赤ちゃんようこそ.com > ママ&赤ちゃんにも安全な葉酸サプリの正しい選び方 > 妊娠中は通常時の約2倍の葉酸が必要になります。

妊娠中は通常時の約2倍の葉酸が必要になります。

プレママは積極的に葉酸を摂るべし!というのは、母子手帳にも記載されている妊娠・出産についての基礎知識。

ではどうして、妊娠すると「葉酸を!」という話になるのでしょうか? それは、葉酸がDNAの合成に大きく関わっているからです。

DNAとは、細胞の核の中で遺伝情報を管理し、新しい細胞を作る際に指令を出す、まさに生命の根幹。

そのDNAが正しく合成されないと、人の体は正常な遺伝情報を持った細胞を作ることができません。

つまり、遺伝子異常を引き起こしてしまうのです。 極めて活発に細胞分裂を繰り返しながら日々成長していく胎児にとって、葉酸の不足は大問題。

具体的な疾患として、 先天性奇形や、中枢神経系の以上である神経管閉鎖障害が挙げられます。

それらを防ぐために妊婦さんが1日に必要とする葉酸の摂取量は、 通常の約2倍、400μgとされています。

葉酸は食事から非常に摂取しづらく、効きづらいのを知っていますか?

厚生労働省や産婦人科では、サプリメントでの葉酸の摂取を推奨しています。

なぜなら、1日の必要量全てを食事で賄うのが難しいから。 葉酸は水溶性ビタミンB群の一種。

食品に含まれる天然の「ポリグルタミン酸型葉酸」は、茹でる・加熱するなどの調理の過程で失われやすいのです。

しかも、調理方法を工夫してなんとか摂取できたとしても、体内に吸収されて栄養素として活用できるのはその内の半分程度。 あまり効率が良いとはいえません。

そこで、サプリメント。 野菜や果物などの天然由来の原材料から成分を抽出し、「モノグルタミン酸型葉酸」を合成して配合した、栄養補助食品です。

原料として合成された「モノグルタミン酸型葉酸」の体への吸収率は、天然の「ポリグルタミン酸型葉酸」の約2倍

そのためサプリメントは、妊娠中の女性が効率よく葉酸を摂取するために欠かせないアイテムとなっています。

ただし手軽な分、過剰摂取には十分注意したいところ。 サプリメントでの葉酸の摂りすぎでは、食欲不振・吐き気・むくみ・呼吸障害などの副作用も報告されています。

1日あたり1000μgを上限に、用法・用量を守って摂取してください。 また、市販されている商品の中には粗悪なものもあります。

インターネットなどを上手に利用して、信頼できる会社の製品を選ぶことも重要です。

葉酸サプリメントを選ぶ際の基準ポイント

  • 添加物の有無
  • 葉酸だけでなく、鉄分やカルシウムなど妊娠中に不足しがちな栄養素が配合されているか
  • 定期購入が必須か。その場合、もし効果が得られないと感じたら解約が可能か
  • 品質が保証された、日本のGMP認定工場製品であるか
  • 価格や送料の設定に納得がいくか
  • 粒は飲みやすいサイズ・形状か
  • 放射能検査や残留農薬検査がされているか

葉酸の摂取で最も重要な期間は妊娠前(妊活中)から妊娠3ヶ月までなのを知っていましたか?

なぜ、妊娠初期(3ヶ月まで)に葉酸が必要なのでしょうか?

受精から妊娠3ヵ月までは、胎児の脳や脊髄などが形成される大切な時期。 奇形のリスク軽減のため、十分な量の葉酸を摂取する必要があります。

妊活中~妊娠1週~2週までの葉酸の働き

ココに注目!

  • 妊娠しやすい体を作る
  • 胎児の先天異常のリスクを軽減

そもそも葉酸は、元気かつ正常な細胞を増殖させるために活躍する栄養素。

この働きは胎児そのものだけでなく、赤ちゃんを育てる子宮内膜の強化にも力を発揮します。

胎児を守り育てるためのベッドである「子宮内膜」

それを新鮮で元気な状態にしておくことは、赤ちゃんを授かる準備としてとても大切です。

子宮内膜の状態が良ければ着床率も高まるので、妊活中の女性にとっても葉酸は必須の栄養素といえるでしょう。

また、妊娠1週~2週の超妊娠初期といわれる期間は、一般の検査薬では妊娠を確認することができません。

しかしこのわずかな間にも、受精卵は活発に分裂を繰り返し、胎児は急速に成長しています。 正しい遺伝情報を持った細胞を作り出すために重要な働きをする葉酸。

ママが妊娠を自覚する以前から十分な量を摂取しておくことで、赤ちゃんの先天異常のリスクを軽減することができるのです。

妊娠4週(1ヶ月)~12週(3ヶ月)までの葉酸の働き

ココに注目!

  • 神経管閉鎖障害など先天異常のリスクを軽減
  • ママの血行を良くして赤ちゃんの成長を促進

赤ちゃんの先天異常の大半は、着床から妊娠10週目までに現れるといわれています。

中でも神経管閉鎖障害などの中枢神経系の異常は、2ヵ月に満たない時期に発見できることがほとんど。

そのリスクを減らすため、妊娠初期には特に注意して十分な量の葉酸を摂取し、赤ちゃんの成長を助ける必要があります。

また、葉酸には造血作用や血液をサラサラにする働きも。 赤ちゃんへの栄養や酸素は血流によって運ばれるので、良い血液を作り、血行を良くすることは、胎児の成長促進にもつながります。

葉酸サプリは妊娠4ヶ月以降は摂取しなくてもよいのでしょうか?

妊娠が中期、後期と進んでいくと、初期とはまた違う様々な変化が母体に現れてきます。 中でも代表的なのが「貧血」。

妊娠中に起こる貧血の大半は、胎児の成長に取られるため血中の鉄分が不足して起こる「鉄欠乏性」と呼ばれるもの。

ママは辛いですが、胎児には影響しませんし、ほとんどの場合鉄剤やビタミンCの処方により症状が改善されます。

ただし妊娠中には、「巨赤芽球性」という種類の貧血にも注意しなければなりません。

巨赤芽球性貧血は、

  • ビタミンB12と葉酸が不足し、骨髄の造血細胞が正常な赤血球を作れなくなる。
  • 未熟なまま異常に肥大化した赤血球(巨赤芽球)が血液中に蓄積する。
  • 血液が栄養や酸素を正常に運搬できなくなる

ことで起こる病気。

鉄分不足が原因ではなく、病院での検査・診断・治療が必要になります。

通常、葉酸やビタミンB12が「巨赤芽球性貧血」を起こすほど体内で不足することは、まずありません。

ですが妊娠中は、それらの栄養素は胎児に優先して送られます。 そのため母体は「巨赤芽球性貧血」を発症しやすい状態になっているのです。

これを予防する一番の方法は、もちろん葉酸やビタミンB12を十分摂取すること。

葉酸サプリメントにはビタミンB12も一緒に配合された商品が多いので、必要な量を手軽に補うことができます。

葉酸サプリはいつから、いつまで摂取するといいのでしょうか?

いつ妊娠してもいいように体を整える妊活中。赤ちゃんの重要な器官が急速に作られていく妊娠初期。

ママの貧血に注意が必要な妊娠中期~後期。葉酸は、妊娠前から出産まで、プレママライフ全般に渡り積極的に摂取するべき栄養素です。

が、出産が終わったらもう意識しなくてもいいの? 「止め時」に悩む方も多いことでしょう。 実は葉酸は、産後にも積極的に摂取することが望ましいのです。

なぜなら、生まれてきた赤ちゃんの大切な栄養となる「母乳」が、実は血液を元にして作られているから。 造血作用のある葉酸とビタミンB12を十分に摂取することは、良い母乳を作ることにもなるのです。

また、赤ちゃん自身の細胞が正しい遺伝情報を持って作られるためにも、葉酸は必須。

母乳として十分に送ってあげることで、健やかな成長が促されます。ちなみに、葉酸にはホルモンバランスを整える働きもあるんですよ!

産後は体内で分泌されるホルモンが大きく入れ替わる時期。 ママはには抜け毛やむくみなどの症状が出やすくなります。

精神的に不安定になって、産後鬱に陥ることも。 それらを軽減するために、産後も必要十分な量の葉酸を摂取することがとても大切です。