赤ちゃんようこそ.com > トラブル > 妊娠中の糖尿病を予防しよう~食事と運動習慣~

妊娠中の糖尿病を予防しよう~食事と運動習慣~

妊娠すると、妊娠前に比べて、身体にいろいろな変化が起こります。

その変化の一つとして、食事の後に血糖が上昇した時、血糖値を一定の範囲に戻す能力が低くなるということがあります。

インスリンというホルモンを作用しにくくすることで、血液中の糖が母体の肝臓や筋・脂肪細胞にすぐに取り込まれなくなるのです。

そうすることで、赤ちゃんに優先的に栄養が行くようにお母さんの身体が変化しているのです。

しかし、必要以上に血糖値が上がってしまうことは、お母さんにも赤ちゃんにも良いことではありません。

妊娠中の糖尿病

引用:ニプロ株式会社 図版参照 (クリックすると拡大します。)

血糖値が異常に高くなってしまう病気を糖尿病と言います。

妊娠中の糖尿病には2種類あります。

糖尿病を発症していた方が妊娠した場合を糖尿病合併妊娠といいます。

そして妊娠中にインスリンが働きにくくなり、血糖値を一定内に収める能力が低下して、糖代謝異常となったものを妊娠糖尿病といいます。

  • 妊娠中の糖尿病はお母さんと赤ちゃんにどんな影響を及ぼすのでしょうか?
  • そして、妊娠中の糖尿病を予防するのにはどうしたらよいのでしょうか?

妊娠中の糖尿病はお母さんにも赤ちゃんにも危険

妊娠中の糖尿病はお母さんにとっても、赤ちゃんにとっても深刻な問題です。

お母さんへの影響としては

  • 高血糖によって血管が障害される。
  • 感染しやすくなる。
  • 妊娠高血圧症候群になりやすい

などがあります。

赤ちゃんへの影響としては、

お母さんの糖尿病性ケトアシドーシスによる障害
  • 発育遅延
  • 胎児死亡
赤ちゃんの血糖が高くなることで起きる障害
  • 細胞の分化が上手く行かず先天奇形となる。
  • 赤ちゃんの多飲・多尿による羊水過多
  • 高血糖により、肺や肝臓が障害される
赤ちゃんのインスリン分泌が過剰で起きる障害
  • 巨大児
  • 産まれた後に低血糖

があります。

更に流産や早産、赤ちゃんが大きくなりすぎることによる難産、帝王切開のリスクも高まります。

理想は妊娠前からの血糖コントロール

妊娠前から糖尿病を発症している場合は、血糖をしっかりコントロールしてからの計画妊娠が必要です。

なぜなら、流産や死産・赤ちゃんの奇形のリスクが高まるからです。

特に妊娠4週から8週の高血糖が悪影響を及ぼしますが、妊娠がわかるのは早くても4週位です。

糖尿病を発症していない方も、妊娠を希望している方は、妊娠前から血糖の状態を良くしておくことが大事です。

どんな人が妊娠糖尿病になりやすい?

それでは、どのような人が妊娠糖尿病になりやすいのでしょうか?

  • 妊娠前から太っている
  • 35歳以上の妊娠
  • 両親のどちらかが糖尿病患者

これらが当てはまる方が妊娠糖尿病になりやすいようです。

また、経産婦さんで体重4kg以上の赤ちゃんを産んだことのある方は、妊娠糖尿病と診断されたことが無くても、高血糖だった可能性が高いので注意が必要です。

【参考URL】

高血糖になりにくい生活で妊娠糖尿病を予防しよう

妊娠糖尿病が発症しやすいのは、妊娠中期以降です。ですから、妊娠初期から高血糖になりにくい生活を心がけることで、妊娠糖尿病を予防することができます。

食事をすると血糖値が上がります。血糖値が上がるとインスリンが分泌され血液中のグルコース(ブドウ糖)をエネルギーとして、肝臓や筋・脂肪細胞に取り込みます。

しかし、妊娠すると、特に妊娠20週以降に、この機能が低下します。食後に血糖値をあげすぎない生活をすることで、妊娠性糖尿病を予防しましょう。

高血糖を予防する食事のコツとはとは?

「血糖コントロール」「食事療法」と聞いただけで、「我慢」「辛い」というイメージですが、予防の段階では、そこまで厳重にする必要はありません。

そして、妊娠中だからと言って二人分食べるのは困りますが、赤ちゃんに充分な栄養が行く程度の食事量を確保する必要はありますので、極端な糖質制限やカロリー制限はしません。

ポイントは食事の仕方です。

高血糖を予防する食事の仕方のコツは

①食事は3食、バランス良く。
②ゆっくり良く噛んで食べる。
③食べる順番にこだわる。

①食事は3食、バランス良く

一日に必要なカロリーを3回にわけて食べます。

朝食を抜いて、昼食を多めにというのはよくありません。

朝と昼は少なめで、夜はがっつりというのは更に良くありません。

3食、食事量が均等になるように食べましょう。

また、夜は血糖値が下がりにくい時間帯ですので、寝る前3時間くらい前までには夕食をすませると良いです

②少しずつゆっくり良く噛んで食べる

食後にインスリンの働きが追いつくように、少しずつ、ゆっくり食べます。基本中の基本ですが、これが意外と難しいのです。

まずは、食事の時間をしっかり確保します。特に、ご飯はお箸で少しずつ口に運ぶことを心がけましょう。

硬めの食材や、殻付き、骨付きなど、食べるのに手間がかかる食材を選ぶのも良いです。

さらに、時間にゆとりのある時は、「利き手」と逆の手を使って食べるとゆっくり食べることができます。

②食べる順番にこだわる

野菜・キノコ類(食物繊維)→肉・魚→ご飯・パン

この順番どこかで見たような気がしませんか?

フランス料理のコースの順番ですね。

実際に同じカロリーのフランス料理と和食をそれぞれ食べて、血糖を測ったところフランス料理の方が、血糖の上昇が少なかったという研究結果もあるようです。

最初に野菜やキノコ類から食べることで、野菜やキノコ類に多く含まれる食物繊維が糖の消化や吸収を緩やかにしてくれます。

また、お酢にも血糖値の上昇を抑える働きがありますので、ピクルスや酢のものから食べると良いでしょう。

そして、ご飯・パンといった炭水化物は糖質を多く含むので最後に食べます。

メイソンジャーピクルス

ピクルスの作り置きはとても重宝します。

ピクルスは妊娠初期のつわりで食欲がわかない時にも食べることができます。

かんたん酢のような、漬けるだけでピクルスができるという調味料も売っています。

今、流行りのメイソンジャーに野菜を切って詰め、ピクルスの元を入れるだけです。そのまま、食卓に並べることもできるので、とっても楽で、見た目にもおしゃれです。

食べ方を変えると・仕事も効率UP!!

私は、妊婦健診の尿検査で尿糖が2回つづけて、2+が出た時に助産師さんに「このままでは糖尿病になるよ!!」と言われ、まずは、昼食を変えました。

それまでは、面倒だったので、おにぎり2個、又は菓子パンが定番でした。

まず、おにぎりを1個にして、その分、野菜サラダや、煮物などのおかずを食べるようにしました。そうすると、午後にも眠くならず、頭がすっきりして、仕事がしやすくなりました。

運動も上手に取り入れて

食事と一緒に気にかけたいのが運動です。妊娠中に運動なんてと思うかもしれませんが、激しい運動は必要ありません。

食後30分~1時間に軽い運動をすることで、糖が消費されます。おすすめは20分~30分程度のウォーキングです。

とはいえ、毎食後ウォーキングというのは難しいですね。そこで、「食べたら動く」を心がけます。

家事も運動と考えよう!!

食器洗い、洗濯、掃除も流れを止めずに取り組めば運動です。

テレビを付けて、手を止めながらしていませんか?

是非、音楽を聞きながら、呼吸を止めず、流れるような動きで、家事をやってみて下さい。

運動だと思ってやると掃除機かけも、洗濯物干しも無精せずに楽しくできます。

デスクワークの合間に太ももあげ・手振り

仕事をしている方も動くポイントはたくさんあります。

オフィスが2階以上の場合は、昼食を一階で食べて、昼食後は階段を登ります。

降りる時は、危ないのでエレベータを使います。椅子に座ったままできる運動もあります。

椅子に座って、両足を床から少し浮かせます。そして太ももを交互にあげます。ポイントは足を床に付けないことです。

一緒に手を振ると、更に効果的です。妊娠中の糖尿病は赤ちゃんにもお母さんにも危険がいっぱいです。

妊娠生活は食事の工夫や、運動を取りいれるなどして、血糖をあげすぎないように心がけて、糖尿病を予防しましょう。

注意点

糖尿病・妊娠糖尿病と診断された場合、血糖コントロールを厳重に行う必要があります。

インスリン治療などの薬物療法・食事療法・運動療法などの治療がありますが、自己判断せず、必ず、医師の指示のもと行ってください。

【参考URL】

関連記事

  1. 不育症とは?原因と治療法について~流産を繰り返してしまっても諦めないで~
  2. 妊娠中の子宮筋腫。備えあれば憂いなし!
  3. 妊婦に処方される下剤について
  4. 妊娠中の痔の症状を改善するには、どんな治療法が良いの?
  5. 妊娠中の痔の原因と自分でできる対処法
  6. 妊娠中の足のむくみの原因を知って、食べ物で解消しよう。
  7. 妊娠初期から妊娠後期まで、むくみとりに効果的なマッサージ
  8. 知っておきたい!妊娠高血圧症候群
  9. お産なんて怖くない-難産を繰り返さないために-
  10. 妊娠中の糖尿病(妊娠性糖尿病)とその対処方法について