赤ちゃんようこそ.com > トラブル > 知っておきたい!妊娠高血圧症候群

知っておきたい!妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群…自分には縁がないと思っている妊婦さんが多いのではないでしょうか?でも実は、20人に1人の妊婦さんが経験しています!

私自身も発症しました。その時に私が疑問に思ったこと、知りたかったことをまとめてみました。

妊娠高血圧症候群って何?

引用:高血圧さげさげガイドライン 図版参照

妊娠高血圧症候群(妊娠高血圧症)とは、妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧(最高血圧 140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上)の症状がみられるもののことです。

赤ちゃんの成長と共に、母体への負担が大きくなる32週目以降の妊娠後期に発症する人がほとんどだそうですが、それ以前(妊娠初期、中期)に発症した場合は重症化しやすいため、注意が必要です。

また、以前は高血圧症状の他に、尿蛋白、浮腫(むくみ)も診断基準とし、「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

しかし、研究が進むにつれて、上記の3症状の中でも高血圧がお母さんの体や赤ちゃんに大きな影響を及ぼすことがわかりました。

したがって、今は高血圧症状に重点を置いた診断がされています。

そもそも原因は何?

残念ながら、今現在はっきりとした原因はわかっていません。

発症した方の多くが妊娠を終了すると症状が落ち着くことから、妊娠という負担に対してお母さんの体が適応できないことが発症につながると考えられています。

よって、下記のような負担の大きな方が発症しやすいとされています。

  • 初産
  • 15歳以下の若年出産または35歳以上の高齢初産
  • 肥満気味
  • 妊娠高血圧症候群を発症したことがある
  • 糖尿病や腎臓病などの疾患がある
  • 多胎妊娠
  • ストレスがある

赤ちゃんへの影響は?

高血圧の状態が続くと、胎盤の状態が悪くなり、赤ちゃんに十分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます

それによって、成長が滞ってしまうこと(子宮内胎児発育不全)や、標準よりも体重の少ない赤ちゃんが生まれること(低出生体重児、極低出生体重児、超低出生体重児など)があります。

危険な状態だと判断されると、赤ちゃんの成長の程度に関わらず、帝王切開や、陣痛促進剤による誘発分娩が行われます。

また他にも、生まれる前の赤ちゃんが胎盤からはがれてしまうこと(常位胎盤早期剥離)や、最悪の場合には死産(子宮内胎児死亡)となってしまうこともあります。

【参考URL】

お母さんへの影響は?

妊娠高血圧症候群を発症する方の多くは、妊娠後期(32週以降)ですが、重症化しやすく注意が必要なのは32週未満(妊娠初期、及び中期)で発症した場合です。

重症化した場合、血圧の上昇や尿蛋白などの症状に加え、子癇(意識消失やけいれん症状)、脳出血、HELP症候群(肝機能障害の一種)が起こる可能性があります。

また、産後は症状が落ち着く場合が多いのですが、産後1ヶ月から1年以上経っても症状が改善されない、むしろ悪化してしまった場合は、妊娠高血圧症候群の後遺症だと判断されます。

後遺症の症状には、高血圧、尿蛋白、むくみ、けいれん発作などがあります。

どのような治療法があるの?

治療方は主に4つあります。

食事療法

体重や血圧の高さに基づいて、食事の塩分、脂質量をコントロールし、カロリー制限をすることで体重の増加を抑えます。

食べる量を極端に減らすのではなく、低カロリー高タンパクの食事を、規則正しく3食摂ることが大切です。

タンパク質を摂るのに効果的な食材は、大豆、乳製品、赤身の魚、ササミなどです。ただし、摂り過ぎには気を付けましょう。

また、自宅での治療が難しいと判断された場合は入院によって食事を管理されることもあります。

薬物療法

薬の使用は赤ちゃんにとって良くないとされていますが、それ以上に、高血圧の状態が続くことの方が赤ちゃん、お母さんの双方にとってとても危険です。

高血圧が続く場合には、妊娠中でも使用できる血圧降下剤(降圧剤)を使用することもあります。

安静にする

疲労やストレスは、妊娠高血圧症候群に限らず、赤ちゃんにいい影響を与えません。お仕事や家事で疲れていたり、睡眠不足になっていたりしませんか?

妊娠前よりも疲れやストレスを感じやすい体になっていますので、今一度、生活を見直してみましょう。

妊娠を中止する

妊娠高血圧症候群の場合、妊娠によってお母さんの体に負担がかかることで発症するのではないかと言われています。

なので、最も効果がある治療法は、妊娠を中止する、ということです。

予防することはできるの?

日常の生活習慣によって、予防することは十分にできます。

たとえば、食事の塩分を控えめにし、体重が増えすぎることを防ぐことです。

赤ちゃんにたくさんの栄養を送るため、バランスのとれた食事を心がけましょう。

また、ストレスをためないようにしましょう。疲労がたまり、ストレスを感じると交感神経が緊張します。それによって血圧も上昇しやすくなります。

リラックスできる時間をできる限り持つようにしましょう。

さらには、家庭用の血圧測定器を用意し、朝晩測って記録しておくのも良いでしょう。検診の時だけではなく、日頃から気を付けることが大切です。

中には、病院で医師や看護師に測定される時だけ緊張してしまい、血圧が高くなってしまう方もいます(白衣高血圧症)。

リラックスしているときの血圧を記録しておけば、医師にもそのように伝えることができますよね。

大切な赤ちゃんと、お母さん自身の健康のために、少しだけ意識して生活しましょう。

【参考URL】

関連記事

  1. 不育症とは?原因と治療法について~流産を繰り返してしまっても諦めないで~
  2. 妊娠中の子宮筋腫。備えあれば憂いなし!
  3. 妊婦に処方される下剤について
  4. 妊娠中の痔の症状を改善するには、どんな治療法が良いの?
  5. 妊娠中の痔の原因と自分でできる対処法
  6. 妊娠中の足のむくみの原因を知って、食べ物で解消しよう。
  7. 妊娠初期から妊娠後期まで、むくみとりに効果的なマッサージ
  8. お産なんて怖くない-難産を繰り返さないために-
  9. 妊娠中の糖尿病(妊娠性糖尿病)とその対処方法について
  10. 妊娠中の糖尿病を予防しよう~食事と運動習慣~