敏感ですので、保湿効果や浸透力が高い美容クリームでケアするよりか妊娠線予防専門クリームが安心です。

妊娠線予防クリームを選ぶコツ

妊娠線予防には、どのようなクリームが効果的なのでしょうか。

  • 乾燥予防
  • 保湿力をUP
  • 弾力性UP

妊娠中は肌も敏感になっていますし、赤ちゃんにとっても安全なものを選びたいですね。

香料や着色料、パラベン(防腐剤)が入っていないことは、もちろんですが、保湿力や肌の引き締め効果など、どのような成分がどのような目的で入っているのか、確認して選んでみてください。

お腹以外にも正しい予防を!

妊娠線はどこからできる?

引用元:ノコア

妊娠線ができやすいのは、まずは下腹部です。そして、乳房、太ももです。二の腕やおしりにできる人がいます。妊娠すると、プロゲステロンというホルモンが分泌されます。

このホルモンは妊娠を維持し、赤ちゃんを守るために、いろいろな働きをします。その一つに脂肪を蓄えるという働きがあります。

皮下脂肪を蓄えることによって、出産に向けてエネルギーを蓄えようとするわけです。ですから、妊娠が進むにつれて身体全体が丸みをおびてきます。

身体全体が膨らんでくるだけでなく、お腹や胸は更に大きくなります。つわりが終わる妊娠14週~16週の頃からお腹が少しずつ大きくなってきます。

お腹が全体的に大きくなるのではなく、まず下腹部が横に広がり、その後、徐々に前にせり出してくる感じです。

このころから、乳腺が発達し、乳房は授乳に向けて大きくなります。

乳房も均一的に全体的に大きくなるのではなく、わきから乳房の下の方が大きくなり、乳頭が外側に広がる感じで大きくなってきます。

ですから妊娠中期に入り、下腹部や乳房の下などの皮膚の伸びが追い付かなくなると、妊娠線ができてしまいます。

そして、油断をすると、太ももやお尻、二の腕など皮下脂肪のつきやすい所はどこでも妊娠線ができてしまいます。