妊娠線予防にアロマオイルよりもクリームが良い理由

妊娠線予防として肌に塗るのは、主にクリームとオイルの二つ。 どちらも保湿が目的で、妊婦さんのケア商品ランキングには必ず登場しています。

それぞれ成分や使用感に違いはありますが、ネットの口コミなどを見ると、「妊娠線予防にはクリームがおすすめ」などの記事が多いように感じます。

どうしてクリームの方がいいのでしょうか?

アロマオイルの注意点も含めて、その理由をお話ししていきますね。

妊娠線予防のクリームは、知識がなくても気軽に使える

妊娠線予防のクリームは、妊婦さん専用の商品です。妊娠線が出来やすくなる状態を防ぐため、肌の潤いを保つための成分がたっぷりと含まれています。

潤い成分

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • シラノール誘導体

よく知られた保湿成分にプラスして、皮膚の再生力をUPしてくれるシラノール誘導体を配合したものもあります。

お腹の赤ちゃんに悪い影響がないよう、無添加、無香料、低刺激で、気軽に塗ることができるようになっているのが妊娠線予防のクリームです。

乾燥が気になる部分には重ね塗りするなど、塗り方の幅が広いのも支持される理由の一つですね。 一方で、アロマオイルは素人では扱えない難しさがあります。

お部屋で香りを楽しむためなら良いのですが、肌に塗るとなると要注意。お腹の赤ちゃんによくない影響を及ぼすものがあるのです。

よく使われるラベンダーなどはNGです。

元々、アロマオイルの使用には制限があります。

  • 薬を処方されている方
  • 体調の良くない方
  • 既往歴のある方
  • 皮膚の弱い方

該当される方は医師の指導が不可欠です。妊娠中の方芳香浴以外の目的でアロマオイルを使用するには充分な注意が必要。

さらに、三歳未満の乳幼児には使用できません。 アロマテラピー検定の実施団体が注意喚起をしているほど、精油(アロマオイル)は種類も多く扱いが難しいのです。

これまで使用したことのないママさんは、控えた方がよさそうです。

手間要らず・すぐ塗れる! これが専用クリームならではの良さ

妊娠線は急激にお腹が大きくなる時期にできやすいのですが、そうでない時期から皮膚を保湿して乾燥肌を改善しておかなければなりません。

そうなるといつでも気軽に塗れるようなアイテムであってほしいですよね。

ココに注目!

クリームは、いつでもどこでもサッと出してパッパッと塗れます。

オイルは、薄めて手を温めてヌルヌルの手を拭って・・・と、クリームに比べると手間がかかります(おしゃれ着に垂れたら大変!着用中は厳禁です!)

ただでさえ忙しい妊婦ママ。お腹の赤ちゃんのこと、自分の体調、感染症対策、これからの準備と、息をつく暇もありません。

それなのに体は思うように動いてくれなくて、何をするにも時間がかかってしまいます。

  • オイルの種類を調べる
  • 使い方、使う時期に気を付ける
  • 医師に相談する
  • 塗るための準備(精油、衣服など)をする

これがアロマオイル。 マッサージもできて気分がよくなるアロマオイルですが、妊婦さんにはハードルが高いです。

その点、最初から「肌に塗る」目的のクリームは、特に注意することもなく使えます。これも多くのママに支持される点ですね。

お風呂上がりでなくてもOK いつでも潤せるのがクリームの特徴

妊婦ママの敵、乾燥。この強敵は年がら年中私たちを襲ってきます。

ココに注目!

  • 季節の変わり…気温の急激な変化で体調がくずれ、肌質が変化しやすい
  • 冬…外は寒くて乾燥していて肌が痛く、室内は暖房で更に皮膚を乾燥させます
  • 夏…外は暑すぎてちょっと(汗) 室内にいれば冷房で乾きまくりです

妊娠線が出来やすい4か月頃や8か月頃。この時期でなくても、日頃から乾燥にさらされているので、肌質の変化しやすい妊娠期間中は油断できません。

場所を選ばないクリームは、本当に重宝します。多少手が冷えていても、専用のクリームだとスッと伸びて塗りやすいんです。

ストレッチマーククリームの塗り方として、お風呂上がりにという説明もありますが、乾燥を防ぐなら一日に何回か塗った方が効果的です。

(商品によっては回数を指定しているものもありますので、使用上の注意をよく見てくださいね)

ちなみに、お風呂上がりがいいのは、皮膚が十分に潤っているため。浴室内の蒸気や、温まった体から出る熱気でお肌はしっかりと潤っています。

爪も切りやすくなりますよね。 その潤いが冷えとともに逃げないよう、クリームを塗って皮膚に薄い膜をつくるのです。

体が冷えることで一気に乾燥が進みますので、入浴は潤いのチャンス、お風呂上がりは乾燥の警戒タイムと心得てスキンケアをしたいですね。

においづわりのママにオイルはNG!

つわりは妊婦さんの約50%から80%が経験すると言われ、早い人は4週あたりから始まります。 そして、個人差はありますが、多くの妊婦さんが8週から11週につわりのピークを迎えます。

妊娠3ヶ月目はつわりが一番辛く、ママにとっても乗り越えなくてはならない最初の壁に当たる人も多いでしょう。 中には、出産するまでつわりの症状が続く人もいます。

CHECK POINT!

このつわりでオイルが一番キツくなるのがにおいづわり。

旦那さんのにおいや、いつもの調味料、お値打ちなお肉や、シャンプー、自分の頭のにおいまで、すべてがつらくて耐えられない状態が続きます。

そんな時にオイルはダメです。においづわりでも比較的良いと言われている柑橘系で試すのも控えてください。 つわり中はにおいだけでなく、肌質も変化しやすい時期です。

柑橘系のアロマオイルの中には強い紫外線に反応して皮膚に炎症を起こすものもあります。

妊娠中でなければよいのですが、アロマオイルはただのオイルではありません。海外では医療現場でも使用されるほど治療の要素が強いものであることを知っておきたいですね。