赤ちゃんようこそ.com > 悩み > 妊娠中や産後の薄毛や抜け毛の原因と対策

妊娠中や産後の薄毛や抜け毛の原因と対策

妊娠中や産後に髪の毛が薄くなったという話をよく聞きます。

本来であれば、妊娠中はホルモンの影響で髪が増え、産後には元に戻るものです。

しかし、妊娠・出産・産後の女性の身体はホルモンのバランスの変化がダイナミックな上に、身体や生活の変化に対応するために、大きなストレスをうける時期でもあります。

さらには栄養分布も変わりますので、そういったことが組み合わさって抜け毛や薄毛といったことにつながる可能性があります。

ですので、無事出産し、落ち着いてくれば元に戻ってくるので、心配しすぎることはありません。

そうはいっても、女性にとって髪の毛は大切なものなので対策できるものならしたいですよね。そこで抜け毛や薄毛の原因や対策について考えてみます。

なぜ女性は、はげないのか

ところで、なぜ、男性は、はげてしまう方が結構いらっしゃるのに、女性は、あまりはげないのでしょうか。これにはホルモンが影響していると言われています。

髪の毛は女性ホルモンによって増えるのです。逆に男性ホルモンは脱毛に作用します。性同一性障害の方がホルモン療法をした場合はどうなるのでしょう。

身体が男性で心は女性という方が、女性ホルモンによる治療を行った場合、髭や体毛が減り、髪の毛が増えてくるそうです。

ですので、女性ホルモンが多く分泌されている女性は、男性がはげてしまうようには、はげません。

女性の薄毛や脱毛の原因

男性がはげてしまうのは、男性ホルモンの影響と述べましたが、女性の薄毛や脱毛の原因はどこにあるのでしょう。

歳とともに女性ホルモン特にエストロゲンが減ることによって、髪の成長サイクルが乱れ、髪が薄くなります。

妊娠によってもホルモンバランスが崩れますし、極端なダイエットや睡眠不足でもホルモンバランスが乱れ、髪の成長サイクルに影響を及ぼします。

また、頭皮の日焼けやパーマやヘアアイロンによるダメージ、栄養不足やストレスによる血行不良なども薄毛や脱毛の原因となります。

妊娠と髪の関係

妊娠するとホルモンのバランスが大きく変わります。

妊娠する前は二つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が交互に増えることで、身体の生理周期を保っています。

妊娠すると、妊娠を維持するため、エストロゲンもプロゲステロンも分泌量が増えます。この二つのホルモンは妊娠後期になると胎盤からも分泌されるため、出産までは増え続けます。

エストロゲンは髪の成長を促します。そしてプロゲステロンは髪の成長期を引き伸ばしますので脱毛しにくくなります。ですから、妊娠中は本来であれば、髪の毛が増えるのです。

産後は抜け毛が気になる?

そして、これらの女性ホルモンの分泌量は、産後、もとに戻ります。プロゲステロンの量が減ることで、引き伸ばされていた髪の成長期が短くなり、髪が一気に抜けます。

しかし、半年もすれば、また、妊娠前の髪の成長サイクルに戻りますので心配することはありません。

ストレスと髪の関係

さて、ホルモンのバランスが髪に影響することがわかりましたが、ホルモン以外の原因はどうでしょう。

妊娠中は身体や生活の変化に戸惑い大きなストレスをうける時期でもあります。

ストレスは髪にどのような影響を与えるのでしょう。

ストレスを受けると人はストレスに対して戦おうとするため、交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると、血管が収縮し血流が悪くなります。

一時的なストレスであれば、その後リラックスすることで、血管は、また拡張します。しかし、ストレスを受けた状態が続けば血行が悪くなり、髪まで栄養がいきわたらなくなります。

【参考URL】

栄養不足は真っ先に髪にくる

人の身体はうまくできていて、取り入れた栄養を生きていくために必要なところから分配します。妊娠中はまずは赤ちゃんに栄養がいきます。

そして、栄養不足になると、髪の毛や爪や皮膚といった、生きるためには、影響がないところへの栄養の分配を減らします。

ですから、血行が悪くなって、栄養がいきわたらなくなった時、一番、最初にダメージを受けるのは髪ですし、肌荒れや爪が割れるというような症状も出てきます。

必要な栄養が取れない時も同じです。妊娠中はつわりなどで充分に栄養が取れないこともありますし、赤ちゃんが育つために優先的に栄養が回されていきますので、髪にダメージが来やすい時期になります。

頭皮や髪に良い栄養素

栄養不足が髪にダメージを与えることがわかりました。それでは、頭皮や髪に良い食べ物はどのようなものでしょう。

まずは、髪はケラチンというタンパク質でできています。そして、タンパク質を合成に深くかかわっているのが亜鉛です。

亜鉛が不足すると、細胞分裂がうまく行われないため、味覚障害となったり、爪が薄くなったり、髪が抜けたりします。

タンパク質を多く含む食品

  • 肉類(鳥胸・牛もも・豚もも)
  • 魚類(イワシ・さんま)
  • 大豆類(豆腐・納豆)
亜鉛を多く含む食品

  • 牡蠣
  • うなぎ
  • チーズ
  • 大豆
  • アーモンド

そして、ビタミンB2は皮膚や粘膜を正常に保つのに使われますし、ビタミンB6には皮膚の炎症を抑える働きがあります。つまり、ビタミンB2やビタミンB6は頭皮を健康な状態に保ってくれます。

ビタミンB2を多く含む食品

  • 納豆
  • チーズ
  • うなぎ
  • ほうれん草
ビタミンB6を多く含む食品

  • ばなな
  • かつお
  • じゃがいも

ビタミンA・C・Eはエースと呼ばれていますが、美肌を作るビタミンです。ビタミンAは皮膚や粘膜の潤いを保ってくれます。

ビタミンCはコラーゲンを作る働きがあり、肌の張りを保ちます。ビタミンEは血行を良くし、肌の新陳代謝を高めます。

そして、これらのビタミンには抗酸化作用や免疫作用があり、この3つを一緒にとることでさらに頭皮を健康にする効果があります。

ビタミンA・C・Eが多く含まれる食品

  • かぼちゃ
  • ピーマン
  • トマト

頭皮や髪によい栄養素は赤ちゃんにとっても必要な栄養素

頭皮や髪に良い栄養素はどれも、赤ちゃんにとっても必要な栄養素ですし、妊娠中のマイナートラブルを避けるためにもしっかり採っておいたほうが良い栄養素です。

もちろん、食事から充分に栄養をとれるのがベストです。しかし、つわりなどもありますし、仕事などをしていると、常に栄養に気を配るのは難しいものです。

そんな時はサプリメントなどの栄養補助食品を上手に使ってみてください。

妊娠中に必要な栄養素をまんべんなくとれるよう考えられたサプリメントを飲むことで、頭皮や髪によい栄養素もしっかり採ることができます。

シャンプーの選び方

薄毛や抜け毛を防ぐには頭皮を清潔に保つことも必要です。そこで、妊娠中でも安心して使えるシャンプーについて考えてみます。

まず妊娠中に限ったことではありませんが、有害な物質が入っていないことが必要です。

そして、つわりなど、においが体調を左右することもありますので、香りがきつすぎないものが良いでしょう。欲をいえば、育毛成分が入っているものが良いですね。

シャンプーの主成分は洗浄成分です。シャンプーは化粧品ですので、薬用シャンプー以外は全成分の表示が義務付けられているので、ぜひチェックしてみてください。

洗浄成分は大まかに分けると、高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系があります。

髪や頭皮はそもそもタンパク質ででき

ており、タンパク質はアミノ酸で構成されています。ですので、アミノ酸系が一番肌への刺激が少ないのでおすすめです。

ただ、アミノ酸系のシャンプーは肌に優しい分、洗浄力が弱く、整髪料などは落ちにくいことがあります。

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルアスパラギン酸
  • ココイルグルタミン酸
  • ヤシ油脂肪酸
  • グリシン
  • サルコシン

など

アミノ酸シャンプーといってもまれに、アミノ酸を配合しているだけで、洗浄成分は高級アルコール系のものありますので、洗浄成分を確認しながら選びましょう。

育毛成分としては、センブリエキスやオランダカラシエキス(クレソン)など頭皮の血行を良くしてくれる成分やホホバオイルや馬油など保湿効果のある成分があります。

ただし育毛成分には

ホルモンに働きかけるようなものもありますので、妊娠中にも安心して使えるものなのか確認して使う必要があります。

育毛剤は注意が必要

抜け毛や薄毛がどうしても気になる方は、育毛剤を使ってみるというのも良いでしょう。ただし、妊娠中の育毛剤の使用には注意が必要です。

先にも述べましたが、抜け毛や薄毛にはホルモンが関係しています。ですので、ホルモンに働きかけるようなものは、お腹の赤ちゃんに影響するものもあります。

特に男性用の育毛剤でフィナステリド系のものは絶対に使用しないでください。

妊娠中や産後に使える女性用育毛剤


妊娠中や産後の抜け毛や薄毛について考えてみました。

妊娠中や産後の抜け毛についてはホルモンバランスの変化や栄養不足・ストレスなどが原因です。

気にすることが一番ストレスになりますので気にしすぎないことが一番です。

適度に気分転換を行い、サプリメントなども上手に使いながら、栄養のバランスを整えましょう。

また、頭皮に優しいシャンプーや妊娠中や授乳中でも安心して使える育毛剤などをためしてみてください。

【参考URL】

関連記事

  1. 出生前診断のメリットと問題点を押さえておこう
  2. 高齢出産での出生前診断は必要か考えよう
  3. 逆子をお灸で治したい時に知っておくべきこと
  4. 保湿と栄養補給で妊娠線を予防しよう!!
  5. 産後も素敵Bodyママを目指して
  6. 妊娠線を消す方法~できてしまった妊娠線のケア方法~
  7. 妊娠線の予防と対策